アッテネーター対決2

2010年06月25日 22:04

Ex-Pro DM-Xというトランス方式では今のところ最新版にあたるアッテネータが格安で
オークションに出ていたので入手してみました。

一つ前のモデルでアッテネート量の大きなDM-05というモデルが良かったのでやはり
評判の良い最新モデルを試してみたくなりました。DM-Xは過去に楽器屋さんでギターや
アンプの試奏の際にKOCHやDr-Z等と試した機会がありましたが、やはり使い慣れた自分の
アンプとギターではどうなのか?と感じていました。今日着いたばかりで
色々な設定でいじくるのはこれからなんですが、さらに倍音や低域のリアルさがもう一皮
剥けた感じで凄く良いです。今日は久々にANALOGMAN SUNLIONを引っ張り出してきて
マーシャルに繫いでみましたがブースター、ファズ共にキャラがハッキリしていて
ヒジョーニ気持ちよく弾けてしまいました。また仕事が一段落しましたら
HOTPLATE,DM-05,DM-X 3台の動画を撮ってみます。

ANALOGMANのエンジニアはピンクフロイドのデイヴ・ギルモアが好きだそうですが
なんとなく解る気がします。私はヤンアッカーマンの72年~75年や全盛期のスティーブハウ
みたいなシンプルなサウンドで鋭角的で意外性のあるトリッキーなフレージングをする人が大好きです。
dmxang.jpg

カーオーディオ取り付け

2010年06月18日 11:56

KENWOODから5月に発売された最新式のカーオーディオを
仕事の車に取り付けました。USBメモリーを差し込むだけで
再生されるのですごく便利なんです。スピーカーは純正では
10センチしか入らないところに13センチの3WAYを無理やり
取り付けたのでドアの鉄板の加工をサンダーで行ったり、金具を自作したりし
ましたがすごく大変でした、もうやりたくありません!でも低域を少しでも
稼ぎたかったので結果は満足行くサウンドになりました。
ドアの中もデッドニングといって鉄板にあけられた穴をアルミテープやスポンジをつかって
ふさぐ作業もしました。めんどくさいのですが出音はワンランク以上(特に低域のレスポンス)
上がって上々でした。
kenwo01.jpg

KENWOOD I-K55ですが各帯域のチューニングがすごく細かく指定できます。LEVELだけでなくて動かす中心周波数を変えたり持ち上げるカーブのQまで指定できました。スーパーウーファーなんかは取り付けるスペースがないので3WAYスピーカーだけでラウドだけどタイトなローミッドが出せるように調整できました。

具体的にはZAPPA IN NEW YORK、ブラックページドラムソロでのバスドラやフロアタムの切れ味がボケないようにとか、BRAND XのXCommunicationというCDでのパーシージョーンズのスラッピングベースのサウンドがタイトに出るように行いました。ところでBRAND Xのジャケットセンスって最高ですね!クールですね!
newoudio.jpg

Taj MahalとJesse Ed Davis

2010年06月17日 23:50

忙しくて中々エレキもスポーツも時間が取れておりません。
最近、60年代後半のTaj Mahalなんかを聞いています、良いんですね~これが。
タジマハールという名前は70年代のストーンズ関係、zep関係のインタビューでも
彼らの口から異口同音に語られていた名前です。

リードギターはJesse Ed Davisが弾いています。
2曲目の”Statesboro Blues”を聞いてデュアンオールマンが初めてスライドバーを
持つようになったそうです。確かにギターだけでなくヴォーカルの影響もオールマンブラザーズに
は大きかったと思います。
tajim.jpg

さて、ココのギタリストだったJesse Ed Davis この人がまた最高です、いわゆる、アメリカの田舎地方(
スワンプミュージック)のエッセンス満点なのですがこの方自体インディアンということも影響してなのか
レイドバックしてとにかく肩の力がヌケまくったナントもいえない心地良さです。
70年と71年に出たソロが2in1で出ていました!2ndのululuは一度聞いてみたかったので
買ってみようと思います。ジョンレノンのステンバイミーでのスライドギターも彼なんです。
jesse.jpg


最新記事