Ambassadeur 5000C DeLuxeのパーツを移植

2010年12月26日 00:31

・最近は市内各所で30センチ~40センチくらいの「マサバ」が釣れておりまして釣りたてホヤホヤを頂戴したのでさっそく刺身にして頂きました。”甘くて”最高でしたよ!釣りたては刺身ですがシメさばを作ってもらって後日頂くのも最高ですね。

・コーナンで新しいリールボックスを買ってきました。以前のより一回り大きいのを買ってきました。
reelcase1.jpg

・リールが6台くらいは入る大きさですので新たに競技用のリールを2台作りました。東京のT田さんから頂いたブレーキパーツを取り付けた新しい赤いアンバサダーに岸和田のY田さんから以前頂戴したAmbassadeur 5000C DeLuxeからハンドルと純金メッキのパーツ類を移植しました。見た目がゴージャスになりました。
csmag001.jpg

・もう1台の方もグリーンの平行モノ4500CSを競技用に改造しました。これもアタリ個体の様で最初から最後まで”無音””美サイレント”です。これらについてきた4000番のノーマルスプールが2個あるので正月休みに削って軽量化する予定です。いまそれ用の研磨用治具を作っているところです。芯を削りすぎると強度低下と投擲の後半でのスプールの回転抵抗が増えるのでラインキャパを確保しつつ”そこそこ”に落ち着けないといけません。中々難しいーのとノギスとにらめっこ、眼鏡を着けたり外したりがとってもメンド~なのです。
csmag002.jpg



Jimi Hendrix 三昧

2010年12月07日 22:46

めっきりと寒くなりましたね、色々と忙しくて中々じっくりと机に座る時間がありません

West Coast Seattle Boy-The Jimi Hendrix Anthologyもう聴かれましたでしょうか?disk1はデビュー前のセッションマン時代ですが1980年の没後10周年時に雑誌でこの手の特集が組まれました。友人にリトルリチャードやアイズレーブラザーズのコレクターがいて聞かせてもらったのですが当時はピンと来ませんでした。
がしかし、流石はクリアネス作業後の音源だけに音質は良いですしプレイ内容もその後を彷彿させる
瞬間が多々ちりばめられています。一方、disk2,3,4の内容の方はこの10年の間にオフィシャル、アンオフィシャル
物のレア音源を聴いてきた身ではあまりオッ!とハッ!とする瞬間は残念ながらありませんでした。

前回の"Valleys of Neptune"が凄すぎたというのが影響しているのかもしれませんね。昔々、jimiのLIVE音源は寄せ集めだが名盤だった"HENDRIX IN THE WEST"と"BAND OF GYPSYS"しかなく、モンタレーはオーティスレディングとのカップリングLPという形で出ていました。

1982年、忘れもしませんがこの年に出たアランダグラス、プロデュース邦題”炎のライブ、THE JIMI HENDRIX CONCERTS"この盤のジャケットを見ながらストーンフリーを聴いた時はあまりのカッコよさに唖然としました。

ポリドール盤のアナログLP"ワイト島のヘンドリックス”はノイジーな音質、ダウナーで退廃的な雰囲気が独特で結構好きだったのですがこれも後年、エディークレイマーによる執念ともいえるクリーニング作業とリミックスで"BLUE WILD ANGEL"として復活して私的にはフェイバリットなんです。

2000年の没後30周年事業として出た"The Jimi Hendrix Experience 4CD Box set"これが当時凄い衝撃でこんなレア音源が残っていたんだと驚きました。今聞いても音質も内容も申し分なくてこれもベスト5に入りますかなー。今回のリリースはこれを上回るか!と期待していただけにちょっと肩透かしを食いましたがまぁーこれからじっくりと聞き込んで行こうと思っています。

・RARE MP3というサイトをご紹介します。文字通り、レアな音源がロースピードでよけれは全て無料でダウンロードが可能です。UKのサイトらしい取り上げ方もマニアックでGOODです。
・ロニー・モントローズ 昔からギターテクとサウンドエンジニアリングには定評があります。

・BLUES CREATION 竹田和夫氏率いるグループのライヴを含む全盛期の3枚が入手可能。

・ノエル・レディングが後に結成したFat MattressROADというバンドのLPです。

"Jesse 'Ed' Davis"の3枚全てが入手可能です。

・NUTZ 邦題”センセーショナルデビュー”を含む4枚が入手可能です。

・GEORDIE AC/DC加入前のブライアンジョンソンが居たバンドの5枚分が入手できます。

・Thin Lizzy 2003年に出されたRare & Unreleased音源です。
他にもいかにもレアそうなジャケットがぞろぞろ出てきますので一度ご覧くださいね。

・Jimi Hendrixのウッドストックストラップを遂に買ってしまいました。
やっぱりこの柄にはホワイトが良くお似合いです、、、
hippie002.jpg

販売店の殺し文句「この金具飾りが特殊なんです」にコロッとやられてしまいましたがモノは質感が素晴らしくて裏がしっかりとしたスウェードになっていてフィット感が抜群でした。他に67STARSのオールドタイプも見つけましたがこれはブラックストラトに良く似合いそうでした。
hippie001.jpg

abuにUK製パーツを組み込む

2010年12月03日 23:30

今日は大変なお天気でしたので急遽仕事を休みにして先日買ってあったABUに
東京コスモのT田様から頂きましたイギリス製パーツを組み込みました。
"BlackDogTackle.COM"というお店です日本への発送もとても丁寧に行ってくれるそうです。
superknobby.gif

ロケットブッシュは私のリール(特注サイズのスプール)に組み込むには全長を1.8ミリ短く加工する必要がありますが、先端の径が丁度ベアリングのインナーリングの径と同じという凝りようでした。これは今度組み込んでみます。また、ベアリングはこちらで云うところのP5級なんだそうで、シールドを外してみるとなんと9つボールでした。ABU純正の7つボール、ミネベアNMBの8つボールが大体標準だと思っていたのでびっくりです。ミネベアの人の話では一般的に小径でボールが多いのは高回転に有利なんだそうです。ミネベアのクロム球は鋼球掴む保持器の曲率が浅いので良く回るんだそうです。
csetc002.jpg

主に自作改造の大部分がブレーキアッセンブリーとフレームのCT化です。
私のブレーキASSYのアルミパーツはクラブメイトのガシラさんが無垢のアルミから削りだして
作ってくれたものでして、中のネジも磨耗しないように「スプリュー」というステンレスのネジ受けが
仕込まれてあります。それまでは東急ハンズのアルミパーツを自分で削って作っておりましたが
形状に改良部分もあって比べ物にならないくらい良い仕上がりです。
csetc001.jpg

今回は初めてイギリスのASSY組み込みましたが重量は若干重いくらいで許容内です。こういうパーツで
今まで一番優秀だったのがNSCのA山さんが製作されたASSYでしてもっと細くて軽量、おまけに精巧でした。
csetc003.jpg

位置はココにつけました。投げた後、スプールの天端とシンカーを照準みたいに見ながら緩めるのでこの位置にします。
redmag009.jpg

redmag011.jpg

完成図です、今回とても残念だったのが頂いたCTバーが5000番サイズだったために組めなかったことです。
アルミならば短縮化しようと思いましたがステンを切断して再度ねじ切りするのはちょっと無理でした。
他にも競技用途のパーツが色々あるので覗いてみては如何ですか?
redmag014.jpg



最新記事