・50円でできるMarshall '71 100Wのゲイン調整

2015年08月29日 22:38

・過去何台も所有してきたMarshall 100wですがやっぱりこの'71年が最高です。そして不思議と100Wばかり所有してきました。あの、ビィ~ンと強烈な倍音感はパラレルプッシュプルと100Wのアウトプットトランス独特の物ですね。

さて、先日発売された分厚いMarshallアンプ解説本に興味深いことがいくつか載っていました。68年以降のスプリットカソードとかは理論的にも音が変わるのが実感できますが、70年以降の一時期に使われていたアウトプットトランスの絶縁体の違いによる差、や、各段の平滑コンデンサの値が変更されてのサウンド差などとても面白く読ませてもらいました。
nfb001.jpg

・4本目のプリ管を利用して4段増幅+バッファーとか3本だけでカスケード接続とかも過去してみましたがしばらくすると飽きてしまい元に戻しました。4段の場合はフォトレジスタによるスイッチングが不可欠だと思います。というわけでたいそうな変更を加えずとも1本50円の抵抗を数本使うだけで出音がかなり変わるイメージチェンジができます。飽きたらすぐに戻せるのもお気軽です。
まず、100Wモデルの70年代最初のモデルはNFB(ネガティブフィードバック=負帰還)量を決める抵抗が47KΩと深い値になっています。これを後年のモデルのように100KΩに変えてみると帰還量が減り、音質を表現するとキンキンした感じが減り、若干歪み感がアップします。パラレルにしていろんな値でサウンドの差を体感できますがこの47Kとか100Kという値はマーシャルらしさという点でひじょうによく考えられた値であると言えます。
nfb002.jpg

・次にプリ段数はそのままにプレート負荷とカソードバイパスレジスタの値の変更で若干ゲインアップを狙ってみますと。ハイトレブルの2段目にあたる2本目の12AX7の片側の負荷を増やしたりパスレジの値を減じたりとゲインを上げると低域がブーミーになりこの場合はカップリングコンデンサの値の変更なども必要になってしまうためボツ。

・次に初段のハイトレブル側の負荷を倍位にしてソルダーノみたいにしてみますが今度はピッキングの頭からつぶれてしまいこれもらしさがなくなり没。お手軽チェンジでサウンドは好きなニュアンスそのままにストラトでの歪を少し上げるというので、初段のカソードのレジスタを2.7kから1k前後に減じてみるとニュアンスが通りました。分かりやすく言うとヘッドルームが下がり今までボリューム6で出ていた歪み具合が4位で出るようになりフルテンもそのままツマミ2位歪みとコンプレッションが上がる感じになりました。私はkamayaのカーボンコンポジションでNFBの変更と初段を2本の抵抗チェンジのみでやってみました。最初、ちょっと倍音感が減りカーボン皮膜でないとマーシャルではやっぱりだめかと思いましたが1週間くらい毎日30分くらいの通電で見事にハーモニクスが出るようになり飽きるまではしばらくこれで行こうかと思います。
定数決めで便利なのは値決めの試奏時に、抵抗はパラレルでは数値が下がり、キャパシターはパラレルでは上がるという性質を利用して色々とクリッピングして差を楽しめるのが良いなと思います。
nfb003.jpg

・Marshall 1960A Bath time~

2015年08月29日 18:52

・お盆休みのカンカン照りの日に洗ってみました。先ずはスピーカーの取り外し。
IMG_5122.jpg

・私のはラージチェック期後期の78年製キャビネットですのでスピーカーシリアルも78年のROLA期、ブラックバックです。1960B ボトムキャビネットをいつかそろえたいのですが、'71~'73年のグリーンバック期の物は2500ドルオーバーで中々根性が要ります!
IMG_5121.jpg

・オレンジオイル配合の洗剤が一番よく落ちます。
IMG_5119.jpg

・この時期は完ぺきに乾かせるので良いですね!ピカピカになりました。
IMG_5120.jpg

・TALKBOX用AMP CRATE POWER BLOCK CPB150 とROLAND SRA-50

2015年08月07日 23:07

・早速この名盤でセッションしてみました。85年の4枚目です。ちなみにbootsy collinsの大ファンでしたのでzappはbootsyプロデュース80年のデビュー盤からリアルタイムで聞いていましたがやっぱりこの4枚目が最高ですね。
1-25327.jpg

・通しでかけながらトークボックスとエレキギターで即興で合わせていくのが非常に楽しいです。DX100に自分でエディットしたぶっとい音色をメモリーしてあります。
IMG_5094.jpg

・二つのアンプに交互にドライバーを差し替えてお気に入りのサウンドが出るセッティングを出してみました。ROLANDのアンプもかなり良いですね~気に入りました。
IMG_5095.jpg

・脱線しますがBOOTSYの名盤はコレとコレ。先ずは80年のUltra Wave。ジャケットが素晴らしい!このLPは梅田の阪急東通り商店街のドン尽き、"LPコーナー”にて購入。一緒に買ったのがTHIN LIZZYのBlack Roseでしてレジでマスターにどういう関連やねん?と突っ込まれました。このLPは所謂”間”が素晴らしい、音と音の狭間にエッセンスが満載。
Bootsy-Collins-Ultra-Wave-411858.jpg

・82年に出たこれがまた凄かった!ちょうどその後のエレクトロファンクと以前の肉体派bootsyのブレンド具合が絶妙で曲がまた最高に良い出来栄えでした。ジャケットには特注のスペースベースも写っています。このLPがマイフェイバリット、あまりに聞き込み過ぎて盤が減ってしまい同じものを2枚買いました。
61wp-uQwlmL.jpg





・TALKBOX用にROLAND SRA-50

2015年08月06日 23:28

・最近、シンセサイザーの業界もアナログ回帰現象が進んでいてこの先とっても楽しみです。
最近、格安でミキシングアンプ ROLAND SRA-50を入手しました。トークボックスをする人の間で人気のアンプです。
早速開いてみたところ、流石はローランド、でっかいトロイダルコアトランスにヒートシンク、穴あきシャーシで排熱もバッチリです。入出力の系統やコントロール、イコライザと機能も充分でこれは中々使えそうです。
IMG_5088.jpg

・普段使っているドライバースピーカーは標準プラグを取り付けているため、早速スイッチ付きのモノラル標準ジャックを背面に取り付けてみました。これでドライバーの差し替えもスムーズです。マイクロコルグシンセで二つあるVCOを若干ずらせて作った分厚い音を使いこのアンプのイコライザーの低域を少し絞り高域をチョイ上げですとロジャートラウトマンの初期のミニムーグ独特の図太い音が作れました。ちなみにマーシャルの100Wでも強烈なサウンドが出せます、当たり前か。バーニーウォーレル御大がシングラヴィアをマーシャルにインプットしトランス状態で強烈なソロを弾くその気持ちが良くわかります。

IMG_5091.jpg

・エフェクターの製作参考

2015年08月04日 23:46

・トランジスタ技術 今月号にタイムリーな特集!回路の動作理論がとても分かりやすく解説されています。
小中時代は「ラ製」に「初ラ」 、以後~「CQ」、「ラ技」、「無と実」、「トラ技」分かる人には分かる?
IMG_5085.jpg

・高周波の配線を習得するとノイズや発振に強いプリントパターン設計や信号の引き回しができるようになります。
IMG_5084.jpg

・Snarling Dogs Whine-O Wah 密閉式ポットのガリ修理

2015年08月03日 00:17

忙しくてVOODOO VIBE PLUSの裏ぶたも開けていませんが深deepに効いています。ワウ、FUZZ、VOODOO VIBE、マーシャルでのVIBEサウンドが最高です。

・JEFF BECK御大が使うこのワウ!私も大好きです。なぜか?
1、ペダルの可動域が広い
2、その可動域全体で音域が変化する
3、コイルのQやゲイン量、ブーストアンプのキャラまで可変可能な文句なしの設計
4、そもそもこのメーカーのラインナップがBOOTSYのシグネイチャーワウだとかツウ好みの品揃え。
欠点は、非常に重いのと、密閉式ポットのガリが治せないことです。
SNAD001.jpg

・私のSnarling Dogs Whine-O Wahもポットにガリが出だしましたので早速修理しました。この形(四角い密閉式)のポットは画像のこの部分に0.8ミリの精密ドリルで穿孔して接点復活剤を注入すると一発で治ります。コツは100均などの安物のキリは使わないこと、掃除機で吸いながら穿孔すること、貫通した瞬間にルーターを引く事の3点。安物ではない上質なキリだと一瞬で綺麗に明きます。東京コスモス等のまあるい形のポットは側面に抵抗体が入っているので回転軸に対して側面に開けると死にます。この場合は前面のシャフトの近くに開けると上手くいきます。切削屑を筐体内部に落とすとポットがダメになりますので職人的カンが必要です。洗浄系のブレーキパーツクリーナーや556なんかを吹くと一時的にガリは消えますがポットの抵抗体がすぐにダメになってしまいNGです。かといってミキサー卓なんかに使う超高級接点復活剤も不要。私はホームセンターで売っているKUREのコンタクトスプレー(接点復活剤)ですが今まで全く不具合無しで使えています。
SNAD002.jpg


最新記事