FC2ブログ

・オニアジは美味しい~ショアジギング

2019年11月24日 22:34

・ホームセンターにあるパーツを使ってフィッシングベルトを作ってみました。釣った魚をつかむ、プライヤーでフックを外す、ナイフで絞めるが一連の動作で行えるように配置を考えます。これがまた使ってみるととっても便利!
JIGI01.jpg

・水温が下がってしばらく姿をくらませていましたが、またまた元気な引きで釣れてきました。
JIGI02.jpg

・スローフォールさせて着底直後にバイトしてきました。とてもよく引きます、、、あとで分かったことですがオニアジという沖合回遊型のアジで27センチありました。
JIGI03.jpg

・ワンピッチジャークで底から3ピッチくらいのジャークで食ってきました。先週くらいから連れてくるタチウオの身が厚くなり脂がのってきました。
JIGI04.jpg

・曇天で潮色も暗いのでグロータイプのルアーにブラックライトを当てて蓄光させて投げてみます。
JIGI05.jpg

・沖合に複雑な潮目がクッキリと浮かび上がりました、蓄光させたジグを思い切り遠投したところ届きました!そして、着水後のフォール途中でいきなりのヒット!やっぱり海面の観察は大事ですね!暗くなったので終了。かなり楽しめました。暗くなるとワインドやテンヤ、浮き釣りといった釣り方がありますが私は一切やりませんメタルジグとハードミノーオンリーです。
JIGI06.jpg

・オニアジとメッキは合わせ盛りにしてもらいゴマを和え本わさびとダルマ醤油でいただきましたが脂が乗って身が甘くて絶品でした。オニアジは豊後水道の大分側で釣れたものは関アジというブランド名が付くそうです。ゼンゴが長くて硬く、背が黒っぽくて皮も厚いです。
JIGI07.jpg

・別の日に親戚の漁師さんからチダイとイサギを頂いてきましたのでタイのお頭でお吸い物を作ってもらい、チダイは昆布締めに、イサギは造りにしてもらいましたがこれが又最高でして、家庭で味わう高級料亭の味!、料理民宿の味?を堪能できました。
私は釣るのと包丁を研ぐのが役目です。
JIGI08.jpg


最新記事