FC2ブログ

・ストラトキャスター ミドルピックアップを直列にブレンド2

2018年08月04日 23:44

・センターブレンドを試してみたところ、センターがRWRPなのでハムノイズはキャンセルされますが同時に高域の香り成分も無くなりました。それとブレンドモード時のフェイズアウトのサウンドがあまり使えないなと感じ早速回路を変更することにしました。

センターRWRPというのは昨今の3つセット物にはよくあることですがやはり私は昔ながらのセットの方がしっくりきます。そこで単品のSSL-1を探したところ、丁度、次男の下宿先に物資補給に行った際に近所のハードオフで格安でゲットできました。
midbr30.jpg

・SSL-1は所謂ヴィンテージサウンドを再現したサウンドですが出力だけは昨今のラウド系の中でも埋もれにくいようにと若干高めに設定されていてよく考えられています。100Wのハイゲイン真空管アンプに4発のキャビネット2台の8発のスピーカーで鳴らすと良くわかるのですが、気持ちの良い痛くない高域、掠れたミッドレンジ、それとタイトですがガツーンとくる低域がGOODです。深く歪ませても腰砕けにならないのがいいと思います。
midbr31.jpg

・センターブレンドの時にセレクタースイッチがハーフトーンの位置でもセンター単独となる配線に変更します。THD+N 25%さんの回路をそのまま使わせていただきました。
midbr32.jpg

・変更しました、直列ブレンドモードもノーマルハーフトーンもやっぱりこっちのRWRPでない方が自分の好みです。ノイズもそれほど気になりませんのでこのまま使ってみることにします。2回路あるスイッチの片方が丸々空きチャンネルになりましたのでまたこの先面白そうな回路に出会えば試してみるかもしれません。
midbr33.jpg

・ストラトキャスター ミドルピックアップを直列にブレンド

2018年07月28日 21:14

・このギターも購入して9年が経ちそろそろフレット交換が必要な感じになってきました。
リードソロのサウンドバリエーションの一つとしてスイッチを取り付けてフロント&センター/リヤ&センターのシリーズ配線(直列)があります。私の79年ストラトでは2003年製のアビゲイル・イバラピックアップを3基搭載してミドルトーンをプッシュ&プッシュスイッチにしてシリーズ接続可能ににしています。

結構このサウンドのリア&センターは好きな音ですので今回はfender 69ストラトキャスターに配線改造をしてみます。
ネットで色々見ていると有りました!DGBさんの3S09という回路。http://www.geocities.jp/dgb_studio/3svari.htm#9
THD+N 25%さんにも解説付きでhttp://zuzuzazuzaza.blog123.fc2.com/blog-entry-14.html
midbr01.jpg

・プッシュ&プッシュスイッチは良い物は非常に高いのでパス。代わりにミドルのポットをブレンダーとして使用します。
このギターにはseymour duncan SSL-1のセットを搭載しているのでセンターが逆巻の逆磁極です。ですからシリーズ配線で問題になるノイズという点では有利です。パーツの追加は無し、お手軽に配線変更だけで完成します。
midbr02.jpg

・マスターボリューム、マスタートーン、ブレンダーという配列となり、ブレンダーポットが0の位置でフロント&センター、リア&センターのシリーズハムバッカーとなりパワーがアップします。また、ブレンダー0でハーフ位置ではそれぞれのアウトオブフェイズサウンドになります。ポットを10にすれば完全ノーマルのストラトですのでバリエーションが手軽に増やせます。当初、ブレンダーポットは250KAをそのまま使用しましたが手持ちの500KAに残留抵抗がほゞ0になるポットがあったで付け替えてみました。ブレンダーの中間や音色の変わり目附近などプッシュスイッチでは味わえない部分もあってGOOD!
midbr00.jpg

・Freedom Custom Guitar Research 使用する材料が決定しました

2018年05月01日 23:34

・4月の中旬にBSプレミアムの東京ディープという番組でFreedom Custom Guitar Researchさんが登場しました。実は私も初回放送を見逃してしまい再放送を録画して拝見しました。東京の下町、職人の街で様々な業種に生きる人々のドキュメンタリーで、今年NAMMショーで出展2000ブランド中、最も優秀な6ブランドに贈られる賞を受賞した事や特許技術”ありみぞ継ぎ”について詳しく紹介されていました。従来のネックジョイントの4本のネジ締めを工夫して音色を変える方法はストラト弾きにはおなじみですがめんどくさいのとピンポイントで再現性に欠ける部分で中々難しいところ、、、
fcgr01.jpg

・ネックジョイントの精度を上げたり仕込み角度を工夫するという事はどこのビルダーさんでも肝の部分だと思いますが、アリミゾ継にしてネジ1本の締め方で簡単に音色を変える方法を開発して製品に反映したことは凄いなと思います。 同様に、ピックアップのコイルの形状を工夫してシングルとハムバッキングの間をタップコントロールで無段階に調整できる方法! そして、ステンレスフレットの弱点を材料から開発して良い点のみを残す方法も。永らくギターを弾いてきた身にはどれもこれも合理的で魅力的です。アイデアを競争力のある商品にまで仕上げているところに感心しました。それに楽器店で手に取ってみるとネックの握りやボディーシェイプが絶妙でヘッドの形を眺めると大胆かつ上質という言葉が浮かんできます。
fcgr02.jpg

・番組内では製造中の職人さんたちの様子も垣間見れたりして、改めてこちらにお願いして良かったなと感じました。というわけで1月中旬から交渉を開始した私のギターも先日、材料の選定や仕上げの色も決まりあとは6ヶ月先の完成を待つだけという事になりました。楽しみです!
fd.jpg

・Freedom Custom Guitar Researchにオーダーしました!

2018年04月12日 22:30

・昨年秋からおもに大阪、名古屋であらゆるハイエンドクラフトメーカーさんのギターを手に取って観てきたわけですが、何か決め手に欠けて決心がつきませんでした。そこで、頭を一度リセットし,正月明けに1週間東京に滞在し色々と見て弾いて、これだっ!とピンと来たのがフリーダムのハイドラでした。ヘッドのデザインなんかは最高にカッコいいと思います。
freedom guitar shop

・ストラト弾きの方はご存じ!ヘッドがビーンと響いてネックからボディジョイントを通った響きが上手くトレモロスプリングとハーモニーし合うのが重要だと思うのですが、ここのギターはネックの接合にアリミゾが切ってあって、ネジ1本の締め付けの強弱で倍音ジューシーサウンドとかっちりタイトサウンドをワンタッチで行き来できるようになっています。今までは4本のネジをアバウトに締めたり緩めたりと結構めんどくさくて何度も調整したくはない部分だっただけにネジ1本とは!凄く合理的なアイデアですね! → http://youngguitar.jp/201604/gears/35485

・日本橋の千石通商にあるギターパーツ類の中で、いつも気になっていたのがオリジナルのステンレスフレットでした。これも、ジャスカーではシャリシャリしすぎるしニッケルはガシガシ弾くのであっという間に減ってしまう、、、これに応えてニッケルシルバーよりチョイ硬い目とチョイ柔目の2種類があり私は硬めのspeedyを選択しました。→ http://www.freedomcgr.com/Stainless%20frame.html

Hybrid Hambucker ハムバッキングをタップした時の音って、私の初体験は1982年にストラトのキャビティーをザグッて取り付けたディマジオのデュアルサウンドのタップだったんですが、これがまた、情けないくらいにモコモコの抜けない音でガッカリ。以降、いろんな4芯ダブルコイルのタップサウンドを経験しましたがやっぱりどこか霞掛かった音。 これをタップ時に生きる方のコイル形状を完全にシングルコイルと同じに作ったのがこのピックアップなんだそう。おまけにハムバッカーとシングルの間を無段階でコントロールできるというタップコントロール、、、、合理的なアイデアです。→ http://fcgrtokyo.com/assets/files/pickups-hybrid-humbucker-manual.pdf
僕はもうトラディショナルなストラトキャスターを何本も持っているのですが、やっぱりそういうビンテージライクなサウンドとモダンなハムサウンドを行ったり来たりできることにとても魅力を感じました。

・色々と、ファクトリープロフィールを拝見すると、今年で創業20周年であること、社長さんは私と同じ64年生まれであること、アイデアをきちんと競争力のある商品に仕上げて全国で展開していること、腕のいい職人さんが沢山いて分業で製作していることなどが分かりました。 私もゼロから立ち上げ15期目を向かえる個人経営者で技術料を頂いて生計を立てる職人であることなどから、職人さんに思う存分良い仕事をしてもらいたい! 男50代の乗りに乗った経営者が造るギターを是非弾いてみたい!と 最初からここ1社に決めて1月の中旬から交渉をしているところです。通常のハイドラから材料やパーツの仕様をいくつか私の希望で変えてもらっていましてこれからは具体的な選択段階に入って行くそうです!もう、楽しみで嬉しくて仕方がありませんね~
freedom-cgr-hydra1.jpg 
(写真はいずれもhpから拝借しました)

・ジミ・ヘンドリックス 未発表録音含む“ニュー・アルバム~RIOTのガイ・スペランザは最高!

2018年03月07日 19:13

・エレキギターのカスタムオーダーは1か月以上の双方検討を経て仕様と見積りがいよいよ近く決定します。色んな思いが頭を巡り、それを1本に纏めるのは難しい作業でしたが楽しみで楽しみで、秋田犬を待つザギトワちゃんの心境です。どこにオーダーしたのかも直ぐにお知らせしますよ~

・フランクザッパ、74年の超名盤、ロキシーライブはもう一生の愛聴盤ですがさらに当時のロキシー公演複数日からピックアップした7枚組CD!これも早速聞きました。が、やはり、情報量が多すぎて、、、私はザッパ本人が編集したものがやはり好きです。

・ザッパと並んで没後もコンスタントに新譜を出し続けるのがJimi Hendrix,いよいよあさって未発表録音を含む新譜が出ます。早速、FM COCOLOでMannish Boyを聞きましたが恐るべき音質と臨場感でエディークレイマーのエンジニアリング技術に脱帽です。
jhnew.jpg

・丁度40年前、アメリカの東海岸からデビューしたRIOT、当時は西のVAN HELEN 東のRIOT等と称されました。私はここの初代ボーカリストのガイ・スペランザが大好きです。知ったのは、79年発売のNARITAからですがこのガイ・スペランザ在籍時の3枚のアルバムも一生聴くんだろうなと思います。特に、81年に出ました「FIRE DOWN UNDER」は曲の内容、曲の並び、疾走感と高揚感は本当に素晴らしくて、筋トレをやるときの勝負曲満載でこのCDをかけながらだと上がらない重量も上がる気がします。リマスターで音質UPを期待したいですね。
fdur.jpg

nrta.jpg

rcty.jpg

・へヴィーローテーション

2018年02月01日 21:54

・昨年発売されたSuchmosのセカンドアルバムTHE KIDS これはもう本当に素晴らしい作品でメガヒットしましたね!メンバーは私の息子達と同じ世代です。作品を出すたびに良くなってきているのでサードアルバムがとても楽しみです。
712hy3WjnNL__SL1094_.jpg

・そこで遡ってジャミロクワイは特にこの2枚がイイですね!
RQL0o.jpg
40638.jpg

・話は全く飛びますが、GARY MOORE ギャリ―ムーは78年~79年のシンリジィーとコロシアムⅡ、自分のユニットの間を行ったり来たりしていた頃が一番いいですね!切れ味が鋭い。
backon7.jpg

・何の脈略もなく飛びますが、私はZAPPAが大好きです。フランクザッパの作品も時として好みが変わるんですが最近はSLEEP DIRTの曲の並びがとっても心地よく響きます。ジャケットはゴジラに出てきたヘドラなんですね!
zappa_sleepdirt.jpg

・こういう深く広く掘り下げた解説書を読みながら聴くのもZAPPAならでは。
IMG_9778.jpg

・昨年の秋くらいから大阪、名古屋、東京と色んなギターを見て弾いてきました。当初の予想とは打って変わって、一番ピーンと来て勢いを感じるクラフトメーカー1社に決めて現在交渉している最中です(^^) さてさて、どういう風に話が進んでいくのでしょうかとっても楽しみです。(^'^)
srghdh.jpg
srtfh2.jpg

・エレクトリックギターの考察 4 T's Guitars ネック、指板編

2017年10月19日 08:37

どれもこれも目移りがしますね~
・このギターの指板の感じ良いですよね!ペグはロックタイプですね。
tugydj.jpg

・こちらも上質感満載で良いですね。
fhukk.jpg

・ハイブリッドタイプも出来るんですね!凄い!
srgg.jpg

・エボニ―は今まで所有したことが無いのでとても興味があります。
gxdhjj.jpg

・これなんか杢が出ているんでしょうか?凄いですね。
rtsyh.jpg

・今年買ったダンカンストラトもローズの杢が出ていました。これもイイですね。
hilvhl.jpg

・スポルテッドメイプルのこれなんかも良いなぁ~ ヘッドも素晴らしいです。
yuikk.jpg

・エレクトリックギターの考察 3 T's Guitars カラー編

2017年10月14日 00:21

・ギターの造りに関してこのブログをご覧の達人の方からのアドバイスを頂戴しておりまして、かなりこれまでと違った見方を教わりました。ありがとうございます。

・昔からオーシャンターコイズ系の色が好きで腕時計も文字盤が近い色を探しました。これは総チタン製で発電する時計です。
IMG_9171.jpg

・このギターの角の部分の色合いなんかは素晴らしいですね。
ujj.jpg

・こちらの質感なんかも溜息ものですね(笑)
tik.jpg

・これは少し退色した感じのオーシャン色がキルトの杢目を一層際立たせていますね、それにホワイトパールのピックガードを合わせるセンスが素晴らしいなぁ!ヘッドのイルカのマーク!オーシャンをイメージさせますね。
[

・そしてこの色味です、この素晴らしい質感を伴うグレー!。それにしてもこのギター良いですよね、オーダーした人はセンスが良いですね~ピックアップがカバードタイプというのが大人の魅力です。
y8ifk.jpg

・エレクトリックギターの考察 2 T's Guitars

2017年10月11日 20:29

・もしもフルオーダーメイドしてギターを造るとなると材の指定からすることになるわけで色々と数ある工房の作例を眺めていますが自分の好みにグッとくるギターを多数制作しているのがT's Guitarsでした。そこで公式サイトから色々と情報を集めてみました。

・トップのメイプル良いですね~、メイプル指板にアバロンも。
tghdh.jpg

・このギターも素晴らしい。
fyuky.jpg

・他のブランドのベースですがこういうランダムな杢目が良いです。
fgm.jpg

・これは上品でカラーに良くマッチしています。指板とヘッドもセンスいいなぁ。
9p;

・見るからに完成度の高さが窺える仕上がりですね。素晴らしい。
dtyujk.jpg

・杢目の濃淡とカラーマッチングが素晴らしい!ため息が出ますね。
7iuytk.jpg

・エレクトリックギターの考察

2017年10月02日 22:31

・最近の特に山野楽器の代理店契約解消以後のフェンダーとギブソンって価格が高すぎますよね。それ以前の、たとえば私が持っているカスタムショップ製のストラトなんかも、客観的に見て、値段を自分で付けるとするとせいぜい25万円位かなと感じます。しかし、定価は当時で35万円前後「ですからいかにブランド使用料が高いかがわかるような気がします。先日、k,nyui製のショップオーダー35万円也のテレキャスターを拝見しましたがため息の出るようなぜいたくな材と造り込みで惚れ惚れするくらい上質なギターでこれは充分に価格以上の逸品だと感じさせる品でした。

・実際に自分が購入しようかと考えると既製品やイージーオーダーでは細部の仕様に”ここをもっちょっとこうして欲しい”などがどうしても出てきます。そこで一から指定してフルオーダーメイドではどうかと色々と見て回るに定価ベースで45万円~50万円あれば国産の物凄い精度で贅沢な材を使ったギターができるのではないか?、、、色々と、気になる工房があって、クレイジーKENの小野瀬さん、松原正樹さんのCOMBAT GUITARSやpsychederhythm、CREWS MANIAC,FREEDOM, Sugi,STR等々、今までほとんど未知だった世界ですので今、情報を集めています。先日、オークションやWEBショップで集めた画像ですが中々いいなぁ(笑)
Combat_Guitar_MS_Series___Hawaiian_core_SSS02.jpg
Combat_Guitar_MS_Series___Hawaiian_core_SSS03.jpg
Combat_Guitar_MS_Series___Hawaiian_core_SSS04.jpg
DSC01602.jpg
DSC01632.jpg
DSC01644.jpg
DSC01581.jpg



最新記事