・CS'69ストラトキャスターのポット選別Ⅱ

2017年02月12日 22:13

・費用を掛けずにできるチューニングにポットの選別があります。CTSのビンテージタイプのトルクの軽いタイプはバラつきが非常に大きいのでそれを利用してサウンド差を楽しめます。アビゲイル・イバラの手巻きピックアップも個体差が凄くありこれは2003年のブラックストラトのを2002年のストラトに移植したものです。
CS69st01.jpg

・ポットの配線を全て外し残留抵抗と最大抵抗を計測。最大抵抗値が大きいほど高域成分と倍音が増えてきます。今回は残留抵抗値が少なく最大値が大きかったフロントトーンのをマスターボリュームに移動。マスターボリュームのはミドルトーンに移動しました。
CS69st02.jpg

・ハンダは現行ケスターよりも倍音成分が強く出る70年代のケスターをポットなどの今回変更した箇所にだけ使いました。スイッチ側やジャックのハンダは現行ケスターのままです。後で弾いて実感しましたが暴れ過ぎず,かぶり過ぎず丁度い感じです。ハンダとか線材というのは凝りだしたら出口が見えない魔宮の世界です。60年代のALPHA製でエネルギッシュドロジン入り!なんていうのがあるそうで是非1巻手に入れたいものです。
CS69st05.jpg

・配線が終わったらパーツクリーナーで浮き出たフラックスを除去しておきます。このギターのボディーとネックは元々少しマイルドな傾向でしたが数年の間にピックアップや今回の試みなどでかなりジャキジャキに生まれ変わっています。
CS69st03.jpg

・木目フェチです(^'^) フェンダーギターの良い所はいい加減なところです。良い加減、いい塩梅(あんばい)、、、倒してもネックが折れたりしませんし音が良いのにお値段も手ごろ。若い学生さんでも頑張ってバイトすれば買えてしまいます。1本1本音がかなり違いますので年代別や色で選んでみるのも楽しいと思います。今、ティールグリーンメタリックやターコイズグリーンメタリック等のブルーとグリーンの中間で少し退色が始まった、、、感じのメタリック色でメイプルフィンガーボードのストラトキャスターが好いなぁと眺めています(笑)
CS69st04.jpg

・Power

2017年02月09日 23:32

・BCAAというアミノ酸サプリメントです。味の素ゼネラルフーズで作られた原料をアメリカ国内で詰め込んだ物を逆輸入すると非常に安く買えます。6キロ買いましたが日本で買うと倍近くします。
IMG_8249.jpg

・BCAAを飲むと集中力とパフォーマンスが上がってトレーニングが充実します。シーテッドショルダープレス70キロ*10とベントオ-バーロ―イング115キロ*10回をスーパーセットで。
IMG_8279.jpg

・日本橋の千石通商にあったクリームパーロイド!これのピックガードを探してみます。
IMG_8248.jpg

・今年は例年になく寒い冬なので次男の下宿にコタツや肉厚ジュータン!などを差し入れに行きました。下宿近くの店にある1960TV,,,容積が大きいので普通のAキャビより低域が出ます。このお値段は安いですね(^'^)
IMG_8263.jpg

・私的に71年Marshallと並ぶ超名機!と思えるFender75。パワーアンプ部の動作を3極管接続(トライオード)、5極管接続(ペントード)、ウルトラリニアの3つの切り替え式への改造。配線的にスイッチはこの位置がベストなのでグラウンドスイッチを取り外して配置しようかと思案中。
IMG_8246.jpg

・Sメーターにダイアル照明。16㎝のフェライトバーアンテナ、FMはIF2段にAFC回路付き、8Wプッシュプルに大口径スピーカー。
ICF-9090を設計したエンジニアさんに感謝!
IMG_8298.jpg

・Fender 75 amplifier power tube bias

2017年02月07日 22:40

・レアなだけでなく15インチにハードに歪むプリアンプ、パワーチューブのプレート電圧を半分に落とすパワースイッチと至れり尽くせりの内容でコレクションの中でも最高傑作の1台です。購入時はボロボロでしたが完璧にレストアして生まれ変わっています。
fender 75 tubeamp01

・数か月に一度、手持ちの中から出力管を選んで差し替えてサウンドの違いを楽しみます。殆どがロシア製ですがサウンドはかなり変化するので面白いです。中国製の出力管はプレート電圧が高い(500v以上)ギターアンプでは突然!真空管の内部放電や電極接触等の故障が起きることが多いので電圧の高い機種には使いません。
fender 75 tubeamp02

・ムラード(ロシア製)やエレハモのEL34にするとコンプレッションの効いた気持ちの良い歪み。LOWパワー側ではヘッドルームが下がってさらに歪む感じ。
fender 75 tubeamp03

・松下のEL34を使いたいのですが1本しかないためこれはまた次回入手してから試します。ビンテージのチェコ製TESLAは520Vもかけるのが怖いので、、、ビーム管のTUNG-SOLのKT-66とスベトラーナの6L6GではEL34よりもカラッとした印象で良い感じ。
fender 75 tubeamp04

・パワー管の脱落を防止するリテーナーはオリジナルのベースを挟む方式からバネでテンションを掛ける方式に変更しています。これだとどんなベースの形状の物でも対応できます。
fender 75 tubeamp05

・スベトラーナの6L6GCも良いサウンドでしたが今回はKT66をしばらく搭載することにしました。BIASは音で決めますが、浅いと耳にキツイし何も良いことが無いのでちょっと深めで音が立つポイントにしてみました。左右のバランスは10mAもずれるとブーンというハムが目立ちますので大体DCバランスが合うように調整しておきます。左右個別に調整できるように改造してあるのでペアチューブでなくても使えるので便利です。
fender 75 tubeamp06


最新記事