ポットの残留抵抗とキャパシター選別

2010年10月31日 00:33

台風が逸れて助かりましたね、しかしエライ風で練習にならないので夕方まで仕事をしました。過労気味で腰が痛いので昨日今日とトレーニングはお休みしてさっきまでギターをいじくりました。

先日購入したCS'69ブラックメイプルの3つあるポットの残留抵抗値を調べました。スルー時の残留抵抗ができるだけ少ない物をマスターボリュームにしたいというわけで計測するとVoが28.5オーム、ネックトーン19.1、ミドルトーン16.8ということでしたのでマスターとミドルトーンを入れ替えました。(計測は全て配線を外してから行います)次に、キャパシターの選別をしたい、、、
cpo1.jpg

ギターの配線部分はハイインピーダンス領域ですので配線材料や接点スイッチ、ターミナル、鰐口グリップなどの影響がモロに出ますので本来は使用する環境どおりに1個ずつ弦を外し、ピックガードを外し、ハンダ配線した上での比較が正しいのですが多くの種類、容量を聞き比べるには大変です。そこで、写真のようにスズメッキに鰐口をハンダしてエンパイヤチューブに通してピックガード外に端子を出して比べてみました。引き出し線をヨリ線にすると線材の(表面積×長さ+ヨリ線同士の静電容量?)影響でハンダしたときと物凄く違う(比較時に感度が鈍いような印象)印象になるので細いスズメッキ単線で行います。
cpo2.jpg

実は昨日の夜リンディーではヨリ線で行ったので試した時と確定、配線したあとではかなり違って聞こえました。リンディーの付いている2002CS'69はポットの計測はまだなので次回もう一度キャパシターを比べてみますが一応dilectron 0.05μをつけました。
cpo3.jpg

それで、今日のメインはブラックメイプルのイバラさんピックアップの相方探しです。沢山ある中でKCKセラミック、CS純正0.1μ、パナソニックのメタライズドポリエステルコンデンサの3つに絞って比較、KCKにミッドローを強化した感じのパナソニックにしてみました。次に容量の比較ですが、0.033は中低域不足、0.1は明らかに低域がボワつきスプラグのオレンジのよう、0.047と0.068でかなり悩みましたが倍音タップリで上のチョイ下辺りが枯れているのと低域のタイトなパンチ力が貼りメイプル特有のアタック後のゴリッ、ギャリンという迫力あるローミッドを強調していて弾いていて凄く気持ちよかったです。

今回試した中ではニッセイのポリプロピレンはレンジがミッドに凝縮され倍音不足でした。ファズでの場合はカップリング用途だったのですが今回とは逆にハデで賑やかな音だったのがバイパスコン用途ではこうも変わるのかと感心しました。パナソニックは耐圧が数種類あるようですが私の試した物は1個数十円の630V耐圧でした。各容量ともとにかくリッチな倍音が魅力です。容量でピークとなる帯域が明らかに変わるのもわかりやすくてGOODでした。
cpo4.jpg

最後に腐食の原因になるフラックスをホワイトガソリンで除去します。ハイインピーダンス領域での配線は引き回しとハンダ付けの良し悪し、それにスイッチや接点などにどれだけ良い物を使うかでサウンドに相当な差がでます。自作オーディオなんかではアースのとり方がとても重要だったりします。ポット背面のハンダ付けには60Wのコテでしっかりと流れて表面が艶々になるハンダ付けでないとボソボソ言うノイズの元になったりします。美しい配線=良い音といっても過言ではないと思います。出力のアースがミドルトーン背面なのも場所による差があるように思えるから試しています(2007CS69が物凄く暴れるようになりました)
以上は全て'71年製Marshallと78年製1960Aキャビネット、アッテネータEx-pro DM-Xでの考察でした。
cpo5.jpg

ミナミを散策

2010年10月27日 00:04

きょうは久しぶりに大阪市内で仕事でしたので帰りにいろいろと散策してきました。

先ずは、関東のさとぅさんの代理で工芸ガラス細工職人作のスライドバーを拝見してきました。
道頓堀にある楽器屋さんなんですがここの店長さんが特別に職人さんに作ってもらっている一品で、netではお値段も公開せずに通販もなし、店頭でのマンツーマンで実際に弾いてもらって良さを十分知ったうえで買って頂きたいという今時珍しい本物探求のお店でした。

素材の特殊性や製造過程でのご苦労話や新しい素材探求などについても店長さんはとてもフレンドリーに優しく何でも教えてくれました。残念ながら詳しくはここでは書けませんが店頭では
何でも教えてくれますので興味のある方はぜひ一度行って見てください。私自身、スライドプレイはからっきしですのでなんのレポートにもなっていませんが、出てくるサウンドは普通のガラスバーよりも丸くてメロウなんだそう!見た目は写真よりもずっと綺麗でしたよ!お値段を教えてもらいましたがエッそんなに安いんですか?とおもわず聞き返しました。

JAKEさんのリバースホワイト貼りメイプル&ジミヘンストラップを見てやっぱり非常に正しいお姿だと感心しつつもウズウズモジモジ、そこでアメ村の楽器屋さんでヒッピーストラップを見学してきました。JAKEさんと同じウッドストックのレッドはあいにくありませんでしたが他に裏がスウェードで表地が'67starsといわれる柄でピンク基調のモノを発見!物凄く良いな~エエナァ~とさんざん眺めましたがあまりの立派なお値段に見事退散してきました。
67sta.jpg

今日は見学が主な目的でしたが帰りに日本橋のパーツ屋さんでコンデンサを数本買って物欲を満たしました。250円くらいで大満足の一日でした。

容量は0.033/0.047/0.067のポリプロピレンフィルムコンデンサです。昔は一様にマイラーコンデンサといわれていたんですがいつの頃からか製法や素材が区別されるようになりました。ファズやワウで散々試したニッセイ、松下、東信のを買いましたが中々良いコンデンサなんですよ。

この3つは在庫限りの廃盤ですのでこれからはチップタイプのように小型化されるのかな? とりあえず、リンディーwoodstock69の音決め用です。先日のブラックメイプルは現状で素晴らしく鳴り出しましたのでしばらくはこのままで。

そうこうしていたらドップリ暮れて通天閣がきれい。次に、クラブメイトのツヨポン邸で忘年会の打ち合わせ後、長男の下宿に寄って焼肉屋に、、、ちょっとは遠慮せんか?というくらい食ってましたわ。
capacitor47.jpg

愛媛のデリーさん優勝おめでとう!

2010年10月17日 20:36

・今日、広島県で行われておりました全日本サーフキャスティング連盟主催の
キャスティング大会で普段親しくして頂いております愛媛の”デリー”さんが
見事優勝されました!
zencas1.jpg


大会直後でお疲れのところ無理を言って優勝盾と結果表を送っていただきました!
(私も5年前のこの大会では勝たせて頂いたのがもう大昔の遠い出来事のよう)
zencas2.jpg


仕事が忙しくて1ヶ月間練習ができていなかったそうですが、大会で見事に結果を
出すあたり流石だと思います。親身にサポートしてくれる仲間のおかげですとのコメントも。

来月のトップキャスターズトーナメント(静岡県)では私も四国軍団のメンバーと同じ宿ですので
今から楽しみにしています、優勝おめでとう!お疲れ様でした。きょうのビールはさぞかし美味いでしょう!

FENDER CUSTOM SHOP '69 STRATO BLACK MAPLE

2010年10月14日 00:45

10/5の夜何気なくいつものデジマートをサーフィンしておりました。次はレスポールとか思っていたのですがやはり良いな~と思ったゲイリー売却のグリーニー59年のフルレプリカは80万円!国産枯れまくりのナビゲータも梅田のカスタムショップに赴きましたが材の指定、フルオーダーで40万円強、やっぱり敷居は高いです。そこでお手ごろな価格の1974年~1975年くらいのmarshall 100wをと思いサーチ、そこに超お買い得値のフェンダーCS '69 BLACK MAPLEを発見しました。程度はミントでしたし安いのでこれは速いだろうなと感じていました。ちなみに後で判ったことですがこのギターは夏ごろに東京の某ニコニコ~というお店で私が買ったお値段より1万円高い値で出ていた物でした。写真のネックの木目で確信しましたが、ケース内部にも前オーナーの領収書が入っていました。

翌日のこと、さとぅさんにこれ買うかもしれませんとメールするとなんとその楽器屋さんに出向いて行ってチェックしてくれるとの嬉しいお返事を頂戴、お言葉に甘えてお願いしました。主にネックの状態がとても気になりましたのでチェックしていただきましたが、こちらが思った以上に物凄いシビアなチェックと試奏をしてもらい問題ないですよとのメールに安心して購入することが出来ました!わざわざ電車に乗って行ってくれたのですが丁度そのお店にはチェックしたかったドプロ、ナショナルギターがあったとのことでこちらも助かりました。ありがとう!

2003年1月の製造ですがあまり弾かれていなかったようです。
sss1.jpg

良く見ると小さいキズはありますが私のレベルで言うとほとんど新品状態です。
sss2.jpg

わざわざ店長さんが発送前にダダリオの10-46を張ってくれたのですが、先ずは分解清掃、ピックアップの直流抵抗値の計測も行いました。5WAYのスイッチでしたので付属していた3WAYに換装し配線類も全てハンダを抜いて配線再ハンダをしました。

イバラさんのピックアップマイクのサインが良い味出していますがこの個体はパワフルでした。そして次はネックの組み込みを、、、ネック側のネジ山を潰さないように慎重に組み込み人間トルクレンチです、、、次にブリッジの分解と再組み込みですがこれも自分流の方法があります。

実はこのギター最初来たチョッパなは少し'69にしては少しおとなしい印象だったのと3弦の開放がまるで鳴らない状態でしたがネックとブリッジの再組み込みとナットの溝の清掃でパワフルでやんちゃなサウンドに生まれ変わりました。それとこれを機会に全てのギターのスプリングを4本にしました。
sss3.jpg

スミスのワックスで磨くとピッカピカになりました。ヘッドの木肌も綺麗に浮き上がります。この仕様のヘッドとロゴは68年から71年の前半までの仕様です。
sss7.jpg

ホワイトの2002年もそうなのですが、この時期のCSのネックの木取りがとても気に入っています。透かすと上品なフレイムが浮き上がります。ネックの反り、捩れ、ハイポジ起きも全くなく一安心です。ネックのシェイプですが2007年の若干ゴツイCシェイプに比べると2002、2003は心持ちスリムに感じます。私はフェンダーのフレットの高さと指盤のアールに慣れていますので高さの高いフレットや平らな指板はシェイクハンドがやりずらくて苦手です。
sss8.jpg

おんなじタイプのギターですが1本1本サウンドもタッチも違うので日替わりで順番に弾いていますが なんか、オタク道まっしぐらのようです。私のようにフローティングさせずにチューニングの狂いを最小にジャキジャキのサウンドでというご同類の同志諸兄、色々と情報交換いたしましょう!
sss9.jpg

ようこそ我が家へ、さとぅさんがやってきた

2010年10月13日 21:47

どうも、こんばんは。このところ休日返上で仕事をしておりまして曜日の感覚がまるでなくなってきました!昔、1年間に329日仕事をしたことがありますがさすがに今はおっさんになって体力的に無理です。
少しご無沙汰していましたがその間色々と楽しい出来事がありました。

先々週の週末、我が家にさとぅさんが遊びに来てくれました。アメリカー~ペルー~メキシコと9ヶ月間の長い長い旅を終えて間もない時期の来訪でした。思い起こせば私が酔っ払って弾いていたvoodoo chirdの動画をweb上でご覧になったさとぅさんからのメールが最初のきっかけでした。実は昨年の秋にという話も有ったのですが私の都合が合わず流れていました。
サウンドチェックに入念なさとぅさん marshall 1959とthe twinを試してもらいましたが、マーシャルはハイがきつすぎると仰っていました。我が家に来られた方は大抵皆さん赤ノブのほうが弾き易いと言いますね。
ssdt3.jpg

さとぅさんのギターは造りの良さで定評のあるヴァンザンドの中でも特別に30本限定で作られたバタースコッチの50年代モデルです。かなり高価なモデルで私も初めて弾かせてもらいました!ネックもボディーも申し分のない造りです、さらにピックアップの出音が凄く繊細でテクニックのある人には堪らないギターでした。弦高が私のストラトが低いので同じ01-46ゲージでしたがさとぅさんは私のゲージが随分細く感じたようです。ペグの高さに対してブリッジのコマが下がるとテンションが弱くなるのでそう感じられたのでしょうね。私はガサツで大雑把、おおよそな調整でもそこそこ鳴るアメリカ製のギターが好きなのですがさとぅさんは正反対でフジゲンやヴァンなどの高品質、高精度のものが好みなんだそうです。

私もストラトしか持っていないオタクですがさとぅさんもテレキャスターばかりそれも殆ど同じ色というオタクぶりです。人類を5つに分類したら二人とも間違いなく同じカテゴリーのお隣に座ってるタイプです。他にも安く買ったスクワイヤを自分でいじって素晴らしい音色に仕上げたそうで、これぞギターマンの醍醐味!見習いたいですね。実はアナログマンのサンライオンは初めさとぅさんからこういう素晴らしいペダルがあると教えてもらって、え~何というギタリストだったかな?それを使う名人ギタリストの音源まで頂戴しましてそれを聞いてからずっと探しておりまして昨年運よく新品を購入できたという具合なんです。

で、さとぅさんが弾く生のスライドギターを思う存分堪能させていただきましたよ!ご自身で作詞作曲もされるだけあってコードの知識や英語の歌詞の解釈まで奥深く追究されていました。正味4時間弱と限られた時間でしたので充分に堪能していただくには程遠くあまりおもてなしも行き届きませんでしたが、そんな中でも色々とご自分のエフェクターと私のサンライオンとの対比など試されていました。たったの4畳しかない狭い狭いチキンチャックに大の大人が二人も居るとホントに狭かったですね!実はあの部屋は2軒あるお隣の一番我が家に近い窓とあの部屋の窓との距離をレーザー距離計で計測してありまして、この時間帯ならこのボリュームまではokとか実際に長男にギターを弾かせて私がお隣の直前で録音計測したり、窓を防音壁でふさいだりと中々細かい努力を重ねてあります。一般的なお隣との距離と違い少し離れているのも好都合なんです。でも一番のチャンスは台風暴風雨の夜です。
ssdt4.jpg

和歌山の夜は長くそして人が居ない、ということで私の生まれ故郷のシャッター通り商店街(通称ぶらくり丁)を二人でブラついてから高校の同級生がやっている居酒屋さんで夜の部をスタート。私の生家はこのお店の斜め前に1971年までありまして私の親父も嫁の親父さんもここの常連でした。魚の好きなさとぅさんも大変喜んでくれるくらい新鮮で美味しい魚が盛りだくさんでした。さとぅさんのブログに詳しくレポートされています。

一杯やりながらいろんなことを話しました、長崎に長らくお住まいのあと進学のため東京に。丁度私が公私共に大変お世話になっていますキャスティングの先輩で東京のT田さんの大学の30年後輩にあたられるとわかりとても驚きました。今までロンドンやサンフランシスコにも長らく滞在されたお話も伺いました。羨ましいのは英語、スペイン語が堪能なためjimiやzappaの歌詞を直ぐに理解できたり、、、zappaの歌詞のバカバカしさには笑ってしまいましたよ!パープルの「俺の車は速い」とおんなじでした。

翌日は大阪で行われるご友人の披露宴でスライドギターと歌を披露されるということでしたが時間の許す限りというわけで自宅近くの景色の良い周遊道路にフォトセッションに出かけました。
あいにく一番天辺の展望台へは車ではいけないので中腹の展望台へ、
人口密度ゼロだ!とはしゃぐさとぅさんはやおらギターケースから愛機を取り出して弾き始めます!凄く天気が良かったので最高の一日でした。しかしねぇ~どこへ行ってもホントに人が居ないよ、和歌山大丈夫なのか?でもね大阪ミナミまでは電車でも車でも1時間、物価が安くて魚が美味い!冬でも暖かいし住むには最高なんですよ(^ム^)
ssdt2.jpg

今度来られる時は”マーシャルの壁”を少しでも完成させておきますね。最後になりましたがこれからもワールドワイドなご活躍を期待しております!

次はちょっと南の方まで(1時間半ほど)足を伸ばして是非こういう温泉にでも浸かりに行きましょうかね。
shirahama1.jpg





最新記事