FC2ブログ

・YAMAHA-SOLDANO T50C にシルバニア製6L6GCを装着

2019年04月29日 22:45

・SOLDANO YAMAHA T50Cの音色のバリエーションを楽しもうと思い出力用真空管を交換してみました。このアンプは裏にYAMAHAが輸入した際のAC100V表記がありますが実際には110V~115Vで使用しないとヒーターの電圧が不足しますので左のスライダックで昇圧して使用します。このアンプは本家SOLDANOのOD100と同様にある程度の音量に上げないと鳴ってくれないので時にアッテネーターを併用するときもあります。90年代のアンプらしいポストイコライザ方式なので真ん中付近を中心にほんの少し足すか削るかの独特の操作法で音を創っていくのがコツです。
sol-t50c-1.jpg

・今回は80年代に日本橋の東京真空管商会で買っておいたシルバニア製の6L6GCに付け替えてみました。前に挿していたロシア製スベトラーナの6L6GCのピンが若干太かったためシルバニアを挿すとスコスコでバネのテンショナーが無いと落下してしまうぐらい緩くなっています。そこで、プレート電圧など高圧をドロップさせてから(使用状態からスイッチを切る際に先に主電源を切って、数秒たってからスタンバイを切ります。)出力管ソケットの電極部分のギャップを精密ドライバーの先端を使い一つずつタイトに狭めて銜え込みをきつくします。これをやると音がバシッと前に出る感じがしますね。
sol-t50c-2.jpg

・ときたまメンテナンスとして前に測定したチャート表を参考にプレートやその他の電極のチェックをするのも良いと思います。
ystc025.jpg

・シルバニア製(フィリップスECGがOEM依頼した)6Ł6GC、サウンドは下はスッキリしていてミドルもふくよか、倍音が綺麗に出てクランチだとオマケが豊富で弾くのが楽です。
sol-t50c-3.jpg

・バイアス調整を行います。左右個別にできるのでDCバランスは完璧に合わせることができます。バイアスの値は深い位置から音を出しながら行い、ブワッと膨らむようなコーラスのように倍音が広がるように感じる範囲に合わせます。物理的にはビーム4極管なので純粋にグリッドの電位が同じ点なら5極管よりも若干多くipが流れる筈ですがココでは耳で合わせ、良い位置の範囲内で若干深い位置の安全運転にするとパワー管が長持ちします。

空ピックをした時の枯れて乾いた感触ときめの細かいソルダーノらしいハイゲインサウンドの融合が素晴らしい!
sol-t50c-4.jpg

・友人のギターでサスティナー初体験

2019年04月01日 00:02

・友人がフェンダーカスタムショップの54年ストラトキャスターを買いました!一度見てくれというので、こちらも沢山あるアンプで弾いてみたら?という事で我が家に来てくれました。見ると、ピカピカ極上バーズアイネックの見事な一品でした。
cs54-01.jpg

・ネックグリップはVというよりはソフトVというかUとの中間くらい、結構しっかりとした太さがあり良い響きでした。ピックアップが中々パワーがあって弾きやすかったですね!ミッドハイが良く出ていて私の’69タイプとはまた違った鳴りで新鮮でした。フィンガーボードのバーズアイがグロスフィニッシュと相まって浮かび上り綺麗です。ボディーはライトアッシュでしょうか。友人もウチのアンプ群に次々にインプットしてご満悦。
cs54-02.jpg

・そして、もう1本の方はフェルナンデスのセンボディーにフロイドとサスティナーが搭載されたギターです。センという木は結構ズッシリとした重さがあるんですね。
felsus01.jpg

・このギターの目玉!サスティーナーです!コントローラーの説明を受け早速弾かせてもらいましたがこれがまた!素晴らしいのなんのって!ハードロッカーの私の為にある様な装置です!サウンドも本当に自然で素晴らしく必要以上に伸ばしてみたくなりますね!それにこのギターのピックアップの音色がまた素晴らしくて!激ハマりしてしまいました。
felsus02.jpg

・1993年製 Lindy Fralin Woodstock'69 <Front & Middle> を入手 part2

2019年03月25日 22:53

・さて、リンディーのwoodstock'69の’93年モデル(ややこしい)、ネックピックアップはCS'69のストラトに移植しました。
結果、やっぱりアルダーのしかもラージヘッドのメイプル指盤にはエグイぐらいカッコよくハマりました。もう、低音弦のゴーンという物凄いタイトなローと暴れる暴れる、ハイエンドプレゼンスはぴったりマッチ。やっぱりリンディーのWOODSTOCK'69はリード部分にネームタグが無くポールピースの角が立っている昔のやつは明らかに現行品よりもエグイです。
lindy fralin woodstock69_93_09

・ミドルの方は、一度やってみたかったハイドラのミドルと載せ替えてみました。ハイドラのミドルもグレーボビンにブラックエナメルと同じ仕様、同磁極、位相のみ逆でしたので配線はプラス側をアースに落とします。
lindy fralin woodstock69_93_03

・なんでもやらないと気が済まないのはクソガキの証拠。配線を通す穴が中々タイトですのでリードを引き抜くときに釣り糸を引き込んでおき付け替えるピックアップのリードを結びつけます。
lindy fralin woodstock69_93_06

・いよいよ組み込みます。配線をハンダして完成 直ぐにマーシャルにプラグインします。
lindy fralin woodstock69_93_08

・ところが、サウンドはハイがキツイキツイ!倍音だらけで訳が分からない鳴りです、他のピックアップとの音量差もかなりありこれはしんどい。ホワイトアッシュのストラトに載せた時以上の高域の飛びです。これはやっぱりハイドラのメイプルトップの特性?という事で納得しました。リンディーはストラトのミドルの方に移植してハイドラはオリジナルのピックアップに再度載せ替えました。
lindy fralin woodstock69_93_07

・オリジナルのミドルは単体だと少しベキベキいうのでトーンを少し絞ると良い感じ。一方フロントやミドルとのハーフ時にタップコントロールとの合わせ技ですごく気持ちの良いトーンがいくらでも作れます。そうそう、ブリッジはVG300に載せ替えてみました。サスティーンは減りましたがフリーダムのピックアップにはこちらの方が合いますね。 しかし、また気が向いたらフロントとリアにダンカン、ミドルにディマジオDP188なんかを載せてみたいと考えてます。その時はブリッジもVS100Nも試してみよう! 

トーンキャパシターとハイパスキャパシター以外は結局オリジナルのハイドラに戻りました。ハイドラのネックの弾きごごちボディーの鳴りサスティーンの伸びなど最高ですね!指先に弦がしっかりと乗るという感じでしょうか、数か月を経て自分なりに色々弄繰り回して最高のギターに成ってきました。
lindy fralin woodstock69_93_10

・1993年製 Lindy Fralin Woodstock'69 <Front & Middle> を入手 part1

2019年03月20日 22:47

・先日、オークションで93年製造のスタンプがあるリンディーWOODSTOCK'69を入手しました。
lindy fralin woodstock69_93_01

・最近製造された物はポールピースの面取り研磨がしてあるのですが少なくとも2000年代初期以前製造の物は研磨されておらず音も最近の方がマイルドです。
lindy fralin woodstock69_93_04

・位相を確認するとフェンダーと同じ。DCRはフロント6.29kΩ/ ミドル6.35kΩ 初期の物もミドルはRWRP(逆巻、逆磁)でした。
lindy fralin woodstock69_93_02

・とりあえず、CS69ストラトキャスターのフロントだけ付け替えてみました。以前持っていた2010年ごろの製造品に比べて高域がもう一回り派手に暴れる感じです。低域はどちらもこの機種特有のタイトですがゴーンと前に出てメイプル指盤にマーシャルだとゴリゴリ感ギャリギャリ感が満載で物凄く気持ち良い!分かりやすくいえばドンシャリ中抜け、ミッドが前に出ずグレーボビン独特の音です。歪ませると更に手が付けられない感じで脳天が痺れます!もう一方のミドルの方はちょっとしたアイデアを試してみることにしました、、、
lindy fralin woodstock69_93_05

・スパイラジオ ICF-7600DS 時計表示の修理

2019年03月19日 23:36

・次男がこの春から大学院へと進みます。何の研究か?一応は出資者として聞いてはみましたがさっぱり分からず、なんでも学部からの続きをするそうで金属(合金材料)が水素の何とかかんとかで腐食するのを~云々というわけのわからない内容でした。一見、雲をつかむような事柄に思えますが、曰く”応用できるベクトルは全産業に渡る”と聞いてなるほどと何となく納得しました(笑)

長男は電子機器の設計とそれを動かすソフトウェアも作るエンジニアで今度パキスタンの工業都市カラチに赴任して行きます。北部の危険地帯ではなく南部の工業都市ですが宿舎となるホテルと仕事先との送迎には軍隊の護衛が付くそうです。基本、町には出歩けないそうでちょっと心配ですね。僕なら、短波ラジオを持参して西アジア諸国の音楽を聴きまくれると喜びますが、、、
spy_radio01.jpg

・小中学生の頃、海外の短波放送を聴くブームがありました。ヨーロッパ、アメリカ、ソ連、オセアニアなどから日本向けに日本語で放送するプログラムでしたが僕はそれには興味が無く、何語か?どこの国か?さっぱり分からないが現地の音楽を流している局ばかりを追いかけて聴いていました。 

これは80年台後期のSONY ICF-7600DSという名機なんですが性能が良いのでスパイが本国から送信される乱数放送を聴くのに随分使われたそうです。なんだか、昔映画で見たフランスのレジンタンスが隠れ家で乱数放送を聞いている場面が目に浮かびました。BFO付きなので昼の7MHz、夜の3.5MHzなどアマチュア無線のSSBも綺麗に復調できます。感度も自分で調整してありますが欲を言えばIFナロー切り替えが付いてれば良いのになと。 これにアメリカMFJ社のプリアンプ付きアンテナチューナーにロングワイヤーアンテナを繋いで使っていますがMFJのは素晴らしいですよ、コイルの設計が良いんでしょうねサイドがバシッと切れて信号が浮かび上がります。今までMIZUHOやDAIWAの高級エアバリコン機種も試しましたがMFJのが一番でした。

・音が素晴らしく良いんです。AFアンプは1.1WもあるNECのμpc1212cというワンチップIC。IFの帯域がソコソコ広いのとスピーカーが良いので低域まで伸びた聴き疲れしない豊かな音がします。
spy_radio03.jpg

・このラジオ、実は中古を2台購入してきて内部基盤や外装などそれぞれ良い所取りして1台に作り上げました。非常に調子が良いんですが突然時計表示が消えてしまいました。修理検索で訪れる方のために記しておきます。
spy_radio04.jpg

・マイコンの周辺部品の故障なら特定が厄介だな~しかし、電源は入るので単純なクロックモジュールだけなのかなと。分解するのに気を使います。特に細い細いリード接続部。
spy_radio05.jpg

・回路図やブロックダイアグラムをみてもモジュール部は訳が分かりません。 ところで、この80年代の設計の機種まではケミコン類がまだ従来品ですので90年代以降の液漏れしまくる面実装品に比べてまだ幾分マシです。とはいえ、ケミコンの寿命年数なんてせいぜい10年前後でしょうからいつまで持つやら。
spy_radio07.jpg

・困ったなーとつつき回していると不具合箇所を発見。本体のスライド電源スイッチに内部で連動した液晶側スイッチの接点クラックともう1点が液晶につながるリード線の半断線状態でした。こういう修理時に大事なのは半田ごてのコテ先温度です。高すぎると基盤の薄Iい銅箔パターンが剥がれやすかったりします。エレキギターやエフェクターのハンダ付けの時もコテ先温度が高すぎると部品やパターンに綺麗にハンダが流れずにダマになって後に割れを起こすことになるので注意が必要です。 ア~やれやれ、しかし、これくらいのハンダ作業が限界ですね、チップ部品の交換なんてできません。壊れないことを祈って大事に使おう!
spy_radio06.jpg


最新記事