FC2ブログ

・AMPEG VL1002 音量が下がる、音の艶が無くなる を修理

2019年07月09日 21:15

・半年くらい前から電源を入れ20分くらい経過すると音の艶が無くなり音量が急にガクンと落ちるトラブルが毎回発生するようになりました。海外のフォーラムでもヒーター電力が大きいのに配線にモジュラージャックが使われているのが原因とあり、設計者リージャクソンもそこのところを直配線に改修する様子を発表していました。


・量産するにあたってロジックボード間を繋ぐのに使われたモジュラージャックが見事に熱で変質していました。ヒーター配線の線材も酸化して変色。これはほゞ他の個体でも必ず起きるであろうトラブルと思われます。ジャックの変質した端子をダイヤモンドディスクで切断。
ampeg_heater_03.jpg

・配線部分を取り外します。このジャックは信号は通っておらず単にバイアスやB電圧などですがまた時間があるときに他の配線も直配線に改修したいと思います。
ampeg_heater_02.jpg

・送り出し側から18AWGの単線で配線します。真空管10本分プラス照明用電球3個分のAC6.3Vの電力容量は相当なものですからこれくらいの線材が必要です。
ampeg_heater_05.jpg

・反対側の配線はジャックに刺さるオスのピンを引き抜いて基板に配線できました。おかげで膨大な数のネジと配線端子を外して基盤を裏返すという一番時間のかかる作業を省略できて非常に助かりました。
ampeg_heater_04.jpg

・あっさりと治りました。心なしか音の艶がグッとアップしたように聞こえます。このアンプは90年代のLAメタル全盛期に出たアンプですがポストイコライザの効きの良さと深いゲイン、それとこんなにも綺麗にリバーブがかかるアンプは中々ないのでは?暇をみて他のジャック配線もやり直してみようと思います。
ampeg_heater_06.jpg

・友人達とキス釣り&スポーツキャスティング用特注リール バージョン4

2019年06月25日 22:42

・今年はどんな魚も当たり年で良く釣れるらしい!そこで秋にでも家内を連れて長崎の五島列島か奄美に行ってみようと計画しています。魚を釣るのはソコソコで満足ですが、離島で見る満天の星空は寝転がって眺めていると吸い込まれそうな錯覚がしてとにかく人工の光が何もないところで眺めてみたいのです。

・シンカーを遠くに投げて距離を競う競技をスポーツキャスティングといいますが、単に競うだけでなくて全国各地に仲の良い友達がたくさんできるのも良いところです。ノ~天気な職人自営業のわたし以外はみんな大学を出て大きな組織に入り各地に散って頑張っています。そんな中、13年振りに関西に単身赴任で帰ってきた友人を囲んで楽しく浜でキス釣りをしてきました。潮騒、潮風、太陽の日差し、キスのブルッブルッという爽快なアタリ!ストレス指数ゼロの私も、ふだん責任ある立場で神経を使い働いている友人達もこの日は思い切り自然の素晴らしさを堪能できた1日でした。 当日の様子を編集してみました、途中の静止画で嬉しそうに魚をぶら下げて笑っている漁師みたいなおっさんが私です。


・今回もまたスポーツキャスティングの競技用リールの特注製作品を分けてもらいました。特殊な旋盤で一つのアルミの塊から削り出す製法です。そこにSICセラミックボールでできたベアリングを組み合わせて回してみました。←エレキの動画は?と良く聞かれます。外で遊ぶのが忙しくてゆっくり動画を撮る暇がないんです。


・エレキギターの機能美とはまた違った美しさがあると思います。
CASTFREAKS_REEL1.jpg

・こちらは世界に1台しかないリールです。
CASTFREAKS_REEL2.jpg

・バージョン1からは随分進化したと思います。 ところで、この廃盤になっているRR-777オイルの成分って何なんでしょう?ご存知の方教えてください!
CASTFREAKS_REEL3.jpg

・キスの引き釣りは楽し

2019年05月27日 23:17

・今年は気温の上昇が早いですね、水温も上昇してきて近所でもキスがたくさん釣れるようになってきました。
投げ竿でオモリをぶっ飛ばして、すこーしずつゆっくりと巻いてきてキスの居る場所を探る釣り方なんですが、これがまたアタリがブルブルブルッとPEラインのおかげで爽快です。

道具は4.0mの投げ竿(私のはシマノ・プロサーフBX)に遠投用リール(シマノ・スーパーエアロGT7000)、道糸がPE1号200M+PEテーパーライン10M、最近はシンカーがブラブラするタイプの物がアタリが良く解って流行りですが、飛距離も仕掛けの安定も良いので私はデルナー天秤27号が好きです。

仕掛けはご覧の材料で5本バリ~8本針の物を自作します。絡んだり切れたり、1回の釣りで10個近く仕掛けは交換が必要なので事前に沢山作っておきますが老眼には小っちゃい針に結ぶのが辛くて針結び器のお世話に、、、針はこのささめ針のアスリートキスを皆さん使っています。
kisu-sp00.jpg

・アプリで潮回りを確認、動きはじめが良く釣れます。
kisu-sp02.png

・5/26は自治会の溝掃除が終わってから行ってきました。エサはイシゴカイが500円あれば1日遊べます、、、10時前の第1投に5本バリに5匹掛かってきました。その後もアタリ頻発!向かい風ですが飛ばすのは得意です。2~3投するとキスの群れが散るのでクーラーとロッドを持って移動を繰り返します。いきなりポイントに投入すると群れが散るので大体5色半位(130mくらい)投げてゆっくりサビいてくると75m~100mくらいで良く食ってきます。  天気が良く風が爽やかでイーグルスの80年ライブを流しながら釣り歩きます。
kisu-sp01.jpg

・カウンターをみると!この日は65匹もつれて大満足でした。同行した同じキャスティング仲間の釣り名人さんはナント88匹も!
kisu-sp03.jpg

・割と大きな個体の釣れる場所は決まっていてその周辺から攻めました。クーラーが重い、やっと数が釣れるようになってきました。
kisu-sp04.jpg

・30代の時に投げ釣りの全国組織には入っていたので長崎、沖縄、熊本、宮崎にと飛行機で飛びレンタカーで各地を釣り歩きましたがその時は大した大物も釣ることはできませんでした、、、、今は家からバイクで10分、お手軽ですがとっても楽しい~

この日は少しご近所にもおすそ分け、、、シソの葉と和えて天ぷらにして塩で頂くとキスの甘さとシソの風味が調和して絶品です!今度は干し器を買ってきてみりん干しを作ってみよう!
kisu-sp05.jpg

・YAMAHA-SOLDANO T50C にシルバニア製6L6GCを装着

2019年04月29日 22:45

・SOLDANO YAMAHA T50Cの音色のバリエーションを楽しもうと思い出力用真空管を交換してみました。このアンプは裏にYAMAHAが輸入した際のAC100V表記がありますが実際には110V~115Vで使用しないとヒーターの電圧が不足しますので左のスライダックで昇圧して使用します。このアンプは本家SOLDANOのOD100と同様にある程度の音量に上げないと鳴ってくれないので時にアッテネーターを併用するときもあります。90年代のアンプらしいポストイコライザ方式なので真ん中付近を中心にほんの少し足すか削るかの独特の操作法で音を創っていくのがコツです。
sol-t50c-1.jpg

・今回は80年代に日本橋の東京真空管商会で買っておいたシルバニア製の6L6GCに付け替えてみました。前に挿していたロシア製スベトラーナの6L6GCのピンが若干太かったためシルバニアを挿すとスコスコでバネのテンショナーが無いと落下してしまうぐらい緩くなっています。そこで、プレート電圧など高圧をドロップさせてから(使用状態からスイッチを切る際に先に主電源を切って、数秒たってからスタンバイを切ります。)出力管ソケットの電極部分のギャップを精密ドライバーの先端を使い一つずつタイトに狭めて銜え込みをきつくします。これをやると音がバシッと前に出る感じがしますね。
sol-t50c-2.jpg

・ときたまメンテナンスとして前に測定したチャート表を参考にプレートやその他の電極のチェックをするのも良いと思います。
ystc025.jpg

・シルバニア製(フィリップスECGがOEM依頼した)6Ł6GC、サウンドは下はスッキリしていてミドルもふくよか、倍音が綺麗に出てクランチだとオマケが豊富で弾くのが楽です。
sol-t50c-3.jpg

・バイアス調整を行います。左右個別にできるのでDCバランスは完璧に合わせることができます。バイアスの値は深い位置から音を出しながら行い、ブワッと膨らむようなコーラスのように倍音が広がるように感じる範囲に合わせます。物理的にはビーム4極管なので純粋にグリッドの電位が同じ点なら5極管よりも若干多くipが流れる筈ですがココでは耳で合わせ、良い位置の範囲内で若干深い位置の安全運転にするとパワー管が長持ちします。

空ピックをした時の枯れて乾いた感触ときめの細かいソルダーノらしいハイゲインサウンドの融合が素晴らしい!
sol-t50c-4.jpg

・友人のギターでサスティナー初体験

2019年04月01日 00:02

・友人がフェンダーカスタムショップの54年ストラトキャスターを買いました!一度見てくれというので、こちらも沢山あるアンプで弾いてみたら?という事で我が家に来てくれました。見ると、ピカピカ極上バーズアイネックの見事な一品でした。
cs54-01.jpg

・ネックグリップはVというよりはソフトVというかUとの中間くらい、結構しっかりとした太さがあり良い響きでした。ピックアップが中々パワーがあって弾きやすかったですね!ミッドハイが良く出ていて私の’69タイプとはまた違った鳴りで新鮮でした。フィンガーボードのバーズアイがグロスフィニッシュと相まって浮かび上り綺麗です。ボディーはライトアッシュでしょうか。友人もウチのアンプ群に次々にインプットしてご満悦。
cs54-02.jpg

・そして、もう1本の方はフェルナンデスのセンボディーにフロイドとサスティナーが搭載されたギターです。センという木は結構ズッシリとした重さがあるんですね。
felsus01.jpg

・このギターの目玉!サスティーナーです!コントローラーの説明を受け早速弾かせてもらいましたがこれがまた!素晴らしいのなんのって!ハードロッカーの私の為にある様な装置です!サウンドも本当に自然で素晴らしく必要以上に伸ばしてみたくなりますね!それにこのギターのピックアップの音色がまた素晴らしくて!激ハマりしてしまいました。
felsus02.jpg


最新記事