・fender 75 amplifire と Ibanez Egen8で Mean Streetのイントロを弾いてみる

2017年08月16日 22:25

・Fender 75にギターを直結したサウンドです。スピーカーはこのアンプ純正でエミネンス製と思われる15インチでこれがギターの美味しい倍音と帯域を見事に再生してくれます。シールドはBelden 8412とスイッチクラフト社のフォーンプラグを使って”方向性あり”で自作しました。8412は中低域の迫力が特徴ですので方向性を持たせてギターのプレゼンス域のハーモニクスが良く出るようにという思いからです。


・ハードディストーションを謳っているだけあり単体で良く歪みます。フェンダーのこの時代から80年代後期までのアンプが好きで集めておりますが私の中ではこのfender 75が最高傑作だと思います。パワーアンプ部がシルバーフェイス期と同様のウルトラリニア接続。これにハイゲインプリアンプ部が合体。クリーンは伝統のウルトラクリーン、リードチャンネルはシングルコイルでも単体で充分なゲインがあります。

リードチャンネルはVOLUMEとLEADでゲインを、LEADMASTERとMASTERで音量を決めます。4つのコントロールで調整するわけですが自宅での極小音量でも素晴らしい倍音タップリサウンドが出せるのもこのアンプの特徴です。この点、The Twinのようにmaster1から2に行くまでにいきなり爆音!ということが無いのとsoldano yamaha T50-Cのようにある程度の音量に上げないと良い音がしないということも無いので自宅での使用にもピッタリです。ただ唯一の欠点は馬鹿でかいトランス類とスピーカーのおかげで40キロ近くあるため1階と2階の移動とかいうのには向かないことです。

ハイパワースイッチ側がプレート電圧520Vで75W ローパワー側にすると260Vで15Wになりヘッドルームが下がって歪みが増します。TREBLE MIDDLE BASSもプルでブーストされMIDDLEをプルでさらにもう一段回ゲインが上がります。
fender75_higain001.jpg

・FENDER 75 1980年81年82年の3年間カタログに掲載されています。リベラは81年入社ですのでこのアンプは違います。リベラ設計の場合とは入力のヘッドアンプとリバーブトランスへの送り出しアンプの形が違います。このためリードチャンネルでのリバーブの効きがクリーンチャンネルに比べ少し弱くなります。

FENDER DELUXE REVERB Ⅱ 1982年~85年 ポールリベラの設計で有名な時期。パワーアンプ部はオーソドックスな5極管接続。初段のヘッドアンプとリバーブトランスへの送り出しアンプが12AX7を並列に繋いだ電圧電流増幅タイプです。ブーストスイッチはMIDDLEのみ。

FENDER THE TWIN RED KNOB(87年~89年) BLACK KNOB(90年~94年) ハイパワースイッチ側で100W、ローパワーで25W。3つの中では最もモダンな味付けのアンプです。上記2機種と違いプリント基板になりボリューム類も基盤直付けになったのでメンテナンスが大変です。基盤のリビジョンは私が知るだけでも2種類ありますが音に関連する箇所に変更はありません。(電源周りが少し違う)

・ゲイン(歪みの量)は最も歪むFENDER 75 AMP > FENDER THE TWIN > FENDER Ⅱ リベラシリーズの順で10 : 8 : 7 といった比率ですリベラシリーズはTWIN REVERB ⅡとCONCERT Ⅱも試しましたがパワー部以外は全く同じ回路でゲインも同様でした。

入手後、私の75はミドルブーストゲイン量を2段切換え&帯域を少し上げる、バイアス個別調整、フットスイッチを多極ケーブル化(スペース節約の為)に少し改造しました。現用パワー管がKT66をペアで使っていましたが1本が切れたのでスベトラーナのEL34と併用しています。

ローパワー側での使用がメインですのでプレート電圧が半分の262Vでipは約倍の68mAで合わせています。このままハイパワースイッチ側にすると真空管の持っているバラつきにより左右のipが大きくずれるため再調整が必要です。

あと、レストア時にパワー管のソケットをステアタイトの新品にし真空管脱落防止のスプリング式リテーナーを取り付けました。古い真空管アンプで原因不明の発振やノイズに悩ませられるとき厳密にはサイン波を入力してどの段での発振やトラブルか?というのをスピーカーの方から遡りますが、経験上、アースのループによるノイズ、入出力ジャックの導通や絶縁不良、真空管ソケットの導通や絶縁不良による不具合が一番多いです。ソケットを変えたらピタッと収まった(配線も方法も含めて)ことが良くありました。

その他のトラブルで悩ましかったのが電圧増幅のプレート負荷やバッファーアンプのカソード関係の抵抗器です。基盤から外してテスターをあてると直流的には正常値を示すが交流信号を流すと壊れていたというのが厄介でした。
fender75_higain002.jpg

・真空管は新品時から少し時間が経過して安定しだすと素晴らしい倍音やコンプレッション感が溢れてきます。同様に特性も変化しますので時々バイアスのip値と左右のバランスを画像のようにチェックする必要があります。

このアンプは出力トランスのプライマリー片側の断線を含め外見もボロボロ、ギトギトの状態でタダ同然で入手し、トランスを純正新品に交換、折れていたスピーカーグリルは新たに合板で作り新品のシルバーフェイスグリルを貼りました。ツマミは洗浄しスイッチ類のサビは磨いてピカピカになっています。なんだか、若い頃のエンジンをカリカリにチューンナップしてエンジンルームもピカピカに磨き上げていたのを思い出しました。
fender75_higain003.jpg

・IbanezのEgen8です。そんなに高くはありませんがこのギターでないと弾けないフレーズが沢山ありプレイヤビリティーが良いです。ibanezのギターはネックの構造や独自に進化したトレモロユニットやその搭載方法などフジゲン名義では特許の関係で再現できないアイデアが一杯で大好きです。そろそろ、j.custumの至極の1本を探してみたいなと思っています。特注は受けてくれないので狙い目は力のある東京の有名小売店が時々ショップオリジナル企画としてオーダーする小ロット品ですね!
fender75_higain004.jpg

・Marshall 100W TUBE交換

2017年04月18日 22:32

・久しぶりにMarshall 100Wのすべての真空管を新品に交換してみました。前に全部新品にしたのはいつだろう?たしかスロバキアのJJクリア管を大量に仕入れて交換したはずですが1本抜け、2本抜けして殆どJJのは無くなっていました。音は良いのに機械的なストレスに弱いみたいでプリ管もパワー管もうちで使った中では一番寿命が短かったです。80年代の初頭に買ってきたオランダフィリップやドイツシーメンスの物はほとんど壊れず、ボケず今でも時折代打で使っています。現在のパワー管は中国製は弱いですね、値段も安く音の良いロシア製を買っています。プリ管は新品では中国産で選別セレクト品の物が一番好きです。オールドではやっぱり松下の選別したモノが最高ですが10本買って半分くらいなので中々見つけるのが大変。
marshall1959bias00010.jpg

・やっぱり全部新品にすると気持ちいいですね!倍音がギッチリ、ジョリンジョリンのドライサウンドでアンダーバイアスに寄らない位置でバイアスを設定、省エネで音も良い!プリは名古屋で買ってきたRUBY 12AX7AC5/HGから選別。パワー管はエレハモのEL34を使いました。
marshall1959bias00020.jpg

・Marshall 100W NFB量の変更Ⅱ

2017年04月07日 23:41

・今週の月曜日、千石電商でたまたま見つけた1W型の金属皮膜抵抗。1本70円もする”オーディオ用”とあったので気になって買ってしまいました。早速、先日変えたばかりのNFB抵抗を取り払い付け替えてみたのですが耳に心地よくない倍音が出て全然ダメでした。
mnfb000.jpg

・パーツBOXのジャンクコーナーに確か古いフェンダーから取り外したと思われる数本のカーボンソリッドを発見!丁度よい帰還具合となるようkamayaの56kと直列にしてつなげてみたところ、、、
mnfb02.jpg

・中々良い感じでしたのでそのまま直列にしてハンダ付けしてしまいました。
mnfb03.jpg

・しばらく弾いてみてジョリジョリと気持ちの良いサウンドに!
mnfb01.jpg

・Marshall 100W NFB量の変更

2017年03月19日 20:51

・最近はFENDER 75ばかり弾いておりました、、、素晴らしいアンプで今まで所有したFENDERの中では文句なしのNo.1です。 丁度今、FENDER 75がヤフオクに出ていますね、ちょっと高いかな。
今日、久々にmarshallを開腹しNFBの量を変えてみました。
marshall_nfb01.jpg

・NFB=ネガティブフィードバックのことです。半年に1回くらいローテーションで変えてサウンドの差を楽しみます。標準は47kΩですが前回は100kΩとかなり浅くしていましたがちょっと歪み過ぎて飽きてきたので変更します。
marshall_nfb02.jpg

・色々差し替えてはサウンド差を、、、カーボンソリッドより普通の炭素被膜の方が枯れて抜けます。
marshall_nfb04.jpg

・NFBとは出力の一部を逆相の信号として位相反転段の入力部に戻す仕組みのことです。オーディオアンプの世界では周波数特性や歪み率の改善、動作の安定を目的として行うそうです。逆相のを位相反転段の入り口に戻すわけで量が多いと正相の信号と打ち消し合うので出力が下がります。難しいことはさておき、その量の増減で歪み量やコンプレッションの具合が変化します。マーシャルではここの周波数特性を変化させてプレゼンスコントロールの役割をさせています。NFBの量は1本の抵抗の大きさで決まります。
MAR1959.gif

・時々ローテーションで変えるわけです。今回は一番左のカーボン皮膜1/2W型の68kΩに。これも中学生の時にニノミヤで買ったものです。まさか今頃使うとは、、、
marshall_nfb03.jpg

・Fender 75 Amplifier Clean & Gainboost Sound

2017年03月06日 22:24

・フェンダーは80年前後のアンプが一番好きで云わば伝統的なサウンドとモダンサウンドのハイブリッド期。
FENDER 75→RIVERA FENDER→THE TWIN3台とも素晴らしいアンプです。
クリーン♬  足でカチカチやってますがワウペダルに足を載せているだけでノンエフェクトです。


・シングルコイルでこれだけ歪むのに腰砕けや頭潰れにならないのは素晴らしいカップリング定数設定のおかげ。BOOGIEのモコモコ欠点を見事に克服。ウルトラリニア接続特有のギラギラ感がまるでmarshall 1959のようでfenderなのにマーシャルのジョリンジョリンした歪みが出るところや製造台数が極端に少なくウルトラレアなこともお気に入りです。
ミッドブースト≒ゲインブースト量を2段階切り替え式にスイッチを増設してみました。スイッチ下側のサウンドがノーマルブースト、上側が更にブーストさせたサウンド。


動画のセットアップはCS'69 LINDY FRALIN WOODSTOCK'69 メイプルフィンガーボードと69系ピックアップの相性は抜群です。メイプル指板特有のガッ、ゴンというアタックが69系のタイトな低域とスパークルな高域を際立たせるからです。
fender75amp_gainboost_swich01.jpg

・Fender 75 amplifier Gainboost 2mode swich

2017年03月04日 22:48

・前からトライしたかったミッドブーストの2段階切り替えスイッチを取り付けてみました。ミッドブースト=ゲインブーストなのでそのブースト量を切り替えます。先ずは丁度良い所にスペースがあるので穴を開けます。
fender75amp_gainboost_swich02.jpg

・ミドルのスイッチポットに2.2nFとパラに100KΩにするか5MΩ(10MΩパラ)にするかの切り替えスイッチです。2.2nと5MΩは前にさんざんヒヤリングで導き出したものでこちらがゲイン大になります。100Kでゲインアップ小、ハムバッカーだと低域がボワつくのとゲインを下げるのが狙いです。面白いのは抵抗の種類で大きくサウンドニュアンスが変わることです。カーボンソリッドが雰囲気的には良いともわれがちですがヒヤリングで1/2W型の極普通の炭素被膜抵抗に決定。1/2W型の抵抗なんてもう市場では売ってませんがこれは私が中学生の頃に地元のニノミヤで買ったものです。ミッドハイの枯れ具合が絶品で一聴して決まりました。
fender75amp_gainboost_swich03.jpg

・最近はこのロシア製KT66を使っておりますがハイゲインには非常に相性が良いと思います。
fender75amp_gainboost_swich04.jpg

・取り付け完了、丁度良い位置にスイッチが収まりサウンドの方も狙い通りの効果が出せました。CS'69を使って動画も撮りましたので後ほど。
fender75amp_gainboost_swich05.jpg

・Power

2017年02月09日 23:32

・BCAAというアミノ酸サプリメントです。味の素ゼネラルフーズで作られた原料をアメリカ国内で詰め込んだ物を逆輸入すると非常に安く買えます。6キロ買いましたが日本で買うと倍近くします。
IMG_8249.jpg

・BCAAを飲むと集中力とパフォーマンスが上がってトレーニングが充実します。シーテッドショルダープレス70キロ*10とベントオ-バーロ―イング115キロ*10回をスーパーセットで。
IMG_8279.jpg

・日本橋の千石通商にあったクリームパーロイド!これのピックガードを探してみます。
IMG_8248.jpg

・今年は例年になく寒い冬なので次男の下宿にコタツや肉厚ジュータン!などを差し入れに行きました。下宿近くの店にある1960TV,,,容積が大きいので普通のAキャビより低域が出ます。このお値段は安いですね(^'^)
IMG_8263.jpg

・私的に71年Marshallと並ぶ超名機!と思えるFender75。パワーアンプ部の動作を3極管接続(トライオード)、5極管接続(ペントード)、ウルトラリニアの3つの切り替え式への改造。配線的にスイッチはこの位置がベストなのでグラウンドスイッチを取り外して配置しようかと思案中。
IMG_8246.jpg

・Sメーターにダイアル照明。16㎝のフェライトバーアンテナ、FMはIF2段にAFC回路付き、8Wプッシュプルに大口径スピーカー。
ICF-9090を設計したエンジニアさんに感謝!
IMG_8298.jpg

・Fender 75 amplifier power tube bias

2017年02月07日 22:40

・レアなだけでなく15インチにハードに歪むプリアンプ、パワーチューブのプレート電圧を半分に落とすパワースイッチと至れり尽くせりの内容でコレクションの中でも最高傑作の1台です。購入時はボロボロでしたが完璧にレストアして生まれ変わっています。
fender 75 tubeamp01

・数か月に一度、手持ちの中から出力管を選んで差し替えてサウンドの違いを楽しみます。殆どがロシア製ですがサウンドはかなり変化するので面白いです。中国製の出力管はプレート電圧が高い(500v以上)ギターアンプでは突然!真空管の内部放電や電極接触等の故障が起きることが多いので電圧の高い機種には使いません。
fender 75 tubeamp02

・ムラード(ロシア製)やエレハモのEL34にするとコンプレッションの効いた気持ちの良い歪み。LOWパワー側ではヘッドルームが下がってさらに歪む感じ。
fender 75 tubeamp03

・松下のEL34を使いたいのですが1本しかないためこれはまた次回入手してから試します。ビンテージのチェコ製TESLAは520Vもかけるのが怖いので、、、ビーム管のTUNG-SOLのKT-66とスベトラーナの6L6GではEL34よりもカラッとした印象で良い感じ。
fender 75 tubeamp04

・パワー管の脱落を防止するリテーナーはオリジナルのベースを挟む方式からバネでテンションを掛ける方式に変更しています。これだとどんなベースの形状の物でも対応できます。
fender 75 tubeamp05

・スベトラーナの6L6GCも良いサウンドでしたが今回はKT66をしばらく搭載することにしました。BIASは音で決めますが、浅いと耳にキツイし何も良いことが無いのでちょっと深めで音が立つポイントにしてみました。左右のバランスは10mAもずれるとブーンというハムが目立ちますので大体DCバランスが合うように調整しておきます。左右個別に調整できるように改造してあるのでペアチューブでなくても使えるので便利です。
fender 75 tubeamp06

・名器 VHT Pittbull 45

2016年11月22日 22:55

先日、北海道の友人が私のvhtウィルスに感染!special 6 ultraとpittbull 45の2台を購入しました!おめでとうございます、もう立派なギターアンプジャンキーのお仲間です(笑)

・久しぶりにpittbull 45をケースから出し弾いてみました。このアンプ、前オーナーはDIMENSIONの増﨑孝司さんです。
vht-45-01.jpg

・グリーントーレックス。
vht-45-02.jpg

・パワーアンプの動作点をCLASS Aと CLASS ABに切り替え可能。ABでのバイアスをサウンドと動作特性を考慮して調整。素晴らしいサウンドに上質でしっかりした造りの名器です。プリアンプの真空管選別、整流管の選別などで完璧なコンディション。
vht-45-03.jpg

・Fender CS '69 Stratocaster & Lindy Fralin Woodstock '69 pickup

・SONY ギターアンプラジオ ICF-9090 調整 #3

2016年11月17日 22:55

・SONY ギターアンプラジオ ICF-9090 トラッキング調整
この機種にはAMラジオ用のバーアンテナに全長160mmの物が使われています。スカイセンサーや2001Dと同じ寸法です。実際、昼間の遠距離受信感度が凄いです。超高感度のICF-S5では微かに聞こえるか聞こえないかという遠方の局がちゃんと実用レベルで受信できます。これは、受信機としての性能プラス8Wという余裕のあるAF部のおかげもあると思います。PLLシンセチューナーは電源の良しあし、内部ノイズの影響をもろに受けるので私は嫌いです。やはりこの時代のコスト度外視で設計されたアナログチューナーが高感度、高SN、ピュアアナログサウンドというわけで好みです。
icf-9090-06.jpg

・先ずはダイヤル目盛りと多少ずれているFMの受信周波数をトリマコイルを回して表示とピッタリに合わせます。次に感度調整、低い周波数帯域は樹脂で固定されたフロント側のアンテナコイルの幅を増減させてSメーターの様子を見ますがこれはほぼ合っています。高い周波数域の感度は基板上のコイルで合わせますがこれがかなりずれていました。2段あるIFT中間周波コイル調整はアナログテスタを使用して行いますがコイルを回すにはダイヤル機構のプーリーを外す必要があり、これは後日分解図をよく見て理解してから行いたいと思います。AMの調整も周波数表示とバンドエンドのアンテナトリマの調整だけしましたがこれでワンランク感度がアップしました。
icf-9090-08.jpg

・AF部もディスクリートで丁寧に作っています。ギターチューナーの発振周波数はトリマで440に調整しておきます。アナログメーターに麦球ランプ、周波数表示ドラム等、造りと質感が素晴らしい、残念ながら現在ではもうこんな製品は出てきません。スイッチなどの機構部品もこの機種専用にデザインされたモノでしょうね。内部にホコリの侵入が皆無のデッド品ですが唯一スポンジ類が劣化して触ると粉になるので触らないようにします。
icf-9090-09.jpg

・eo光TVにはFMラジオ局の電波が乗せられて各家庭に配信されていますので、75Ωの同軸で引き込んで利用します。昔は8エレメントの八木をスタックに組みゲインを稼いでLIVE番組を録音したものですが今はもう台風の心配も要りません。
icf-9090-10.jpg

・さて、ギターアンプとしての性能ですが~クリーンは中々艶っぽいサウンドも出ます。がやはり入力インピーダンスが低い関係でナロー感が漂います。オーバードライブを繋ぐとこれが中々良い~マイクアンプでプリゲインを持ち上げると更にらしくなります。音源をAUXに繋ぐとギターとのセッションも出来ます。
icf-9090-11.jpg

・アナログマンのSUNLIONも繋いでみました(^'^)スピーカーの低域が割れないのは低域の再現性と大出力アンプのおかげだそうです。
icf-9090-14.jpg

・やはりダイオードクリッパーとオペアンプ仕様でバッファーが入った機種の方がこのICF-9090には相性が良いようです。非常に気持ちよく伸びのあるリードサウンドが得られます。

というわけでまたしてもガラクタの神さんが下りてきての40年前の新品との遭遇~あまりの受信性能と音の良さに2度びっくり。
icf-9090-13.jpg


最新記事