FC2ブログ

・Celestion Vintage30とVHT ChromeBack 12" Speakers

2018年10月07日 23:57

・台風24号による待機でやることが無いので前から試してみたかったYAMAHA SOLDANO T50CにセレッションVINTAGE30スピーカーに付け替えて弾いてみることにしました。
crvg1.jpg

・ところで、ギターアンプのイコライザー回路にはプリイコライザータイプとポストイコライザータイプがあります。

 ☆プリイコライザー フェンダーなどヘッドアンプ→イコライザー→歪み発生回路 となるためトーンは上げ気味でないと全体のゲインも下がる。トーンの効き自体はバッファーを介さない限りはツマミの移動量に対する変化の仕方は穏やかなカーブ。

 ☆ポストイコライザータイプ 90年代のハイゲインアンプ時代に台頭してきた。ハイゲインの場合は大抵歪み発生回路4段増幅後にさらにイコライザバッファで電流増幅した後トーンイコライザ―回路を通るためツマミの変化に対する聞き具合が非常にシャープでクリティカル。ベテランにはトーンを造り込めるので堪らないが慣れないとほんの少しの変化でサウンドのディティールが大きく変わるのでとても難しい。大抵はカットする方向で調整。所謂、フルテンとかいう設定ではキツ過ぎてあり得ない。
私が持っているAMPEG VL-1002YAMAHA T50Cはこのタイプです。

オールドマーシャルもポストタイプですが2段増幅+トーンバッファ→トーンイコライザ回路となりモダンタイプみたいな低インピーダンスではないのでツマミの変化量に対する効き方は比較的穏やかで使いやすい。

余談ですが、このソルダーノ氏が90年代にヤマハで設計して出したT50 T100シリーズは、ドライブチャンネルはある程度音量を上げないと正常なリバーブミキシングとならないでリバーブの効き具合が変わる。(特にドライブチャンネルではマスターを絞り過ぎると風呂の中で弾いているような音) チャンネル切り替えが遅い。等々、、、これは信号の流れがとても個性的で、イコライザーの位置(2チャンネル並列で個別に調整できる)がセンドリターン(プリアンプアウト)バッファアンプ→リバーブ回路の送り出しバッファアンプ→イコライザーバッファ→やっとイコライザ回路 となっているので各段の信号のやり取りにおけるインピーダンスの整合が少々おかしいのではないか? 一方、Lee Jacsonが設計したアンプヘッドでは後年のメタルトロニクスも含めて唯一のリバーブ搭載モデルなのがampeg時代のVL-1002とVL-503ですがリバーブの掛かり具合がクリーン、ドライブ共に素晴らしく綺麗でお勧めのアンプです。

それから、裏にはYAMAHAが100Vで使うようにとシールまで貼っていますが、真空管のヒーター電圧が不足しますので音が立ちません。117Vに昇圧させるのが正解でヒータ電圧も6.3Vとなります。昔のエディーのようにローヴォルテージでと思っても電源電圧だけを下げて使うとヒーター電圧がさがってエミッション低下となるので正式にはFENDER75やTHE TWINでやるように抵抗による分圧で下げるか、VHT SPECIAL6 ULTRAでやっているようなパワートランジスタによる制御などで下げないと音圧自体も下がってしまいます。(回路図内に書き込んだ数字は赤がドライブチャンネル、紫がクリーンチャンネルのそれぞれの段数です。)
t50c_gain.jpg

・余談はさておき、我が家には物凄く重たい、おそらくマーシャルキャビネットの1.5倍は重いのでは?というampegキャビネットがあります。ここのcelestion vintage30は昔の英国製で4発あるのでコレを1発借りることにします。
crvg2.jpg

・今までに色んなスピーカを換装してみてT50CにはVHT ChromeBack 12"インチが最良だとの結論に達していたのですがVINTAGE30だとどうなんだろう?ちなみにVHT ChromeBack 12"ですが50オンスのへヴィーマグネットでおそらくセレッションの中国工場でのOEMではないかと思われます。このスピーカーは安いのですが非常に歪み物との相性を気に入っていて、オークションで見つけるたびに買ってきて今では3台持っています。低域も良く出ますがボワつかず、ミッドハイも痛くないので本当にいいスピーカーです。イメージ的にはエミネンスのTonkerに近い感じ、、、VHTのキャビネットを買うと自ずと付いてきますが単体で入手するにはこまめにオークションをサーチすると1年に1本くらいは出てきます。
自己流ですが大抵コーン側から見て中央の丸い部分の大きさが小さいスピーカーほどピーキーで大きいやつほどフラットな特性なものが多いです。
crvg3.jpg

・取り付けてみました、弾いてみたところVITAGE30のアッパーミドルの痛いところが結構きつく、、、これはちょっとしんどいなぁ~結局 ”大山鳴動してネズミ1匹”も出ずあっさりとボツ再度交換となりました。なぜか?VINTAGE30はオープンバックのコンボではアッパーミドルが突き刺さり過ぎてやはりクローズドでしかも4発というコーン面積があって初めて良い音となることが分かりました。
crvg51.jpg

・一方1発だけVHTにしたキャビネットも弾いてみましたがこれは異色の組み合わせがなかなかうまく調和してアンビエンスドな具合となりました。昨今流行の2発2発クロス搭載など今後の研究材料ですね。このキャヴィネットは合板が厚くて重いので良い音がするんですよ!
crvg4.jpg

・結局YAMAHA SOLDANO T50Cには元のVHT ChromeBackが非常に良い感じです。これ16Ωしか見たことが無いので是非8ω版を出してほしいですね~ このアンプは買ってきてすぐにバイアス2段階シフトと並列シフト回路を付けましたのでペア外れチューブや色んな真空管を差して使えます(真空管のプレート耐圧とトランスのヒーター電力容量が許す範囲で)
crvg6.jpg


最新記事