・名盤を愉しむ Vol.3 Ry Cooder "Bop Till You Drop"

2013年02月27日 21:48

・大学3年の長男から志望していた企業から内々の内定を頂戴したと連絡がありました。説明会に全国飛び回っていたそうですが早々とこの時期に頂けるとは有り難い限りです。電子回路基板の設計に従事するそうで早いところ腕を上げてうちのアンプも頼めるようになってもらいたいものです。

・さて、最近のというより何時も自分のオーディオライブラリーに必ずあるこの作品。このジャケットの見始めはというと1980年のベストヒットUSAでの冒頭のシーンでの登場が最初でした。最初、ショーケンのアルバムかと思いきやさにあらず、当時でもすでにアメリカンルーツオブミュージック界の重鎮と呼ばれしRy Cooderのアルバムでした。ライクーダーという人はその時期、時代によって志向する音楽が全く違うので非常に面白い一人なのです。世界的にヒットしたブエナビスタソシアルクラブでは民族音楽の開拓者としての一面をみせます。

時としてとらえどころが掴みにくい時もありますが、ライクーダー自身としてのルーツは72年の”Boomer's Story”がそれに当るのではという気がします。それで、この79年の"Bop Till You Drop"も自分が影響受けたであろう時代の作品を独自のフィルターで甦らせています。とにかくギターをやればやるほどライクーダーの素晴らしさに気づかされ,背景の風の匂いまでも感じさせる玄人好みのミュージシャンの一人だと思います。
RY000120.jpg

カーステレオの配線

2013年02月25日 22:45

・嫁の車のカーステレオに私のipodを繋げてみました。AACコーディック対応なので高音質です
podusbcone01.jpg

・USBメモリーも使えるタイプなのでハブをグローブボックス内に増設しパラレルで複数のUSBを挿し、ステレオ側で検索やプレイモードをコントロールできるようにしました。16ギガくらいのメモリが今は割安なのでそれを3本も挿そうものなら物凄い数のCDが格納できてしまいます。むかし、むかし、ロンサムカーボーイのテープデッキとイコライザを上下に並べて使っていた時代とは隔世の感ありですね。
podusbcone02.jpg


最新記事