・YAMAHA T50C BIAS balance circuit 詳細

2015年01月23日 00:24

・改造箇所の詳細を記しておこうと思います、先ずはエディターを使って回路図を作ります。B+回路に行くダイオードブリッジの途中から2系統並列にバイアス調整回路を作ります、EL84から6550まで広い動作レンジを確保したいので回路自体を変更しています。
YAMAHA T50C BIAS balance circuit01

・7Pのラグ板を5Pに切断してシャーシにM3のネジを切って固定します。シャーシの接触部分の塗装をルーターで削っておいてはんだ付けしシャーシアースとします。取り付ける部品の大きさの関係で右から2つ分の端子をアースとして使用します。
ystc034.jpg

・回路図の通りに配線します。マイナス電圧を作るための回路ですのでケミコンのプラス側がアースに落ちます。真空管アンプはシャーシ内部に高電圧がかかる個所が多いので配線時のはんだ屑やニッパーで切ったパーツの足などが残らないように気をつけます。
ystc035-2.jpg

・ボリュームポット側とバイアスレンジ切り替えスイッチの配線を行います。トグルスイッチは2回路3接点、可変抵抗は少々調整がクリティカルになってしまいますがカバー範囲の広い50KBを使いました。セオリーではボリュームポットの3つある端子への配線は3番端子が入力、2番はスライダー、1番がアースへとつながるブリーダー抵抗となりますがこれだと右回しでバイアスが深い方へ移行しプレート電流が減る方向へ変化します。私は感覚的に右回しでプレート電融が増加する方がわかりやすいので1番が入力、2番が出力でスライダー、3番にブリーダー経由のアースという風に逆に配線しています。
ystc036.jpg

・ノーマルでは左右の真空管共通の給電点になっている基盤のランドをルーターで左右に絶縁してそれぞれ別々にバイアスをかけます。このアンプは部品の実装面と配線パターン面が同一方向ですのでプリント基板配線なのに実質ポイントトゥポイント配線と同じように配線の変更が容易です。それと、ソルダーノのアンプは殆どが各種ボリュームポットが基盤上に実装されないスタイルですのでこれも不具合の予防と配線のしやすさに貢献しています。流石はマーシャルの改造からスタートしたエンジニアですね。
ystc037.jpg

・ペア外れとなる真空管がたくさんあります。これはスヴェトラーナのEL34とエレハモの6CA7。同一条件はIpが10mA位の開きがありますがこれを使用します。ソケットに確実に固定させるためにスプリング式のリテーナーのバネを短く詰めて強化した奴を取り付けました。 ところで、最近のロシア製真空管のクオリティーは素晴らしいですね。
ystc039.jpg

・左右のDCバランスがゼロ、ZERO BALANCEです。Ipが合わないのでシングルのアンプで使おうと思っていた真空管もペアで使えます。しかもこれが素晴らしいミットレンジの倍音とサスティーンです。
ystc040.jpg

・工事終了のステッカーを張って終わり。このアンプは国内正規品ですがトランスの1次側巻線はアメリカ国内と同じAC120Vのままで販売されましたので、スライダックで120Vまで上げて使用して初めてソルダーノの意図したサウンドとなります。名器ソルダーノ・ヤマハ、YAMAHA色は皆無ですが良いアンプですね。メタライズドフイルムコンデンサー独特のハスキーな倍音感、充分なゲインとサスティーンは素晴らしいと思います。ストラトキャスターのミドルピックアップを使った時のサスティンがフィードバックする感じはゾクゾクします。かなりの販売数を誇るアンプでしたのでお持ちの方も多いと思います。高電圧部分のモディファイですのであえて安易な実態配線図などは載せませんがチャレンジされる方が居られましたらオリジナル解像度の詳細な写真を差し上げます。それでは次回、各種真空管別のサウンドインプレッション、調整法、音源の動画なども、、、
ystc042.jpg

・Soldano YAMAHA T50C トーンセッティング

2015年01月18日 22:14

・ストラトキャスターとマーシャルの組み合わせで甘くて絶妙なトーンというイメージで頭に浮かんだのが76年にリリースされた超名盤、Robin Trower LiveでのDaydreamとJimi Hendrix 68年のwinterlandでのLittle Wing. どちらもフロントピックアップとセンターピックアップを使っての絶妙なアタックと倍音がミックスされた甘いサウンドでした。
ROBINJIMI0001.jpg

その音をこのアンプで再現してみました。小音量でも倍音たっぷりの芳香サウンドです。プリアンプゲインを7くらいまで上げるとコンプレッションが効いた非常に伸びのあるリードサウンド。
yamaha t50c001

・電源の電圧でもサウンドがかなり変わります。このアンプは100V仕様とされていますが、120Vまで上げてやっとヒーターの電圧が正常になり、プレート電圧も回路図の指定通りの値となります。
yamaha t50c002

・計算値ではなくヒヤリングで絶妙な倍音が立つ範囲が存在します。これは真空管のバラつきによりかなり差がありますので必ず弾いて、聞き比べて決めていきます。左エレハモの6CA7 右スヴェトラーナのEL34。YAMAHA Tシリーズは6L6GCが標準ですがソケットの配線を変更してバイアスを調整しなおすとEL34が使用できます。6L6GCに比べて歪み始めのポイントが早く甘くてきめ細かい歪みです。素晴らしい!レイダウン68プレキシのようなサウンドです。
yamaha t50c003

・Sports Casting Reel 2

2015年01月12日 22:50

・メンテナンスして
cfcmr0002.jpg

・castして
cfcmr0001.jpg
cfcmr0005.jpg

・またメンテします
cfcmr0003.jpg

・Soldano YAMAHA T50C Mod #5

2015年01月12日 22:05

・このアンプは120V仕様のトランスのまま100V適合のシールを貼って国内に発表されたモデル、又は、117V仕様だがヒーター巻線レギュレーションが少々貧弱なトランスに100Vのシールを貼って流通させたモノのどちらかであるということがわかりました。120Vまで昇圧するとヒーターが既定の電圧になり、プレート電圧もサービスマニュアルの近似値465Vになります。肝心のサウンドの方もさらにゲインが上がり強烈なハーモニクスが出ます。比較すると100Vではかなりおとなしく扱いやすい感じです。私は120Vで使うつもりですがAC100~120お好みで良いんではないかと思います。ふつう電源電圧が上がるとヘッドルームに余裕ができて歪みにくくなるのですがプリ部のゲインが高いせいなのかこのアンプでは明らかに聴感上ゲインが上がります。
ystc028.jpg

・フィルターをパラで追加
ystc029.jpg

・穴開けは計測せず全部フリーハンドの目分量で開けていきます。ソケットもセラミックに交換する予定です。ブリーダー抵抗を浅いバイアスレンジ用と深いレンジ用でスイッチで切り替えています。
ystc030.jpg

・めんどくさい作業も終わりこれで我が家にあるすべての真空管を差し替えて使用することができるようになりました。
ystc031.jpg

・ちょっと暇ができたら電源トランスの交換と電源回路の変更をやろうと思います。
ystc032.jpg

・Svetlana EL34とElectro-Harmonix 6CA7のミックスですが素晴らしいサウンドになりました。もう30年以上もこんなことばかりやっています、さあ今年も色々集めてみよう!
ystc033.jpg

・Soldano YAMAHA T50C Mod #4

2015年01月11日 00:06

・このアンプの銘板には100Vです~とYAMAHAのシールが貼ってあります。最初書いたようにほとんどのパーツが海外製のこのアンプ。どうやら100V仕様ではなくトランスの1次巻線が120V仕様そのままの改変なしで発売されたようです。
うちのコンセントがAC105V時のヒーター電圧がAC5.3Vですから既定の6.3VになるにはAC125V必要ということになります。今度スライダックで昇圧して確かめてみたいと思いますが昔マーシャルのヘッドなんかも1次側117Vそのままで平気で100V仕様のシールはってましたので妙に納得です。レイダウンスタイルのパワートランスのこのモデル、1次側は確かタップは無かった筈だしバイアス用C電源巻線も独立ではありません。こういう大事なところでコスト削ったらあきませんわなヤマハはん。
ystc027.jpg

・左右のDCバランス回路への変更は後にしてとりあえず可変できる範囲で使用できる球をスイングできるか試します。
ystc026.jpg


・ 6L6GC アメリカのSYLVANIA(PHILIPS ECG)  70年代後半?
素晴らしいハーモニクスと低域でバランスが良い感じ。
ystc017-6l6.jpg

・KT66  Tung-Sol 現行ロシア製
このブランドは先ず造りがしっかりしていて素晴らしい。ミッドロ-が張り出す感じ、ヘッドルームが大きくなり6L6よりも歪みにくい。サスティーンさせた時に出るミッドのフィードバックが色っぽい。
ystc018-kt66.jpg

・6V6GTA ’70s SYLVANIA US NAVY
パワー管を歪ませるところまで上げた時のコンプレッションとジョリッとした倍音たっぷりのサウンドが良い感じ。今回のマストアイテム。バイアス回路は球のバラつきによってはそのままだと調整範囲を外れるかも。


・EL34 Tung-Sol ロシア製 このブランドの球はどれも造りが素晴らしい。6L6に比べて歪みだす地点が早くなる。気持ちのいいコンプ感とキレの良さのバランス。GARY MOORE ! 同じEL34族でもJJ製(スロバキア)はピークがハイレンジ寄りで歪みにくい。エレハモ6CA7は粒荒く6L6に近い感じEL34よりもピークがハイレンジ寄り。
ystc020-el34.jpg

・EL84 (6BQ5) SLVER DRAGON CHINE
6L6やEL34の領域グリッド電位ではプレートに電流が殆ど流れずスイングしない。
ystc021-el84-1.jpg

・さらにバイアスを浅くしていくと徐々に増幅しだすが波形にノッチングが発生、綺麗なプッシュプル波形とは言えない。
ystc022-el84-2.jpg

・さらにバイアスを浅くして-13V周辺でやっと正常の増幅。
FENDER DELUXE REVERB Ⅱでは素晴らしい選択となったEL84プッシュプルもYAMAHA T50 Cだと少々歪み過ぎる傾向。少しゲインを絞らないと芯がなくなる。ゲインを絞り、マスターを上げ、アッテネーターを使うと素晴らしいサウンドに。
ystc023-el84-3.jpg

・マッチドハズレで放置していたSvetlana EL34 と Electro Harmonix 6CA7長い間のうちに出てくるハズレペア!こういうのをDCバランスさせて使いたいというのが一番の改変理由。今回ではSYLVANIA 6V6ペアの次に素晴らしく元気のあるサスティーンでこのペアをこれからしばらく使う予定。
ystc024-6ca7-el34.jpg

・EVのスピーカー素晴らしいですね、お買い得でした。自分好みに仕上げてきて益々良いアンプになってきています。各種の様々な試みの最中にとにかく測定データーをチャート表に書き込みます。データ数値、可変範囲などなど測りに測って。次に自分の欲する最大公約数を見つけてパーツ定数の範囲を決めます。次回はDCバランス回路とバイアスレンジ切り替えスイッチの組み込み編へ続く。
ystc025.jpg

・Sports Casting Reel

2015年01月10日 23:07

・良い具合に調整できました! 世界に十数台しかない距離競技専用の特注リールです。Castfreaksのマークも5軸のマシンカットのお蔭で入っています。FENDERのギターケースの上で調子よく回ってます。

・Celestion Alnico Gold 12" Install

2015年01月09日 23:43

・現在入手できる中でも最高峰の分類に入ると思われる英国セレッションのアルニコ ゴールドスピーカーを入手してみました。
cealg003.jpg

・fender deluxe reverb Ⅱにインストール。このスピーカー、端子がハンダ付けオンリーの形状で少々不便なので汎用端子をルーターで削って形成し元ある端子にはんだ付けしスピーカーコード側のファストン端子が使えるように改造しました。
cealg004.jpg

・このアンプを入手しいろいろと手を入れて行く内にこれはきっとアルニコマグネットのスピーカーが合うはずだぞ!と直感していましたが実際に音だししてみると、最初セットアップ完了してギターを弾いたとたんに出てきた芳香、芳醇なアルニコ独特のかすれ具合に思わずため息が漏れました。良いアンプとスピーカーの組み合わせです!昨年はコンボにこだわって色々と集めてみて、小音量では素晴らしい音なのに大きな音では途端に腰砕けとなる6Wモデルに納得できず、リベラ期のフェンダー20W、A級AB1級切り替え式45Wモデル、名ビルダー監修の50Wモデル、とエスカレートしてしまいましたが今年はスピーカーユニットそのものにも注目していきたいなと思っています。
cealg005.jpg

・Soldano YAMAHA T50C Mod #3

2015年01月07日 23:12

・Support EL84, 6V6GT, EL84, KT66, 6L6GC, KT77, 6550, KT88 Bias Mod
大きな真空管を取り付けた際にもソケットにがっちり固定するためのスプリングタイプのリテーナーを取り付けます。リテーナーもサイズがいろいろあり、大型のKT66用、小型の6V6GT用と後々付け替えが容易なようにシャーシにM3のタップでねじを切っておきます。タップハンドルがトランスに当たって回せませんのでドリルに咥えさせて手で回して切っていきます。
ystc013.jpg

・YAMAHA T50Cは元々が6L6GCが採用されているアンプです。新たに新品の6L6GCに差し替える際も厳密にはバイアス調整が必要です。そこで他の真空管に差し替える際に私が行った変更を整理してみると。(対6Ł6との比較)

○6L6グループ ソケットの配線変更なしで差し替え可能(真空管内部でサープレッサーグリッドとカソードが接続されている)こちらも電流検出用の1Ω/2Wの抵抗を8番ピンから1番ピンに接続して1番ピンをアースに落とす。
・6V6GT バイアス調整で使用可能(浅い方向にかなり可変)
・KT66 バイアス調整で使用可能(ほぼ同じレンジ帯)
・EL84/6BQ5 ソケットアダプター使用 ※アンプのバイアス回路の大幅な変更(浅い方向へ)が必要
・6550/KT88 ※アンプのバイアス回路の大幅な変更(深い方向へ)が必要

○EL34 グループ ソケットの1番ピンと8番ピンを接続して同電位に変更が必要(サープレッサーグリッドが1番ピンに割り当てされている。実際の配線は8番ピン カソードから電流検出用の1Ω/2Wの抵抗を1番ピンにブリッジ配線して、1番ピンをアースに落とす)
・EL34 バイアス調整で使用可能(深い方向に少し可変)
・KT77 バイアス調整で使用可能(深い方向に少し可変)
・6CA7 バイアス調整で使用可能(ほぼ同じレンジ)

このアンプのパワー管ソケットの1番ピンにはリバーブトランスからの出力とリバープタンクへの入力との接続端子として使われてしまっているためにこれを外して、増設したラグ板の端子に移動させます。これだけでリバーブ信号のおかしな飛込み残響が無くなりました。
次に8番ピンからチップジャックのホットに配線してプレート電流検出に使います。同様にアース用の端子も配線します。
今回の変更ではEL84のバイアスであるマイナス13V付近から6550などのマイナス60V周辺までをカバーする必要があります。後に詳しく書きますが、この時点でヤマハのバイアス回路を変更してフェンダーの回路を参考に変更してあります。
ystc014.jpg

・マッチドペア以外の真空管も使いたいがために今回も左右別々のバランス型調整にしてみます。220KΩ共通の給電点のパターンをルーターで2分割してそれぞれにバイアス電圧を印加します。
ystc015.jpg

・このアンプの電源トランスはC電源巻線が独立しておらず、FENDER DELUXE REVERBⅡに施したように並列に調整用ボリュームが入るとバイアスの電位そのものが下がるのと可変範囲も大きく取れません。そこでメイン調整ボリュームとサブのバランスドボリュームに分けることとします。可変ボリュームはノーマルの25K→50Kに ブリーダー抵抗もマイナス13Vまでカバーするように56K→22Kに変更。実はこれでも6550の深いバイアスまではカバーしきれていません。調整ボリュームはこれ以上大きくすると微調整がやりずらいのでAMPEG VL1002でやっているようなブリーダー抵抗をスイッチで切り替える方法を試してみることにします。ということなのでこのバイアス回路はまだ少し変わる予定です。
ystc016.jpg

いつものことですがシャーシやケースの穴開けやパーツのレイアウトが一番大変ですね、それが終われば8割終わったのと同じです。次の巻で詳しく書きますが、このパワー管の差し替えシステムは結果大成功の素晴らしい成果が出ております。廃棄しようとしていたアンバランスドのそれも種類も違う管どうしの組み合わせで素晴らしいサウンドが出ております。ところで、我が家のオシロスコープは現在3代目ですがやっぱりあると便利ですね、今一番欲しい測定器はPanasonic VP-8175Aという発信機なんですが高くてなかなか手が出ません。
sim.jpg

・Soldano YAMAHA T50C Mod #2

2015年01月06日 15:03

・アンプのメイン基盤です。プリント面が上側を向いていてパーツの交換のためにわざわざリード線を外したりして基盤を裏返さなくても簡単にパーツの脱着が可能です。この事や、採用されたパーツの銘柄、ポットの仕様などを見ても配線方法や採用パーツの指定はソルダーノが細かく指定していたようです。配線材なども普段国産メーカが使わなかったメッキの単線ですので海外組み込みだったのかな? チャンネルスイッチングにフォトカプラーLDRが使われています。ゲインが高くインピーダンスの高い信号を引き回すのでシールド線で配線されています。
ystc007-02.jpg

・新しいチョークは大きいのでシャーシ上面に配置、固定用の穴と配線引き込み用の穴をあけて固定します。
ystc008.jpg

・配線を補助するためのラグ板を追加して固定、真ん中の2つをアースとして使用します。
ystc009.jpg

・B電源ラインにノーマルでは500Ωの抵抗がありますがこの部分にチョークトランスの入出力を挿入します。
ystc010.jpg

・シャーシ後ろのパネルにBIASのボリュームと出力管のプレート電流検出用のチップジャックを取り付けます。ポットのねじ径は9ミリですが1発で開けず4ミリでまず下穴をあけてから6ミリで開けなおして、最後はテーパーリーマで9ミリに仕上げます。テーパーリーマはホームセンターに売っているものは切れないのでダメで値段は2倍くらいしますがプロ向けの工具屋で買ってきます。高いですが切れますので仕上げまでの時間があっという間です。
ystc011.jpg

・チップジャックはテストリードの抜き差しで必ず緩んできますので固定ボルトの上から接着剤で固めます。電流検出チップとBIAS調整ボリュームを取り付けておくと後のパワー管の差し替えが楽になりこのアンプの標準では6L6GC(KT66)が標準ですが、バイアスの基準点を動かしてEL84(6BQ5), 6V6GT, EL34, 6550(KT88) 等に差し替え可能なようになります。
ystc012.jpg

・Soldano YAMAHA T50C Mod #1

2015年01月04日 01:21

・年末にパソコンのマザーボードが壊れてしまい急遽新しく1台組み立てました。SSDにOSを読ませていますのでWINDOWSが20秒で立ち上がります。お得意先のパソコンの修理や新規組立で毎年10台前後は組み立てていますがだいたい中の上あたりのスペックがお得ですね。
IMG_3574.jpg

・アメリカのMOJOTONEからチョークトランス(Mojo777)と平滑用ケミコン(TubeAmpDoctor)を取り寄せました。
ystc002.jpg

・もともと全オーナーによって取り付けされていたチョークトランスが左、春日の品番4B01A(2ヘンリー、100mA、97Ω)。
今回交換するのがMojo777(3.5ヘンリー、100mA、100Ω) シャーシ上に取り付けて配線を内部に引き込みますので3つの穴開けを行います。
ystc003.jpg

・前の持ち主さんによるチョーク取り付けの際に配線材として使われていたシールド線。これだと芯線がとても細くて案の定普通の配線材に比べて10V近いドロップがありました。
ystc004.jpg

・Bias調整用トリマーと57kΩの抵抗を基板上から抜き取ってしまいます。
ystc005.jpg

・古いケミコンは表に2本、裏に2本抱き合わせで取り付けられていますのでこれを外し、新しいケミコンを取り付けます。基盤取付スペーサーの関係で表に4本取り付けます。この時ケミコンどうし接着剤で固定して寄生振動を防ぎます。
ystc006.jpg





最新記事