・VHTを友人が買う

2014年05月27日 23:08

先日、ギター歴30ウン年の友人が私の部屋でVHT ウルトラを弾いたとたんにこれ欲しいから探してくれ!ということになり本日2台目が到着、新品同様品を破格値でゲットできました。いろいろ、整備をしてプリ管の選別、、、最初の組み合わせはドンシャリだったのが色々と差し替えて最後にはミッドハイに例の枯れた艶が加わりました。あらためてプリアンプ部分の真空管でガラッと音が変わることを確認できました。持っている方はぜひやってみてください。

普段はほとんどエレキを弾かない友人がアンプを買い、おまけに一生モノのテレキャスターを探して買うて来てくれ!とまで言い出しました。方々の楽器屋さんでモモセ、トーカイ、クルーズなど等を見て回っております。これ良いよというのがありましたら教えてくださいね!
vht2222.jpg

先日、オークションに出品されていたギターで私が良いなぁ~と思って友人に写真を送ったギターです。上の皮ピックガードモデルは山野楽器特注のCS中古で最終は150000円くらいで落ちていました。音はわかりませんがもしこのギターのフィンガーボードがバーズアイのメイプル指盤だったなら!間違いなく私自身が入札していたと思います。下のモデルはセレクトシリーズというラインナップなんだそうです。80年頃にTOKAIから出ていたモデルに良く似ていますね!
tlghy.jpg




VHT各種実験ノート,,,紛失

2014年05月06日 01:00

・先日、VHT Special6 Ultra Ampの各種実験をしてみました。ところが各電極の実測値などを書いた実験メモを嫁にポイされてしまいました、、、次回また計測しなおします。EL84,6V6,EL34それぞれ弾き比べてみましたが、やはり私は6V6GTでの密度と張りと枯れたサウンドが一番気に入りました。
vht201401.jpg

・細かい数値はメモ紛失で忘れましたがWATTツマミの増減で、プレート電圧が20数ボルト~300数十ボルトまで変化。EL34のカソードにアメリカのフォーラムで行われているようにカソード追加抵抗をパラってみますと、電流が増える分プレート電圧が10パーセント以上も下がります。やはりこのアンプでEL34を使うには上位機種で採用されているような電源トランスの2次側B+巻線に高圧タップがあって切り替えられると良いと思いました。小音量ではさほど影響を感じませんが、先日野外で大音量で鳴らした時に感じた立体感にかけるなぁというのがありましたので。購入後EL84~6V6~6L6~EL34と一通り鳴らしてますがやはりこのアンプ6V6のアメリカ製の真空管で鳴らすのが最も良いサウンドがします。独特のパリーンとしたハリと伸びのあるサスティーンは素晴らしいですね。ちなみに買った当初のチャイナ管に戻してみるとやっぱりダークな感じがして,,,70年代のNOS真空管を探すのもまた楽しいものです。このアンプ、紛れもない名機です、いったいどこをMOD(変えろ)というんでしょうか?真空管を変えるだけでそれ以外はストックのままで十分だと思います。
vht201402.jpg


最新記事