・エレアコYAMAHA L-10ES プリアンプ修理

2016年12月14日 22:38

・アンプに通した際にブーンというかなり目立つハムノイズを何とかしてほしいというオーナーさんから80年代製のYAMAHA L-10ESというエレアコを修理依頼で預かりました。ちょっと弾かせてもらうと鳴るわ鳴るわ!弾きこまれた風格あるルックスも納得の素晴らしい個体であることが分かります。それにハイポジまでとても弾きやすく調整されています。
YAMAHA-L10ES-09.jpg



・症状は、アンプ接続時にジャック部分を触っていないとブーンというかなり大きなノイズが入ります。それと電池のリード線を動かすと音が出たり切れたりするようで早速分解に取り掛かります。
YAMAHA-L10ES-01.jpg

・見たところ2SK30という懐かしいFETを使ったプリアンプとトーンイコライザ―です。FETの足も黒くなっていませんし、タンタルコンデンサもショートすることなく正常です。ノイズと不安定な動作の原因は、、、
 9Vバッテリーのスナップリードのマイナス側芯線が全長にわたって真っ黒に酸化して導通不安定。
 バッテリーリード線がジャックコネクタで基盤にハンダされている箇所の銅箔パターン剥離。
 基板上のハンダクラック部分の再ハンダ。
 弦がアースされていない事によるノイズ。
YAMAHA-L10ES-02.jpg

・先ずは剥離したパターンの近くに新たに穴を開けコネクタ方式を改め直接リードをハンダします。(赤線箇所)
YAMAHA-L10ES-03.jpg
YAMAHA-L10ES-04.jpg

・次に弦をアースするために、リード線をタマゴ端子にハンダ付けした上でアルミテープに貼り合わせアーステープを作ります。アルミ表面とリード線の端にテスターをあてて導通を確認しておきます。アルミには普通のはんだは乗りませんので貼り合わせるわけですがこれで充分です。
YAMAHA-L10ES-05.jpg

・アーステープを裏側から貼り、裏側から表側に向かって弦とエンドピンが通る穴をあけておきます。必ず裏から表に向かって穴を貫通させるのがミソです。 続いて、通した弦が確実にアーステープに接触し導通するように写真のような細長いアルミテープを今度は表側から入れて弦が食い込む溝に向かって貼り、余った部分は裏側のアーステープ側に貼り付けます。
YAMAHA-L10ES-06.jpg

・アーステープのリード線はプリアンプの出力リードのアース網線端子に直接はんだ付けします。
YAMAHA-L10ES-07.jpg

・紫色の線が追加した弦のアース線です。電池のスナップも物理的に強い物に取り換えます。あとは各リード線の保護を兼ねて結束して元に戻しますがボリュームポット類はタイヤのボルトを締める要領で複数を均等に行います。(一気に締めてポット端子が基盤ハンダ面で偏った応力が掛からないように)

最後に出力ジャック端子を外してハンダクラックと接点のメンテをして無事に終了、アンプに通してみると当初とは打って変わりクリアーでノイズの無いサウンドが飛び出してきました。

早速、Jimi HendrixのHear My Train A Comin` (Acoustic)に合わせて弾いてみました、この音源はアルバートキングの影響なのかドロップCの更に4分の1音低いチューニング!レギュラーチューニングに戻してMichael SchenkerのTales Of Mystery、DADGADチューニングにボトルネックでLed Zeppelin、、適当に合わせて弾いてみますがネックとボディーに伝わる響きが気持ちいいです。 

それにしてもこの鳴りの良さと弾きやすさには感心しました。大切に弾きこまれてきたこの1本、これからも素晴らしいサウンドを奏でてくれることでしょう。
YAMAHA-L10ES-08.jpg

・筋トレのパワーラックを組み立てました

2016年12月10日 00:16

・2000年の確か9月だったか、それまで吸っていたショートホープをスパッと止めて(笑)その年の暮れからウエイトトレーニングを始めました。36歳でしたが体力の衰えに恐怖感を感じてのことだったと思います。その時のトレーニング器具は全て知り合いからのもらい物でまかなっていました。今年で丸16年、年間大体110日前後自宅でトレーニングしているのですが、加齢による安全対策とさらなるモチベーションアップのためにパワーラックを買ってきて組み立てました。好きな曲を流しながらのトレーニングは自宅トレーニーの特権です。
power_rack01.jpg

・小中高と一生懸命スポーツに取り組んでいましたが中でも中学3年生の時にそれまでの野球部から陸上部にシフトして、わけもわからず勧められるままに参加した市と県の400mの大会すべてに優勝してしまい一気にこれは面白い!と成ってしまいました。(単純この上なし)  進学時に色んな高校からお誘いがあり、ある学校からは将来、「競輪選手への道もあるよ」と、、、結局、別の陸上強豪校に行ったのですが、もし自転車の方面に進んでいたなら吉本新喜劇の辻本茂雄さんと全く同学年で同じ釜の飯を食っていたはずです。  oh~授業をぬけだしてぇ~ 大会でいろんなところに連れて行ってもらいました。インタハイの近畿予選では確か兵庫の王子競技場での4×400mリレーで京都の洛南高校に居たタレントの森脇健児さん(森脇3兄弟の次男)の一番上のお兄さんと同じ組で当たったことがありました。この頃からエレキギターにも取り組んでいましたので勉強する時間は当然のことながら全くありませんでした。
power_rack03.jpg

・時々ちょっとその辺を走ってみて自分の走れなさぶりに愕然とします。今は、優秀なスマホアプリがあるので走った距離はもちろん平均ペースや最高速度まで出ます。ジョギングやマラソンの練習をしてしまうとせっかく鍛えた筋肉が細くなるような気がしますので、短距離選手時代の加速走やステップ走、モモ上げ走なんかやってみますがまぁ情けないくらいに走れません。理想は海外のラガーマンのように”ゴツくて速い”です。

高校の時に練習で1000mのタイムトライアルを3本とかやってそのうちの1本のベストは2分36秒でしたが今は1本だけやっても8分以上かかってしまいますし第一1000m通して走ることもできません。昔から得意な加速走(徐々に加速していって中盤の50m位を全力で、そのあと流す)は今やっても気持良い物なんでためしに最高速度を計測して100m換算でどれくらい?とやってみたら16.8秒、しかも100mも持たない。体重も違いますがあまりの体力の衰えに情けない思いになりました。そこで少しでも快適にと近所のスポーツ店で最新のランニングシューズを買ってもらいました。平常価格12000円以上するものばかりでビックリ!しかし、型落ちモデルチェンジ前の物が大体3980円で手に入りますので28センチの物を2つ見つけてきました。インナーソールの性能とか膝への負担の無さとか最近のモノは隔世の感有りでありがたいですね。
power_rack02.jpg

・49歳の時に長男が補助についてくれてベンチプレスのフルレンジ、1回のベストが147.5キロ。その時、割と楽勝でしたので150キロは50歳になった時に~と。ところが加齢による衰えや怪我などで目標達成は程遠い状況となってしまいました。今まで相当怖い思いもありましたので安全対策とスミスマシンならではの高重量の感覚を脳に刻むという事でパワーラック導入です。ポジション決めやマーキングをしっかり行ってやってみますが、安全というキーワードのおかげで脳のリミッターが外れてこれからもう少しの間は頑張れそうです。組み立て記念にスティーブヴァイのギターとコラボして動画を作ってみました。

・iphone5s バッテリー交換

2016年12月01日 00:00

・iphone7の256GBという大容量ストレージは魅力なんですが、あの大きさとラウンドエッジのダサいデザインがどうしても好きになれず買い替えを見送りましたので劣化が激しいバッテリーを交換しました。アマゾンで1300円!
ih001.jpg

・5Sの64GBにCDを390枚分読み込ませてシャッフル再生させています。コレクションが約3300枚分ありますので飽きたら頻繁に入れ替えますが最近はAccuRadioという超優秀なアプリでジャンルをセレクトして聴くことが多くなっています。
ih002.jpg

・計4つのケーブルコネクターとそれらの押さえカバーを外すと液晶セクションと分離できるので作業がしやすくなります。バッテリーの固定テープが剥がしにくいのでメリメリと力技で剥がします。
ih003.jpg

・新しいバッテリーをセット、端子を元通りにしていきます。
ih004.jpg

・4インチのスクエアエッジデザインが良いですね~ゴールドをブラックに変身させてみました。2017年の3月にSEが大容量化されるのを待ってみます。
ih005.jpg


最新記事