FC2ブログ

・Celestion Vintage30とVHT ChromeBack 12" Speakers

2018年10月07日 23:57

・台風24号による待機でやることが無いので前から試してみたかったYAMAHA SOLDANO T50CにセレッションVINTAGE30スピーカーに付け替えて弾いてみることにしました。
crvg1.jpg

・ところで、ギターアンプのイコライザー回路にはプリイコライザータイプとポストイコライザータイプがあります。

 ☆プリイコライザー フェンダーなどヘッドアンプ→イコライザー→歪み発生回路 となるためトーンは上げ気味でないと全体のゲインも下がる。トーンの効き自体はバッファーを介さない限りはツマミの移動量に対する変化の仕方は穏やかなカーブ。

 ☆ポストイコライザータイプ 90年代のハイゲインアンプ時代に台頭してきた。ハイゲインの場合は大抵歪み発生回路4段増幅後にさらにイコライザバッファで電流増幅した後トーンイコライザ―回路を通るためツマミの変化に対する聞き具合が非常にシャープでクリティカル。ベテランにはトーンを造り込めるので堪らないが慣れないとほんの少しの変化でサウンドのディティールが大きく変わるのでとても難しい。大抵はカットする方向で調整。所謂、フルテンとかいう設定ではキツ過ぎてあり得ない。
私が持っているAMPEG VL-1002YAMAHA T50Cはこのタイプです。

オールドマーシャルもポストタイプですが2段増幅+トーンバッファ→トーンイコライザ回路となりモダンタイプみたいな低インピーダンスではないのでツマミの変化量に対する効き方は比較的穏やかで使いやすい。

余談ですが、このソルダーノ氏が90年代にヤマハで設計して出したT50 T100シリーズは、ドライブチャンネルはある程度音量を上げないと正常なリバーブミキシングとならないでリバーブの効き具合が変わる。(特にドライブチャンネルではマスターを絞り過ぎると風呂の中で弾いているような音) チャンネル切り替えが遅い。等々、、、これは信号の流れがとても個性的で、イコライザーの位置(2チャンネル並列で個別に調整できる)がセンドリターン(プリアンプアウト)バッファアンプ→リバーブ回路の送り出しバッファアンプ→イコライザーバッファ→やっとイコライザ回路 となっているので各段の信号のやり取りにおけるインピーダンスの整合が少々おかしいのではないか? 一方、Lee Jacsonが設計したアンプヘッドでは後年のメタルトロニクスも含めて唯一のリバーブ搭載モデルなのがampeg時代のVL-1002とVL-503ですがリバーブの掛かり具合がクリーン、ドライブ共に素晴らしく綺麗でお勧めのアンプです。

それから、裏にはYAMAHAが100Vで使うようにとシールまで貼っていますが、真空管のヒーター電圧が不足しますので音が立ちません。117Vに昇圧させるのが正解でヒータ電圧も6.3Vとなります。昔のエディーのようにローヴォルテージでと思っても電源電圧だけを下げて使うとヒーター電圧がさがってエミッション低下となるので正式にはFENDER75やTHE TWINでやるように抵抗による分圧で下げるか、VHT SPECIAL6 ULTRAでやっているようなパワートランジスタによる制御などで下げないと音圧自体も下がってしまいます。(回路図内に書き込んだ数字は赤がドライブチャンネル、紫がクリーンチャンネルのそれぞれの段数です。)
t50c_gain.jpg

・余談はさておき、我が家には物凄く重たい、おそらくマーシャルキャビネットの1.5倍は重いのでは?というampegキャビネットがあります。ここのcelestion vintage30は昔の英国製で4発あるのでコレを1発借りることにします。
crvg2.jpg

・今までに色んなスピーカを換装してみてT50CにはVHT ChromeBack 12"インチが最良だとの結論に達していたのですがVINTAGE30だとどうなんだろう?ちなみにVHT ChromeBack 12"ですが50オンスのへヴィーマグネットでおそらくセレッションの中国工場でのOEMではないかと思われます。このスピーカーは安いのですが非常に歪み物との相性を気に入っていて、オークションで見つけるたびに買ってきて今では3台持っています。低域も良く出ますがボワつかず、ミッドハイも痛くないので本当にいいスピーカーです。イメージ的にはエミネンスのTonkerに近い感じ、、、VHTのキャビネットを買うと自ずと付いてきますが単体で入手するにはこまめにオークションをサーチすると1年に1本くらいは出てきます。
自己流ですが大抵コーン側から見て中央の丸い部分の大きさが小さいスピーカーほどピーキーで大きいやつほどフラットな特性なものが多いです。
crvg3.jpg

・取り付けてみました、弾いてみたところVITAGE30のアッパーミドルの痛いところが結構きつく、、、これはちょっとしんどいなぁ~結局 ”大山鳴動してネズミ1匹”も出ずあっさりとボツ再度交換となりました。なぜか?VINTAGE30はオープンバックのコンボではアッパーミドルが突き刺さり過ぎてやはりクローズドでしかも4発というコーン面積があって初めて良い音となることが分かりました。
crvg51.jpg

・一方1発だけVHTにしたキャビネットも弾いてみましたがこれは異色の組み合わせがなかなかうまく調和してアンビエンスドな具合となりました。昨今流行の2発2発クロス搭載など今後の研究材料ですね。このキャヴィネットは合板が厚くて重いので良い音がするんですよ!
crvg4.jpg

・結局YAMAHA SOLDANO T50Cには元のVHT ChromeBackが非常に良い感じです。これ16Ωしか見たことが無いので是非8ω版を出してほしいですね~ このアンプは買ってきてすぐにバイアス2段階シフトと並列シフト回路を付けましたのでペア外れチューブや色んな真空管を差して使えます(真空管のプレート耐圧とトランスのヒーター電力容量が許す範囲で)
crvg6.jpg

・アビゲイル・イバラ手巻きピックアップに再換装

2018年09月11日 08:27

・2002年製のFender CS '69 StratocasterのピックアップをダンカンSSL-1から2003年製アビゲイルイバラ69ピックアップに再換装しました。元気いっぱいのジャキンジャキンサウンドが特徴のSSL-1も良いのですが、中域の一部分がスコーンと無くなっている独特なサウンドのアビゲイルイバラはイナタイ雰囲気で非常に新鮮な気分になりました。’71マーシャルでのサウンドはもう素晴らしいの一言でしばらくはこれで行こうと思います。ところで、このアビゲイルイバラ手巻きピックアップは3セット分、9個持っていますが製造時期によってなのかその日の気分なのか?コイルの巻きあがり形状やDCR等も結構バラつきが大きくて同じピックアップでも個性が豊かです(笑)
69_stay2.jpg

・ピックアップは時々気分で変えるのですがいろいろやっていくとこのギターにはこれがベストマッチとかこれは合わないなとか出てきます。ウチのギターで配線もピックアップも全くのオリジナル(ハンダバージン)なのは2007年製の’69ストラトキャスターと2001年製のセイモアダンカンDS-200の2本のみでこれはもう今後も変えることはないと思います。
左のテレキャスターにはリンディーフレイリンのセット、今回のストラトは2002アビゲイルイバラ→リンディーフレイリン・ウッドストック→ダンカンSSL-1→2003アビゲイルイバラと付け替えました。 これから付けてみるかもしれないピックアップはリンディーのTALL GとTALL Dの2つです。
69_stay.jpg

・台風も怖いですが予知なく突然起こる地震はもっと怖いですね。私の近所でも港湾施設は高潮と風で堤防が破壊され保税倉庫の分厚い扉は基礎ごともぎ取られていました。これだけの大嵐だったのに幸い自宅は壁にも傷一つ付いておらず唯一の被害は外に置いていた洗濯機の吸水口が取れただけでした。先月の台風時にカーポートの増し締めをやってて良かったです。
18_21typ.jpg


・停電は1日弱の短いもので、都市ガス発電と発電機2台のおかげで風呂やご飯もいつも通りで助かりました。
スマホにも充電できるモバイルバッテリーを兼ねたLEDランタンを2つ持っています。この機種は今入手できるものの中でもベストアイテムだと思います。
ledlight2.jpg





・エアコンの洗浄

2018年08月25日 00:30

・大学生の次男に持たせてあった安物のノートパソコン。windows 8なのですがあまりにも重くて遅いのでメーカーが用意したリカバリー領域を開放し新たにパーテーションを作り直しwindows 7をクリーンインストールすることにしました。ところが、最近のパソコンはマザーボードメーカーとマイクロソフトが結託してもうすでにwindows 10しかインストールできない仕組みになっているのと同じようにこのパソコンも自社のリカバリーしか読まない設定になっていました。

そこで、過去にも得意先のパソコンでやった様なBIOS-ROMの内容を書き換えて戻すか?(BIOS偽装)と思案しながら先ずはこのままの状態でBIOS設定を変えては再起動を10回以上繰り返し、諦めかけたところCDが無事走り出してくれてクリーンインストールできました。やっぱりカスタマイズさせて使うWIN7は爆速です。
IMG_0380.jpg

・毎年お盆前後のカンカン照りを利用してスピーカーやアンプキャビネットの丸洗いなんかをしてきましたが、我が家にある機器類はどれもこれもピカピカでもう洗うものがありません。そこで、今年はエアコンの洗浄をやってみました。新品から11年経過してリビングのエアコンの冷えがかなり落ちてきたかなと感じていました。

先ずは、天井と壁の養生をしてすすぎ水が大型バケツに滴り落ちて貯まるようにセットします。エアコン洗浄用のビニールカバーは高いのでホームセンターで一番薄い透明のテーブルクロスを切り売りで2.5m買ってきて針金でアールを作って形を整えました。エアコンの電気配線部分には水が掛からないように特に気をつけて養生します。

最初に、カビキラーをスプレーしてカビの根を浮かせます。10分置いてエアコン洗浄用スプレーでさらに汚れを浮かし、さらに10分置いてから10キロ圧の高圧で10リッターほどすすぎます。10キロくらいあれば奥のファンは外さなくても洗剤と水圧で完璧に汚れが落ちてきます。やってみると、真っ黒の汚れた水がドバドバ出てきて物凄く気持ちがいい。次に乾燥ですが弱風にしたブロアで水滴を粗方飛ばしてから強風で完全に乾燥させます。いきなり強風でやると電気配電部や細かい隙間に水が入り込んでしまうので最初は弱く吹いて始めるのがコツです。 業者に頼むと1万円から2万円位ですが自分でやると総工程90分、1000円でおつりが来ますし冷え方が2ランクは上がる感じで素晴らしい効果です。

養生さえきちんとすれば綺麗になるのが気持ち良くて今度は和室のエアコンでの様子を近くで撮影してみました。こちらも恐ろしく冷えるようになりました。あとは、2階のエアコン4台も暇をみてやってみるつもりです。

・ストラトキャスター ミドルピックアップを直列にブレンド2

2018年08月04日 23:44

・センターブレンドを試してみたところ、センターがRWRPなのでハムノイズはキャンセルされますが同時に高域の香り成分も無くなりました。それとブレンドモード時のフェイズアウトのサウンドがあまり使えないなと感じ早速回路を変更することにしました。

センターRWRPというのは昨今の3つセット物にはよくあることですがやはり私は昔ながらのセットの方がしっくりきます。そこで単品のSSL-1を探したところ、丁度、次男の下宿先に物資補給に行った際に近所のハードオフで格安でゲットできました。
midbr30.jpg

・SSL-1は所謂ヴィンテージサウンドを再現したサウンドですが出力だけは昨今のラウド系の中でも埋もれにくいようにと若干高めに設定されていてよく考えられています。100Wのハイゲイン真空管アンプに4発のキャビネット2台の8発のスピーカーで鳴らすと良くわかるのですが、気持ちの良い痛くない高域、掠れたミッドレンジ、それとタイトですがガツーンとくる低域がGOODです。深く歪ませても腰砕けにならないのがいいと思います。
midbr31.jpg

・センターブレンドの時にセレクタースイッチがハーフトーンの位置でもセンター単独となる配線に変更します。THD+N 25%さんの回路をそのまま使わせていただきました。
midbr32.jpg

・変更しました、直列ブレンドモードもノーマルハーフトーンもやっぱりこっちのRWRPでない方が自分の好みです。ノイズもそれほど気になりませんのでこのまま使ってみることにします。2回路あるスイッチの片方が丸々空きチャンネルになりましたのでまたこの先面白そうな回路に出会えば試してみるかもしれません。
midbr33.jpg

・ストラトキャスター ミドルピックアップを直列にブレンド

2018年07月28日 21:14

・このギターも購入して9年が経ちそろそろフレット交換が必要な感じになってきました。
リードソロのサウンドバリエーションの一つとしてスイッチを取り付けてフロント&センター/リヤ&センターのシリーズ配線(直列)があります。私の79年ストラトでは2003年製のアビゲイル・イバラピックアップを3基搭載してミドルトーンをプッシュ&プッシュスイッチにしてシリーズ接続可能ににしています。

結構このサウンドのリア&センターは好きな音ですので今回はfender 69ストラトキャスターに配線改造をしてみます。
ネットで色々見ていると有りました!DGBさんの3S09という回路。http://www.geocities.jp/dgb_studio/3svari.htm#9
THD+N 25%さんにも解説付きでhttp://zuzuzazuzaza.blog123.fc2.com/blog-entry-14.html
midbr01.jpg

・プッシュ&プッシュスイッチは良い物は非常に高いのでパス。代わりにミドルのポットをブレンダーとして使用します。
このギターにはseymour duncan SSL-1のセットを搭載しているのでセンターが逆巻の逆磁極です。ですからシリーズ配線で問題になるノイズという点では有利です。パーツの追加は無し、お手軽に配線変更だけで完成します。
midbr02.jpg

・マスターボリューム、マスタートーン、ブレンダーという配列となり、ブレンダーポットが0の位置でフロント&センター、リア&センターのシリーズハムバッカーとなりパワーがアップします。また、ブレンダー0でハーフ位置ではそれぞれのアウトオブフェイズサウンドになります。ポットを10にすれば完全ノーマルのストラトですのでバリエーションが手軽に増やせます。当初、ブレンダーポットは250KAをそのまま使用しましたが手持ちの500KAに残留抵抗がほゞ0になるポットがあったで付け替えてみました。ブレンダーの中間や音色の変わり目附近などプッシュスイッチでは味わえない部分もあってGOOD!
midbr00.jpg


最新記事