近所の釣り場探索

2010年09月26日 23:00

つい先日お得意先の社長からHONDAのシャリーという年代物の50CCバイクをタダで頂いてきました。車体はそこそこヴィンテージですが走行が少なくエンジンが元気です、30年ぶりのミニバイクで近所の探索をしてみました。車体が軽いので少しくらいの階段なら担いでクリアできて突堤の相当奥の方まで入っていけました。

自宅からバイクで12分ジャストで”高津子山展望台”の頂上に着きます。50CCだと途中、ローでないと上れませんでした。天気が良くて海も綺麗です、新和歌浦の波止では夕方の30分間の時合いでタチウオが良く釣れていました。片男波の突堤の先端までバイクで行くとキス釣りの方がチラホラ。マリーナシティーまで走ってみましたが浜には釣り人が居ませんでした。
kataonami2.jpg

和歌浦の遊歩道にある”ほうらい岩”という足場の良い地磯です。投げ釣りでチヌが良く釣れるポイントです。大昔はこの一体でカレイがよく釣れましたが最近は温暖化で少なくなってしまいました。その代わりエギングでのアオリイカがよく釣れていました。
hourai1.jpg

おそらく凄い夕日が見えるんでしょうね。ここから眺める花火大会は絶景です。
sunset11.jpg

通称、水軒の埋立地です。小学生の頃は埋め立ては無く干潮時、地磯伝いに堤防まで危ない道を渡りましたが渡ってしまうと投げ釣り天国で水深があってでっかいマコガレイやキスがよく釣れました。サメやエイもよく掛かるので難儀した覚えがあります。現在はアオリイカとチヌがよく釣れていました。タチウオは水深があるので竿下で釣れるところです。今は釣りはしませんが以前は夕方の30分でタチウオを数匹釣って帰り釣りたての刺身をよく食べました。普通、白身の魚は釣った翌日の方が美味しいのが多いのですがタチウオは身崩れが早いので刺身は釣りたてが一番でした。
suiken122.jpg


NHK-FM Jimi Hendrix 特集

2010年09月23日 00:24

9月18日オンエアー ウィークエンドサンシャイン ジミヘンドリックス特集最高でしたね、ロンドンでヘンドリックスをリアルタイムで経験したピーターバラカンさんの語りもしんみりとしながらもリアルな逸話が満載で楽しめました。69年サンディエゴのレッドハウス、ツアーでオープニングアクトを務めていたソフトマシーンのメンバー曰くコンサート中盤でのレッドハウスは「毎回、毎回、観客の誰もが息を飲む瞬間だった!」そうでしょうとも、69年以降のブルーズチューンは思い切りダウナーで陶酔のトランスワールド!

エクスペリエンス ヘンドリックス社とエディークレイマーさんの今後の仕事に期待します、68年のウインターランドでの6つの公演のブートレグをもっておりますが音質がイマイチ良くない。今まで82年の炎のライブや2000年の4枚組みボックスなどで小出しの”超高音質”音源が確認されていますがそろそろ完全版をエディークレイマー監修とクリーニングにて出してくれませんかな~

電源を入れて30分、ギタリストなら誰もが蕩けてしまうような倍音が溢れ出てきます。
mrshall_sh.jpg

9/26追記 今週末にお楽しみセッションが行われますのでそのためのプリアンプセレクションを行いました。皆さんも良くご存知の海外ツアーから帰国されたあの方とのセッションです!初段から70年代の松下、松下、フィリップスにしてみました!リンディーのウッドストック'69、アビゲイルイバラの'69共に最高のサウンドです。
preampsection1.jpg

今年の夏は暑い!

2010年09月02日 22:14

今年の夏は本当に暑いですね!最近のへヴィーローテーションも熱いヤツを、、、

ファンカデリックの初期3枚、、、ジミヘンとスライに影響を、、、というかショックを受けたんでしょう。この3枚と"Hardcore Jollies"が大好きです。
funkad1.jpg

フランスのクリスチャン・ヴァンデ率いるマグマの黄金期、ヤニックトップのベースが物凄い!このグループは本当に凄いナ~
mag1.jpg

そしてイタリアのアレア。インプロヴィゼーションのヒントの宝庫、オリジナルアルバム全てが芸術なんです
area1.jpg

これらは自分の中でのベクトルがヘヴィーダークな方向に振れた時に良く聞くグループです。

9/19追記
コメント欄でニャロメさんがご紹介してくれたメイシオ パーカーのライヴを早速入手しました。
クールですね!JBの「BLOW MECEO HIT ME!」が聞こえてきそうです。ニャロメさんありがとう!
maceo.jpg

リンディーフレイリン Woodstock'69 換装 3

2010年09月01日 23:26

・このところ毎日、ジミヘンのピックアップを作ったアビゲイルイバラさんのfender'69と
今回装着したリンディーさんのウッドストック’69を代わる代わるmarshallに
プラグインして弾いています。ヘイジョーとかレッドハウスでキャラの差を比べるのが楽しいんです。
woodst1.jpg

fender'69ピックアップは2007年に巻かれた物ですが、過去所有、又は試奏した全く同じfender'69物の中でもダントツに派手なサウンドの出る個体で個人的にヒジョーにお気に入りの物です。リンディーのウッドストック'69もフェンダー'69もジミヘン系というより60年代後期仕様の特徴として、巻き弦をヒットした時のローエンドの「ゴーン」と倍音の「びぃぃ~ん」又は「ひぃぃ~ん」というのが同時にくることです。

高音弦、特にレッドハウス頭の2弦なんかのチョーキング音なんかはホールピースの仕様が違うのにサウンドはそっくり、フェンダーの69の方が普通の音域で云うところの高音は良く出ます、ところがリンディーの方は超高音域というか倍音が凄く出ているのが特徴で、偶然性の高いフレーズなんですけどスラッピングしながら突然出るハーモニクスにワウをかけながらアーミングするとこの世の物とも思えぬサウンドで脳天が痺れます!ピックアップの差同様に2本のギターの持つ個性の差が楽しいです。
woodst3.jpg


セッティングも色々試しましている最中で、今はもう一方のイバラ69のピックアップと弦との距離を参考にして高さを設定しています。ところで、シングルコイルの直流抵抗値はテスター自体の内部抵抗の差にも寄りますが、同じ測定器で同じ個体のピックアップを計測した場合も真冬と真夏では5~9パーセントも誤差が出る場合があります。夏の方が大きい値になるようです。
woodst2.jpg




最新記事