・Guitar amp dual biasをちょっとずらすと~♬倍音ギッシリ

2015年02月18日 23:38

・デュアルbias調整機構にしてみてあらためて気が付いた面白いことがあります。
silvania6L6GC-2grid-voltage.jpg

・左右のDCバランスを完全一致させたところからほんの少しずらせると倍音が増えて非常にいい感じになるということです。手持ちの真空管のほぼどれの組み合わせでもそうなりましたが、どれだけずらせばというのはその組み合わせによってバラバラでしたがヒヤリングでやればバッチリ決まります。あまり大きくずらすとまた良くない感じになりましたがこれは非常に面白い発見でした。
svetrEL34ip差

・SOLDANO YAMAHA T-50Cには8ΩのELECTRO VOICEスピーカーが入っています。ちょうど、ジャンク出品で非常に安く出されていたTHD HOTPLATE 8Ωがありましたので早速仕入れてみました。到着し中身を開けますがジャンクどころか非常にきれいな状態で完璧でした。
HPL002.jpg

・アッテネーターは楽器そのものであると思います,,,入力されたスピーカーの交流信号を分岐させ、一方はメタルクラッドとヴォイスコイルによる抵抗減衰システムへ、片や信号を整流平滑させてDCファンを回したり、コンデンサと抵抗(24V3Wのルームランプ用電球)からなるローパスでヒスノイズを消すという仕組み。こういうアイデアは日本にはない発想で非常にユニーク、もちろん出てくる音や機能も申し分ありません。唯一気に入らないのは高域を足すブライトスイッチの定数が,,,これはCの変更で何とかなります。
HPL001.jpg

・やっぱり、16Ωで駆動するより8Ω出し、8Ω受け、8Ωフェイナルが非常に倍音もエネルギッシュでジョリンジョリンです。
Marshallの方も久しぶりに3段スタックですのでこのhotplateでも鳴らしてみたいです。

このSOLDANO YAMAHA T50 C、聴感上のトーンの効き具合が視覚上のつまみの動き具合と非常にマッチしていて音が作りやすいんです。目で見て動かした分だけ変わる、基本は同じようなFENDER型トーンスタック回路なんですが、DELUXE REVERB Ⅱはその位置が初段ヘッドアンプの直後にあり高め基準で作る場合と低め基準で作る場合はゲインも3つのトーンの相互に影響され具合も大きく変わります。(初段に近くインピーダンスも高い影響)

SOLDANOはプリアンプ最終段と位相反転段の間に。トーンスタックはCとRの定数だけでなく回路の前後のインピーダンスに大きく影響されますが同じような回路でもLEE JACKSON AMPEGでは少し動かしても聴感上大きく変わって少々可変幅が大きすぎるがT50 Cはその点、絶妙な”トーンスタック”具合で素晴らしいといえます。
HPL003.jpg

・FUZZ FACEのゲルマTr選別して SoldanoYAMAHAとDELUXE REVERBⅡで鳴らす

2015年02月03日 23:56

・最近はいかに小音量でもジューシーな倍音たっぷりの極上サウンドを作れるか?にこだわっています。要するに受験勉強の邪魔にならんように遠慮しているわけです。先だって入手改造したこの2機種、両方ともドライブチャンネルにしてプリアンプボリュームを下げていき歪むか歪まないかギリギリの設定にしてストラトキャスターをインプットすると得も言われぬエクストラドライなハーモニクスたっぷりのサウンドが出せます。この2機種を交互に弾きつつ回路図を眺めるとプリアンプ段のカソードバイパスコンデンサにおける値の大小の違いがいかに出音に影響するかということが良くわかります。容量差は25倍の違いでフェンダーは低域までしっかり通す設定でありミッドローに特徴があり、ソルダーノはピークがミッドハイに来る感じ。
soldano-deluxe-reverb001.jpg

・Celestion Gold 12インチ、アルニコマグネットのスピーカーですがデラリバ2に付けて正解でした。耳に痛い嫌な帯域が一切出ずに滑らかな感じです。
soldano-deluxe-reverb002.jpg

・そのdeluxe reverbⅡにはミッドのつまみを引くとミッドブーストする仕組みになっています。というかゲインブーストという方が近い感じ。その帯域を少し下げて自分の好きな帯域がブーストされるようにコンデンサを変えてみました。値だけでなく銘柄もサウンドに影響します。
soldano-deluxe-reverb003.jpg

・1年で一番気温の低いこの時期にゲルマニウムトランジスタの選抜チームからfuzz faceのトランジスタの交換を久しぶりに行ってみました。前述の両方のアンプでのクランチ一歩手前でのセッティングでfuzz faceのfuzzつまみ2時方向、volumeフル、これで絶品のリードサウンドになるよう選別します。お気に入りは松下の2SB348とNECの2SB264の2種類。 松下の2SB348はギターのボリュームにリニアに変化してとてもいい感じ。ノイズも低いです。2SB264は113や116,117などの他のNECのようにハイ上がりになり過ぎずカスレ具合が絶品で非常にローノイズ。NKT275のホワイトドットにも全く引けを取りません。それにこの機種、たまたまなのか使える数値の物が非常に多くてハズレが殆ど無いのもありがたいです。前々からいつかはと思っていたアナログマンのsunlionの完全レプリカを2SB264で作ってみるのも良いかもしれません。
soldano-deluxe-reverb005.jpg



最新記事