・2012 NSC選手権(スポーツキャスティング大会)に参加しました

2012年04月19日 23:42

キャスティング大会に参加するときはできるだけ前泊して行くことにしていますが楽しいのは津々浦々での食べ歩きと楽器屋さん探訪です。今回は前から一度行きたかった中華屋さんにてJSCF勢で作戦会議。うまかったです。現地の海岸線の風に当たりながら気に入ったCDをかけてドライブするのも最高で最近はこの2枚かな。
desa.jpg


試合の方は川ポチャ2発、あとの3発も全然話にならずリールも鳴きまくりこれでは勝負には程遠いですな。今年は5月に新設の遠州オープンも開催予定で、6月には加賀100万石まつりに合わせて北陸オープンと続きます。仕事柄この2試合には忙しく参加できませんが7月の浜松、9月の愛知、それから今年は久しぶりに10月の広島にも頑張って行ってみたいと思っております。みなさん今シーズンも張り切ってまいりましょう!

皆さんよく頑張りましたね、でも一番偉いのはちゃんと弟くんの面倒を見ているお兄ちゃんです!
2012nscall.jpg

・2012 遠州オープンスポーツキャスティング選手権大会

2012年04月17日 08:03

2012 遠州オープンスポーツキャスティング選手権大会開催要領

主催: ジャパンスポーツキャスティング連盟
協力: 日本スポーツキャスティング連盟全日本サーフキャスティング連盟
磐田市竜洋漁協振興会

1 日時2012年5月20日(日)
集合午前7 : 0 0 競技開始午前7 : 3 0 ~

2 場所静岡県磐田市駒場天竜川河川敷グラウンド地図: 別添参照

3 競技種目
本大会の競技ルールはJ S C F ルールに基づきます。
種目リール力糸道糸オモリ備考
女性固定3-16 2号25号フリー(フィッシングスタイルも可)
第1種回転なし7号30号フリー
第2種回転3-16 3号30号フリー
第3種固定なし5号15号フリー
第4種固定3-16 2号15号フリー
第5種固定3-16 2号25号フィッシングスタイル
第6種固定3-16 2号25号フリー
※ ファールラインは当日発表します。

4 費用
・参加費2,500円(ビーパー貸出料含む) シンカーは各自持参。
※ 事前に指定シンカー・指定道糸・力糸を用意できない方には, 当日別途販売いたします。

5 申し込み等
・当大会への参加にあたっては事前に申し込みをお願いいたします。
・締め切り2012年5月17日(木)
・申込方法氏名,クラブ名,連絡先,参加種目を明記の上以下のFAXまたは、
メールアドレスに,題名を「遠州オープン申し込み」としてお申し込み下さい。
プロジェクト事務局石嶋良規
FAX 050-3437-2302 事務局携帯090-3428-0847
E-mail : jscf@office.nifty.jp 携帯mail:jscf@softbank.ne.jp
※ 広域にわたる上部団体に所属する者については, 原則所属団体を通じての申込みをお願いしま
す。案内の無い場合は直接の申し込みも受付いたします。

※エントリー後,都合により欠場となる場合には必ずご連絡願います。

FAZZ FACE MOD スダレヤさん改造バージョン

2012年04月09日 23:50

・以前ご紹介しましたMaeshall STUDIO 15のプリアンプ改造を果敢に行っておられたスダレヤさんがさっそく当記事をご覧になりご自身で改造を行ったとの事でさっそく画像を頂きました。いつもながらの素早い行動力には感心致します!

・先ずは改造前ノーマルの基盤、90年代リイシューの最初期のものと思われ、hfe計測の結果私のよりもさらに良い選別品ということが分かったそうです。
sudareya02.jpg


・そしてこちらが改造後の基盤。なんと私のを参考にそっくりに作ってくれました。Q2負荷をカーボンコンポジションに、ファイナルのCはオールドのMKT1813にこのファイナルを色々入れ替えるととても面白いですよ。倍音タップリにはMKTオールド、ミッドをタイトにアナログマンライクなのはzosoフィルムという具合に。2つあるケミコンもこの回路ではかなり重要ですがここはあえて廉価品を使う方が狭帯域のまんまでよりらしくなります。つまり変えないのが吉。
sudareya03.jpg

・そしてこれが全体図、それにしても素早く綺麗な仕事ですなぁ。CTS製ポットなのも雰囲気抜群!自作69FUZZも良いですがやっぱり赤い円盤のこの形がナントも最高です、ストラトーマーシャルーワウーファズフェイスなんという魅力的な組み合わせなんでしょう!
sudareya04.jpg

・ここからは私のFUZZ FACE画像です。どちらも"クチアリ”で”DALLAS ARBITER ENGLAND"というシールが貼ってあります。ツマミは後に交換したものです。マーシャルをバックにパチリ。私のお気に入りはこのロケット型ツマミの方でhfeが100と105、ハイゲインですがキレがあって歪みの深さは丁度別途入手したアナログマンのサンライオンと同じ感じです。
ffc001.jpg

・裏にシールが貼ってありモリダイラがダンロップに製作を頼んで日本に輸入しましたと書いてあります。シリアルのような記述があって、その方面の専門ではないため憶測ですが91年セプテンバーの第何週~みたいに思えてしまいます。確かに私のもCTSポットデートの刻印と一致しています。

このリイシュー物は比較的リーズナブルなお値段でオークションで入手可能ですがやはりご紹介した改造は不可欠です。その他に、海外の好き者のおじさんが一念発起し通し番号までつけて売り出しているものもあるのでこういうのを入手して解剖してみるのも楽しいと思いますよ。

この90年代モリダイラ輸入物に使われているNKT275はフルに歪ませた時のエッジやボリュームを絞った時のイナタイドライブ感がサンライオンに使われている'60sホワイトドットにとても似ています。以前ギャレットさんで沢山買った細身のNKT275はもっと中低域が膨らむ感じなのでキャラがかぶりません。

日本のトランジスタは一つの品番は開発した一つのメーカーの製造品だけしかないのですが、海外ではある品番で何社からもリリースされていたり、リイシューの度に製造メーカーが変わったりするのが普通ですからこの辺がつかみどころがない所以ですね。
ffc002.jpg

・茨城のキャスティング大会に参加してきました

2012年04月08日 23:01

・大阪高槻市で皆さんに稽古をつけてもらい,,,
1326529743.jpg

・日立の海岸線なんかも眺めつつ,,,(東海村~水木海岸のあたりをドライブしました)
CIMG0754.jpg

・念入りにチューンナップした愛機を引っ提げて,,,(本番、ブレーキ作動せず、泣,,,)
CA3K0024.jpg

・英国から密輸したという禁制品を持つライバル達と一戦交え,,,(じんなげさんのマシーン、無音でした)
CIMG0762.jpg

・札幌の友を茨城空港まで見送り,,,(空港にF4Jファントム戦闘機が展示してありました。Y田君これを運転して帰ったら良かったのに!)
CA3K0025.jpg

・栃木で待つ友たちと日付が変わるまで盃を交し,,,(村ちゃん元気でした!)
CA3K0026.jpg

・銀座4丁目,,,(フェンダーの総本家)
CA3K0029.jpg

・御茶ノ水と駆け足で見て回り,,,
CA3K0030.jpg

・叔母夫婦のところにもお邪魔して
CA3K0036.jpg

・富士山を眺めながら帰ってきました。
CA3K0050.jpg

お世話頂きました皆様、本当にありがとうございました。全行程1700キロスムーズにロングドライブが楽しめました。次は4/15愛知県の会場でお会い致しましょう。

FUZZ FACE MOD 改造方法詳細

2012年04月02日 22:55

・SRV-Fanさんからのご質問にありました、WAH→FUZZ FACEとつないだ場合にワウが綺麗にかからないのはどうしてか?これはトランジスタのアンマッチングでたいていの場合は増幅率過多で飽和状態のためワウのシェイプが出ないという状態です。ならば、多少手を加えて増幅率を調整してやればよいということになります。
どちらも同じ改造を施してありますが、左の個体はトランジスタのマッチングが良くて長いキャリア中でも過去最高のサウンドが出る個体でファイナルのコンデンサも変えてあります。(写真は全てクリックで拡大)
fzmod1.jpg

ジムダンロップが確か90年代にリイシューした物でトランジスタも再生産のNKT275が使われています。具体的には入力からの信号を50kオームのトリマで制限するのが一つ。次にQ2のコレクタ側の負荷を軽くして全体のゲインを下げるのが2つ目のトリマ。具体的には回路図内の赤い斜め線のところのパターンをカットして新たにトリマ用に穴を開けそこにトリマを挿入し配線します。
1fuzzfacepnpschematic.gif

部品実装はこんな感じ。Q2のコレクタ負荷はオリジナルでは8.2KΩですがこれを1KΩに付け替えておきます。
fzmod2.jpg

入力側のこの矢印部分のパターンをルーターで削ってカットしそれをまたぐ形で制限トリマ50KΩを挿入します
q1trmcut.jpg

Q2の負荷側は1KΩの直前でカットして10KΩトリマを挿入。オリジナル回路ではコレクタ負荷は8.2kΩですがこれを1k固定抵抗と10kトリマを組み合わせて負荷を1kΩ~11kΩ可変に改造します。ここの調整もQ1トリマの影響を受けます。私の機種ではQ2トリマを真ん中あたりにセットしトータル5キロ負荷ぐらいで立体感のあるハーモニクスガ得られました。ちなみに8k~11K領域ではモーモー言ってベタッとしたサウンドに。

q2ctcut.jpg

ワウを綺麗にかかる限界の位置、特にフロントピックアップでfuzzを最大にかけて綺麗にワウのシェイプが出る最大の位置にQ1のトリムを合わせればOKです。Q2も上記の方法でバランスをとってください。

あと、FUZZ FACEでのサウンドメイキングのコツですが配線材に高級品を使ったりプリント基板ではなくジャノメ基盤の直結方式をとると良いFUZZFACEだと必ず出る中域のちょっと上のハスキーでドライな帯域が消えてしまいますのでこれは絶対NGです。このリイシューFUZZ FACEは配線材はそのままで必要最小限の改変だけで済ませた方が良いサウンドとなります。皆さんもぜひチャレンジしてみてください。


最新記事