・エレクトリックギターの考察

2017年10月02日 22:31

・最近の特に山野楽器の代理店契約解消以後のフェンダーとギブソンって価格が高すぎますよね。それ以前の、たとえば私が持っているカスタムショップ製のストラトなんかも、客観的に見て、ためしに楽器としての値段を自分で付けるとするとせいぜい18万円位かなと感じます。しかし、定価は当時で30数万円「ですからいかにブランド使用料が高いかがわかるような気がします。というのも、先日、k,nyui製のショップオーダー35万円也のテレキャスターを拝見しましたがため息の出るようなぜいたくな材と造り込みで惚れ惚れするくらい上質なギターでこれは充分に価格以上の逸品だと感じさせる品でした。

・大体モノの値段としてエレキギターの価格が35万円というのは高いの安いのかというと、腕のいい職人が、材を選別して、手塩にかけて作り上げるのですからかかった日数も考えて国産ハイエンド系なら一生持つ喜びを味わえる逸品としては安いのではないかと思います。しかし、実際に自分が購入しようかと考えると既製品やイージーオーダーでは細部の仕様に”ここをもっちょっとこうして欲しい”などがどうしても出てきます。そこで一から指定してフルオーダーメイドではどうかと色々と見て回るに+10万円~15万円 つまり定価ベースで45万円~50万円あれば国産の物凄い精度で贅沢な材を使ったギターができるのではないかと、、、今回は予算を充分に用意しましたのでまだ余裕がありますが、ギターとしての値段を考えると50万円が自分的にはリミットかなと考えます。色々と、気になる工房があって、クレイジーKENの小野瀬さん、松原正樹さんのCOMBAT GUITARSやpsychederhythm、CREWS MANIAC,FREEDOM等々、今までほとんど未知だった世界ですので今、情報を集めています。先日、オークションやWEBショップで集めた画像ですが中々いいなぁ(笑)
Combat_Guitar_MS_Series___Hawaiian_core_SSS02.jpg
Combat_Guitar_MS_Series___Hawaiian_core_SSS03.jpg
Combat_Guitar_MS_Series___Hawaiian_core_SSS04.jpg
DSC01602.jpg
DSC01632.jpg
DSC01644.jpg
DSC01581.jpg



最新記事