・Fender Deluxe Reverb ⅡStandby Switch & DC balance Bias機構の取り付け 2

2014年11月28日 22:58

・中点がスタンバイになる3アクションのスイッチに替えてB電圧のオンオフが可能になりました。ついでにランプジュエルもオレンジに。
der2-005.jpg

・久しぶりにbsch3vで図面にしてみました。10kオームから新設した2つの30kΩBのポットに入れて220kに印加します。調整幅を確保するようポットからアースに行く抵抗は47kにしました。尚、このアンプの電源トランスではヒーター巻線の容量が不足するのでEL34に差し替えるとトランスが焼けるかもしれません。ちなみにVHTのPittbull 45 ComboではEL84でAB1作動時のプレート電圧が417V、スクリーングリッドが404Vもありますのでいかにギターアンプでの動作点が常識から外れた値であるかがよく解ります。※注 EL84に差し替えるにはグリッド電位を-10付近までシフトさせる必要があるので後日、バイアスボリュームを50kに、ブリーダー抵抗を5kに変更予定
deluxe reverb 2 bias adjust dc balance

・普段、数値うんぬんよりも管の差し替え時に音で設定点を決めますのでアクセスしやすいバックパネルに増設しました。縦ラグを増設して配線します。部品の配置さえ決まれば配線は簡単です。真空管ギターアンプは熱がこもりやすかったり、移動時の振動などでハンダクラックや浮きが出やすいのでハンダの量が薄くなって割れやすくならないように調整します。
der2-007.jpg

・こんな感じになりました。THE TWINのように左右のDCバランスも0に調整できます。
der2-009.jpg

調整編へと続く、、、

・Fender Deluxe Reverb ⅡStandby Switch & DC balance Bias機構の取り付け 1

2014年11月25日 23:48

・先ずはシャーシを引き出してスピーカーの代わりにダミーロードを接続して、プリアンプ回路、パワーアンプ回路の真空管の各電極の測定値をメモしていきます。
der2-001.jpg

・Fender Deluxe Reverb Ⅱにはスタンバイスイッチがないため3アクションのスイッチに交換します。off - standby(フィラメント点火) - on(プレートに既定の電圧が流れる)。 端子がシャーシに近いのでスパークした時にシャーシに誘導電流が流れないようにスイッチの電極とシャーシの間にエポキシ基盤を裏返しに貼り付けます。スイッチの端子も収縮チューブでカバー。
der2-003.jpg

・スイッチが大きくて整流基盤に思い切り干渉しますので整流基盤を移動させてシャーシに穴をあけてネジ止め。スイッチの配線はケミコンから出力トランスとチョークトランスにそれぞれつながるラインをカットしてスイッチングします。これでケミコンまでの経路のみスタンバイで通電します。
der2-002.jpg

・今回は普通のプッシュプルで2本の真空管なので2つのバイアス調整ボリュームを取り付けてDCバランスを完全にとるようにします。シャーシ上面かシャーシバックか迷いましたがなんとか収まりそうです。 パーツを採寸してシャーシに基準線を入れて2つのボリューム、3つのチップジャック(電流検出用)、配線ラグ基盤を取り付ける穴をあけていきます。ダイキャストシャーシは柔らかくて工作が楽です。
der2-004.jpg

・Ampeg VL-1002 & V-412TV

2014年11月23日 23:12

・このアンプをお使いの全国数十名の方々に,,, ゲインを上げてプリアンプを下げ気味にして作るヴィンテージなクランチトーンは最高ですね! ところで、このアンプに限らずですが各管のアイドリング電流を監視していて、特定のソケットの管だけ赤熱したり電流値が上がったりすることが良くあります。真空管そのもののバラつきや不良は除外するとして、多くはフェイズ段からのカップリングコンデンサの不良またはソケットの電極浮きによる不良が考えられます。

このアンプでは樹脂タイプで電極が包み込むタイプではなく金属で挟み込むタイプが採用されていてなおかつ基盤直付けタイプです。ガラスエポキシのパワーアンプモジュール基盤にフェイズ段の真空管とカップリングコンデンサ、パワー管4つのソケットが取り付けられています。シャーシ内の排熱対策が無いためにソケットの樹脂や電極が熱にやられやすい構造です。オールドのマーシャルのソケットもそろそろ交換時期が来ているためこっちのアンプも陶器製のタイト電極の物にそっくり入れ替える予定です。

配線の引き回しを変えるとをノイズがかなり減ります。
cabl002.jpg

・キャビネット内部の配線をベルデン8470や9497、モンスター系の極太銅線タイプと色々変えてはクランチやクリーンで比較したのですが以外にも最初のノーマルの貧弱なケーブルの音が一番ということが分かり元に戻してしまいました。ベルデンでは上が出過ぎたり、引っ込んだり。極太銅線タイプは低域がブーミーで話にならず、ノーマル配線のはギターの枯れたハーモニクスが出まくりで、、、いったいどこのケーブル?とルーペで覗くとLL29779 CSA AWM 300V 20AWGとあり、要は300V耐圧のAWG20配線ワイヤー?以外ですね、定番有名どころが良いとは限らない~、そういえば以前オールドのマーシャルキャビネットのワイヤーも散々変えてみたところ結局オリジナルの細いワイヤーが一番だっとたいうことがありました。オールドのアンプもモダンなアンプもミッドハイの美味しい倍音が出まくるセッティングこそが肝。奥が深いのか浅いのか?億の練習と単なる偶然によるカッコ良さ!ジミヘンドリックスは高い高いニューヨークのスタジオで朝から晩までテープを回しっぱなしでセッションしていたそう。
cabl001.jpg

・Fender The Twin 元黒ノブの赤ノブを黒ノブ化する!の巻

2014年11月21日 22:26

・昔むかしの20代中頃の事、地元のライブハウスに出させて貰っていたころの話。常設アンプがThe Twin赤ノブでした。時は流れて私も中古で赤ノブthe twinを購入したのですがグリルクロスがいびつに貼られていたり、内部の基盤のリビジョンが後期に良くあるタイプだったりと不思議に思っていました。

・そこでいろいろ当たるうちにとあるサイトでtwinの年代別年表という有難い資料を発見!http://stby.jp/twin.html なるほど、搭載されたスピーカーのコードから93年3月以降の黒ノブだったことが判明しました。
bkknob02.jpg

・どうやら前の持ち主が赤ノブ化に変装させたようです。グリル枠が途中で折れていたりしていたため今回新たに枠を合板から切り出して製作しシルバーのグリルクロスを貼って、ご厚意で交換していただいた黒いノブに換装してみました。赤ノブにグレークロスとはガラッと印象が変わって中々クール。このアンプ本来のルックスに生まれ変わりました。 実はこのthe twinのスピーカーもアルニコマグネットの8Ωに変えてみようかと思案しています。このアンプ、プレート電圧を半分にするスイッチ(25wスイッチ)にしてゲインを6くらいのクランチで弾くとアメリカ南部の酒場の世界~ひげ面のゴツイギタリストの姿が見えてきます。
bkknob01.jpg

・Ampeg V-412TV 配線を入れ替えました

2014年11月16日 00:02

・ベルデン8470のドライなミッドレンジが好きなので配線を入れ替えました。スピーカーケーブルやヴィンテージはんだの世界はそれこそ無限の組み合わせ+呪い+αが存在しますが自分はあくまでもプレイヤーですのでギターアンプに関しては良い意味での狭帯域のケーブルが好きです。というわけで選択肢は狭く絞ってという感じです。
vin0001.jpg

・input基盤もコネクター方式からハンダ直付けに変更しました。内部配線の材料を変えるだけでも出音がかなり変化しますミッドハイの倍音が心地良いエクストラ ドライなサウンド。話は変わりますが、初めて手に入れたギターが78年製造のグレコ・レスポールモデルのEG-700でした。これはバイトに来ていた高校生の子にプレゼントして今はもう無いのですが、これが今から考えても物凄くドライな音色で、重量が3.7キロと超軽量でした。今でもあれは名器だったなぁ~と。各地で試奏しますがレスポールは軽くないと好みの音色しないですね、3.8キロ台がベストだと思います。反対にストラトキャスターはある程度重量がないと音が伸びない。4キロ位のが一番好きです。さらに余談ですが昔は輸入楽器は船便で上陸が主でしたので神戸や大阪のキタに良いものが多かったのですが、今は東京の質と量が圧倒的です。数年に一度東京楽器屋めぐりを2日間泊まり込んでするのですが2日ぐらいではとても回りきれません。
vin0002.jpg

・Ampeg VL1002 Lee Jackson Bias

2014年11月15日 14:34

・Bias調整とソケット回りの調整(ソケットピンの調整と接点メンテ)。
Tung-Sol EL-34 Quadpair
Plate Voltage 493V , Grid Voltage -38V
Ip ① 34.6mA ② 31.3mA ③ 32.6mA ④ 33.0mA
vl1002bias001.jpg

lee jackson vl1002 bias adj001

・Ampeg V-412TV

2014年11月15日 00:29

・LEE JACKSON Ampeg VL-1002の相方となるスピーカーキャビネットV-412Tをついに見つけました。アメリカやイギリスのebayでも無く半ばあきらめていたところひょっこり出現。とにかく重く運送屋さんが二人係で配達してくれました。
AVT01.jpg

・頑丈な梱包!素晴らしい!
AVT02.jpg

・相方の準備も万端。このアンプヘッド、4段増幅のプリアンプツマミを絞り気味にしゲインツマミをを上げ気味にすると90年代に一世を風靡した改造マーシャル系の音そのものになります。また、ポストイコライザですのでトーンコントロールの効きが非常に良く且つクリティカルです。オールドマーシャルの鷹揚な効き加減とは対極ですので音作りはツウには堪らず初心者には難しいと言えます。AVT03.jpg

・記念撮影。今、エディーヴァンヘイレンがショーの途中でよくやっていたギターソロコーナーのコピーをしています。
AVT04.jpg

・このキャビネットは90年代初頭にリージャクソンヘッドに合わせて設計されたもので、今アメリカで出回っている同じAMPEGキャビネットとは構造もスピーカーの内容も違います。とにかくゴツクで重い。実際に重量を測ると、我が家のマーシャルキャビネットよりも13キロ重く、ボグナーのキャビネットよりも3キロ重い48キロもありました。板の厚みも剛性もとにかくゴツイ造りです。
AVT05.jpg

・キャビネットはアメリカ製ですがスピーカーは90年代のイギリス CELESTION VINTAGE 30が4発。このVintage30×4採用のモノが90年代のごくわずかな時期だけの仕様でしたのでなかなか見つけられませんでした。
AVT06.jpg

・60年代のヴィンテージマーシャルキャビネットに採用されていた鉄製の取っ手がついています。
AVT07.jpg

・20数年前のモノなのに傷も無く極上のミントコンディションでした。大切に使わせて頂きます。
AVT08.jpg

FENDER DELUXE REVERB Ⅱのリードチャンネル

2014年11月02日 00:53

・10月のレストア直後。


・11月、かなり音が伸びるようになってきました。純正のオックスフォードではアッテネータを使用しないと良い音が出ませんがいろんなスピーカーにつなげてみたところ、グリーンバック、vintag30,エミネンス共にアッテネータなしでも素晴らしいサウンドでした。私のアンプは82年製ですが、83年からはエミネンスのスピーカーになりこれは赤ノブにも採用されているスピーカーですが中低域がリッチでこのアンプにもよく合います。古いアンプはレストアの有無とその後のエージング、スピーカーの種類で出音がまるで変ってきます。古いアンプほど楽器屋での試奏程度では本来の実力は測ることができないということが良くわかります。


最新記事