・Freedom Custom Guitar Research 使用する材料が決定しました

2018年05月01日 23:34

・4月の中旬にBSプレミアムの東京ディープという番組でFreedom Custom Guitar Researchさんが登場しました。実は私も初回放送を見逃してしまい再放送を録画して拝見しました。東京の下町、職人の街で様々な業種に生きる人々のドキュメンタリーで、今年NAMMショーで出展2000ブランド中、最も優秀な6ブランドに贈られる賞を受賞した事や特許技術”ありみぞ継ぎ”について詳しく紹介されていました。従来のネックジョイントの4本のネジ締めを工夫して音色を変える方法はストラト弾きにはおなじみですがめんどくさいのとピンポイントで再現性に欠ける部分で中々難しいところ、、、
fcgr01.jpg

・ネックジョイントの精度を上げたり仕込み角度を工夫するという事はどこのビルダーさんでも肝の部分だと思いますが、アリミゾ継にしてネジ1本の締め方で簡単に音色を変える方法を開発して製品に反映したことは凄いなと思います。 同様に、ピックアップのコイルの形状を工夫してシングルとハムバッキングの間をタップコントロールで無段階に調整できる方法! そして、ステンレスフレットの弱点を材料から開発して良い点のみを残す方法も。永らくギターを弾いてきた身にはどれもこれも合理的で魅力的です。アイデアを競争力のある商品にまで仕上げているところに感心しました。それに楽器店で手に取ってみるとネックの握りやボディーシェイプが絶妙でヘッドの形を眺めると大胆かつ上質という言葉が浮かんできます。
fcgr02.jpg

・番組内では製造中の職人さんたちの様子も垣間見れたりして、改めてこちらにお願いして良かったなと感じました。というわけで1月中旬から交渉を開始した私のギターも先日、材料の選定や仕上げの色も決まりあとは6ヶ月先の完成を待つだけという事になりました。楽しみです!
fd.jpg


最新記事