Lindy Fralin Woodstock'69

2013年01月16日 21:48

Lindy FralinのWoodstock'69ピックアップを乗せたFender CS '69ストラト(ややこしい)の弦の銘柄を最近色々と張り替えてサウンドの違いを楽しんでおります。ゲージは0.11からのセットが一番しっくりときます。マーシャルを30分ウォーミングアップさせておいて張りたての弦を鳴らす瞬間が堪りません。

ゲージもブランドもコロコロ変えるのでナットのところの滑りがうまくいかずチューニングが安定しません。どうもCSのストラトはゲージ0.10が基準みたいでこれだとプレーンがシャープせず安定。なかなか難しいな。
linfen69.jpg

KMTベアリングはキャスティング競技には使えるか?

2013年01月12日 21:15

先だって取り上げた中国製ベアリングのKMTベアリング(生産は中国、選別と販売は日本商社)。購入した30個のうち4個をランダムに抜き出してグリス抜き洗浄し数回の練習で使用していますがやはり69円という値段を差し引いても非常に良い感じです。

それで、残りの26個も本格的にグリス抜きして選別してみました。
・面倒だったので最初シールドをはめたまま洗浄
・溶剤はペイント薄め液を60度まで湯煎して2回換え最後にブレーキパーツクリーナで洗浄した。

溶液の中で1個1個回しながら洗浄すると茶色いグリスの油脂分が溶剤に流れ出してきてほぼ2回の液交換で完了したかに思えた。選別すると3割ほど回りの悪いのがありもしやと思いすべてのシールドを外してみた。やはり予想通り液温を60度に上げても油脂が抜けた後のグリスの石鹸基が残っていてこれが抵抗に。このまま知らずにオイルを挿して投げてしまうと熱とオイルと石鹸カスが微妙にコラボして取れない硬いカスに固まるのでもう一度洗浄してみた。

そうすると30個のうち2個だけが低い音の振動が手に伝わる個体がありましたが残りは全て素晴らしい回転でした。という具合でしたので整理してみます。

・最初のグリス抜きは揮発性の低い溶剤を湯煎してつかわないとグリスの基剤が残ってしまう(灯油がベストでそのあとシンナーで洗うのがベストであると某ベアリング商社の人に教わりました)
・お知らせしたようにシールドを片方外して脱脂しないと良い状態にはならない。
・すでに仲間のキャスター数人が数百個を発注済みですので今後耐久性などもわかってくると思います。
・ダメもとで、買う場合に先方の商社にキャスティング競技リール用途である旨を説明しグリスではなくオイル封入品が可能か聞いてみる→潤滑剤無しは酸化、サビの元に。
・ABUの純正7個玉、ミネベアその他の8個玉に比較してもひけはないと思う、9個玉なのでかどうか?回転も軽い感じ。
・1個69円はとても魅力なうえに使えるということもわかった。皆さんも一度使ってみてください。
mktbaring122.jpg

ベルギー製ガイドに換装

2013年01月09日 23:59

☆札幌のテッちゃんがベルギーから仕入れてくれた競技用ガイドのうち北国のKさんが1セット譲ってくれたので付け替えてみました。黒いロッドに黒いフレームとゴールドのリングとゴールドのスレッド(仮止めテープです)がカッコいい!
urg01.jpg

試しに今まで仮止めでついていたFUJIのガイドの重量を測るとトップガイドを除く、チタンとステン混在ですが6個で合計11.8グラム。(一番大きなガイドがHV-25Mで7.4グラム)
urg02.jpg

次にベルギー競技用が6個で19.4グラム。(一番大きなのが30ミリ口径の物で単体で11.2グラムでした)意外と重い結果となりましたがベイトですと25か20のバットスタートで良いかもしれませんしその場合だとかなり軽くなると思います。リングは多分ジルコニウムかな?とにかく安いので我々にはうれしい選択肢が増えました。
urg03.jpg

☆Voodoo-vibe Woodstock Setting☆

2013年01月09日 23:46

☆前に載せましたのはvoodoo-vibeのFillmore EastセッティングでしたがCD音源ではフィルモアよりも掛りが深いのが(ように聞こえる)woodstock settingです。というわけでやってみました。先ずはタイムレンジが正弦波の一番長いレンジに。レンジが長くなった分スイープのタイムをファインとシンメトリーつまみを短めにしてCDとシンクロさせます。あとはBIASでスイープの上り坂が長いのか下り坂が長いのか選んで決めます。不思議ですがスイープのタイムが同じような感覚でも今回のセッティングの方が1弦17フレのチョーキングのようなピックアップ出力が小さい信号でもクッキリ、ハッキリと深いうねりが出せたりします。ホンマ、この機械は調整の幅が無限で自由自在です。言い換えると初心者には難しい?持っている人はやってみてください。 ホンマ、エエ仕事してますな~ ロジャーメイヤーはん。
voodoo_woodstock_setting01.jpg

ラジオ(チューナー)で音楽を楽しむの巻

2013年01月09日 23:14

・年末息子の部屋のクローゼットからパイオニア全盛期のステレオチューナーTX8900Ⅱを発掘、そういえば何年か前にオークションで入手したままほったらかしでした。せっかくなのでパイオニアとトリオ並べて使うことにしまして分解、ケースは洗浄して磨き上げました。この機種はpioneerが自社で独自に開発したicが使われていてどうやらそれが故障しているのか?帯域のワイドナロー切り替えやマルチパススイッチとかの信号制御がうまく働きません。また、サービスマニュアルも未入手ですしSSGとかの信号発生器もないし自分の技術では修理は難しい状況です。とりあえずAM(MW)はきれいに入るので感度調整だけして設置しました。
89002.jpg

右のTRIO KT-1100ではAMのループアンテナの性能が素晴らしく感度がとても良いんですがそれに比べるとちょっと感度、選択度のキレ共に甘い感じがします。いつかちゃんと調整してやりたいと思いますがこういう昔のチューナで聞く音楽番組が大好きですね。音楽だけでなくニュースやトークでの声の深みというかリアルさというかそういう響きが素晴らしいと感じます。
89003.jpg

・パナソニックがサウジアラビアやアメリカで出している短波ラジオ付きのモノラルラジカセの中古をオークションで買い自分で洗浄調整しました。短波はラジオNIKKEIやロシアや中東の音楽に必要です。FM放送は日本では76~90でそれ以外の国では90~108なのでそれを下げるために基板上のFMーOSCコイルを調整して帯域を下げます。空芯コイルなので手でコイルの間隔を狭くして(インダクタンスを上げ)行きますが、あてずっぱうだと苦労しますのでもう1台のFMラジオの局部発振コイルからの漏れ電波をキャッチ(もう1台の方の受信周波数から10.7Mhz引いた値が実際の受信周波数です)して受信帯域を決めます。あとは感度調整をして終わりですが結局海外用のコイルを無理に下げたので低い方の周波数での局の感度が上げられずに断念。先日日本橋で日本帯域用のコイルと微調整用のセラコンを買ってきましたのでまた今度1からやり直すことにしました。短波の方は自分でトラッキングと感度調整をしましたので抜群に入ります。フェーディングとノイズに乗ってやってくるパキスタンやインドの旋律はネットラジオで聞くのとは趣きが違って中々乙なものです。AM(MW)の感度調整もしましたがフェライトバーアンテナが70ミリと短いのでやっぱりSNが少々不利ですが反対に混信が少ないと言えなくもない?
RX50M112.jpg

・そこでAM(MW)で夜間世界中の音楽を聞こうと思いSONYが79年頃に出していたICF-S5という機種をオークションで入手しました。
icf-s5-01.jpg

この頃(70年代~80年代一杯の約20年間)の日本製ラジオやオーディオ製品の性能とコストパフォーマンスは凄まじいものありますがこのラジオも例外ではなく、昼間でも和歌山から名古屋の民放が聞けますし夜間では東京の民放やAFN米軍放送は強力、北海道や九州の局も綺麗に入ります。FMの感度がまた強烈ですしラジオNIKKEI短波の市況やニュースもワンタッチ選局できるので良い買い物ができました。内部を開けてみたところフェライトバーアンテナが160ミリもありビックリ!スピーカーも日本製でマグネットが大きくAFの造りも良いんだろうナ~と思わせる落ち着いたとても良い音で鳴ってくれます。メイドインジャパンの底力恐るべし!以前、ICF-2001DやICF-PRO70とかのシンセサイザーチューナを持っていたのですが手元に残ったのは全てアナログバリコン機になっています!SSG発信器が欲しいです。
icf-s5-02.jpg


☆謹賀新年練習会☆

2013年01月09日 21:29

☆お正月休みの間、近年にない素晴らしいお天気に恵まれましたね。我が家では大学3年の長男は就活真っ只中でして連日京阪神の企業説明会に参加しているようです。学校では なんでも水素を金属に吸わせてどうのこうのという実験をしているとか,,,ワケガワカリマセン。仕事の方は今年10期目を迎えることができました。お蔭さまで僅かずつですが毎年毎年プラス成長で来れたことにあらためて感謝の気持ちでいっぱいです。これからも淡々とプロフェッショナルに徹していきたいと思います。
2013gasyou_kotobuki.jpg

☆毎年恒例のお正月のキャスティング練習ですが大阪のzakさんにお願いし摂津の河川公園にお邪魔してきました。キャストフリークス関西3名(ツヨポンは愛媛でカワハギ釣り)、岡山からishiiさんにも来ていただき東京のT田さんも朝一の新幹線で参加。ホンマようやるわ~ 私は仕事が忙しく何週間かぶりでしたので翌日筋肉痛が大変でした。
2013OSAKA_SC.jpg

T田さんの魚心観アドバンスが目の前でポッキリと折れてしまいました。ガイドのヵ所でものの見事に、数か月前にも全く同じ折れ方をして修理が上がってきてまた今回の折損だそうです。残念でした。
adv115.jpg

怪獣のような体力を持つishiiさんに前方のマンションには当てないようにと説得するのが大変でした!
isi001.jpg

やり投げのフォームを解説するお二人! 楽しかったですね今年も事故無く、自己記録更新目指してみんなで頑張りましょうね。
settu223.jpg


最新記事