FC2ブログ

・freedom hydraのピックアップを交換しよう 3 交換完成!

2019年09月24日 00:30

・音の入り口であるピックアップを交換するという事はギターのキャラクターを変える大きなファクターです。
色々と経験値もあり、ピックアップ詳説本の情報も眺め情報量が多すぎて却って逡巡しましたがとりあえず気に入らなければまた変えればいいと交換したのがこれです。 ところがどっこいカンピューターが冴えて良い結果を生みました。
・ネック dimarzio air norton
・ミドル dimarzio protrack
・ブリッジ suhr aldrich
freedom-hydra-dimarzio-suhr-pu001.jpg

・先ずはピックアップの素性を調査、直流抵抗DCR、位相のチェック、リード線とコイルの関係(HOT,COLD判別)
DCRはデジタルテスターで、その他はアナログテスターの針の振れる方向で判断します。
freedom-hydra-dimarzio-suhr-pu002.jpg

・計測自体中々面倒な作業ですが電気的な特性をつかむには必要です。配線をする場合に参考になればと思いadobeのIllustratorを使って計測した諸々のデータと実際に配線したダイアグラムを書き込んでみました。
freedom-hydra-dimarzio-suhr-pu005.jpg

・今回、ミドルピックアップのdimarzio protrackは一番最初に使ってみたいと決めていました。所謂シングルサイズのハムバッカーです。4芯のリードワイヤーでタップ可能という事でもあるので元々hydraに付いている2回路3接点6pスイッチを3回路3接点9pスイッチに変える方法もありましたが、protrack単独でtap切り替えができる方がバリエーションが増えるのでマスタートーンポットをアメリカ・alpha社の500kAスイッチポットに替えて取り付けました。
freedom-hydra-dimarzio-suhr-pu003.jpg

・エフェクターやアンプの製作や修理時もそうですが、あらかじめ配線しておかないと後で大変な箇所や逆に最後に配線した方が楽な箇所など考えながら配線して行きます。
freedom-hydra-dimarzio-suhr-pu004.jpg

・配線作業は得意ですが中々綺麗に配線できました。24フレットのギターなのでタップ時に生きるコイルはできるだけキャラの差が出てミックスした時のサウンドも考えて選択してみました。特にリアをシングル センターをシングルにしMIXした時にリアのシングルにハイドラのタップコントロールヴォリュームでパワーを足して行った時のサウンドの変化具合が物凄く使える音でした。
freedom-hydra-dimarzio-suhr-pu006.jpg

・どのポジションもドライでマホガニーとメイプルのジョリンジョリンサウンドが冴えわたります。倍音と実音のバランスが素晴らしくなりました。

ネックのdimarzio air nortonはさすがにこのポジションでの人気機種だけあってアタックもハッキリ、伸びも申し分ありません。マグネットが弦を引っ張らないので高さ調整でかなりパワーの強弱を極端に調整できるのも魅力です。

ミドルのprotrack これはピックアップ紹介bookでローリー寺西さんが絶賛されていたのをみて是非使ってみようと決めたのですが確かにシングルとハムの良い所取り、単独でも主役級ですがフロントやブリッジとのmixがとっても良くて驚きました。セラミック特有のコンプレッションの感じが他のアルニコマグネットピックアップとの違いが出て新鮮に感じます。

ブリッジのsuhr アルドリッジはsuhrのギターを多数所有する友人が絶賛していたので決めました。dcrが18kΩもあるのにこの倍音タップリ感とミッドローのタイトさは特筆ものでした。普段音源をbluetoothでオーディオセットに飛ばしてステレオスピーカーで再生しそれに合わせて弾く事が多いのですが、ギター側の音量をあまり上げなくてもヌケと分離が良いのでハッキリと浮かび上がります。アタックがクッキリありそれに続く長いサスティーンが甘く途中からフィードバックします。

最近のピックアップの底ジカラを体験できました。特にtapやそれをmixしたサウンドはよく研究されているなと感心しました。
各社のクリームボビンの色味に差があるためblackで統一してみましたがこれも引き締まってクール!大満足のピックアップ交換となりました。
freedom-hydra-dimarzio-suhr-pu007.jpg

・freedom hydraのピックアップを交換しよう 2 ピックアップを調達

2019年09月09日 22:02

・ネックがDimarzio Air Norton、センターがDimarzio Pro Track、ブリッジがSUHR Doug Aldrich です。suhrのギターを沢山所有する友人の話でもアルドリッジは素晴らしいよ~との事なので今から楽しみです。

それにしても、、、正にサウンドハウスさんは楽器業界の革命家!'83年頃だったかな、ディマジオのハムバッカー2個とビルローレンスL250を買った時は新しいギターが買えるくらいの値段でしたが今では三分の一以下で揃う事に感謝。最近では徳島に物流基地があるのも驚きです。
dimarzio-suhr01.jpg

・現在、どのような回路で行こうか思案中です。特にハムはアジャスタブルポールピース側のタップをと思っているのですがどうなんでしょう?ご意見をお聞かせください。センターのシングルサイズハムPRO TRACKは単体でタップスイッチをと考えますが、その場合、トーンポットをプッシュスイッチ付きで行こうかと考えています。
dimarzio-suhr02.jpg

・2019山下達郎全国ツアーが地元に来ましたので家内と観に行ってきました。3時間10分!充分楽しませて頂きました。
yt001.jpg

・まず、サウンドが素晴らしい!楽器の定位がきちっとしていて聴き疲れしないのは流石でした。ギターも硬質な音の佐橋さん、少しマイルドな音の達郎さんと綺麗に分離していました。ギターのサウンド自体がスーパーブリリアントではなかったことが意外でして後で調べたら6V6GT搭載アンプと知って納得しました。そうそう、ベースの伊藤さんはマーシャル3段積みでしたね!

全体的なサウンドとして80年代のツアーではもっと空間系のアビエンス豊かな感じでしたが、今回はタイトでクール、シンプルな印象を感じました。 もう私の大好きな青山純氏のチューニングの低いへヴィーなドラムを聞けないのは残念ですがそこは超一流どころがズラリ、10人が織りなすサウンドは圧巻でした!
yt002.jpg

・夏休み2019

2019年09月08日 23:59

・今年の夏は少し変でしたね~梅雨が明けても空気がカラッとせずいつまでもジメジメしていましたね。私は8月が大好き、暑くなればなるほど食欲も増すのでセーブするのが大変です。

・長男が長期の出張が終わり早めの夏休みで帰省してきたのでみんなで熊野の海の幸を堪能してきました。この場所は30センチもある大きなカワハギが釣れるんだそうです!(私は釣ったこと無い(^^ゞ)
2019turi_05.jpg

・夏休み中は午前中近所の埠頭でキャスティングの練習をし、昼食後筋トレ、夕方からは高速に乗って夜釣りに行きました。ほぼ毎日。嫁さん曰く、今時の小学生は塾やら習い事でこんなに朝から晩まで遊んでいない、だからあんたは昔の小学生やと、、、そうかもしれません、、、日没前にロッドをセットしてアタリを待ちます。
2019turi_08.jpg

・キビレが釣れてきます。綺麗な魚体でしたが全てリリース。
2019turi_07.jpg

・海風が涼しい 星空と竿先を眺めつつ、iphoneからはJohn McLaughlinのモントルーライブが流れています。 ポツポツとキスが釣れてきますので退屈しません。時折、大きなアタリでマダイやグッドサイズのマゴチが釣れてこの日は大満足の1日でした。タイとマゴチは1日冷蔵庫で寝かせて造りにしましたが絶品でした。
2019turi_06.jpg

・仕事が終わってから急いで筋トレし、夕方近所の埠頭にタチウオを狙いに出かけます。釣り具屋で色々作戦を練るのが楽しいですね!
2019turi_02.jpg

・この日は90センチオーバーのタチウオがヒット!けっこうな引きで抜きあげるのが大変でした。
2019turi.jpg

白身の魚は冷蔵庫で1日寝かせると甘味が増します。さばいて刺身のサクにするまでの間にできるだけ真水を見せない(水で洗いすぎない)のが美味しくするコツです。この日は嫁さんに造りにしてもらいました。しその葉を添えて、地元で有名なダルマ醤油でいただきましたが身が厚い上に甘くて最高でした。
2019turi_04.jpg

・別の日は小さいのしか釣れず。これは一旦冷凍した後、友人に教わった食べ方、皮目を軽く炙ってから薬味を効かせたポン酢で頂きましたが食感と味で高級料亭の雰囲気を味わえました。 秋に嫁を離島の釣りに連れて行ってやろうと思っていましたが仕事が忙しくてとてもそんな時間が取れそうもありません。 クオリティーの高い仕事をするには仕事の量を増やしすぎない事といかに楽しく遊ぶかが大事なんです。
2019turi_03.jpg



最新記事