FC2ブログ

・サーフゲームでヒラメ・マゴチ

2019年12月29日 21:03

・ゲームベストにヒップバッグを買ってきました。最近のルアー用品は機能的によく考えられていますね~
surfru08.jpg

・ベストのポケットにはルアーを入れたケースが収納できますのでロッドだけを持ってサーフを身軽に移動して探っていくことができます。
surfru06.jpg

・魚の口に引っ掛けて持ち上げるフィッシュグリップとプライヤーのセットがamazonだと釣具店で買うよりはるかに安い値で買えるんです。プライヤーにはナイフまで付いていてビックリ。
surfru07.jpg

・普段もオークリーのサファイヤイリジウムというサングラスを愛用していますが、ルアーフィッシング用にサファイヤイリジウムの偏光レンズタイプのサングラスを買ってきました。オークリーのレンズは物がクッキリ浮かび上がるし像が歪まないので良いですね。
surfru05.jpg

・あれやこれや想像しながらいろんなルアーを集めるのが楽しいです。
surfru04.jpg

・仕事の軽トラックに乗って県南部の浜辺を車中泊しながら巡ります。夜中、誰もいないサーフに車を泊め満天の星空を眺めながら聞くFEN (AFN米軍放送)は格別です。
surfru09.jpg


・まぐれ当たりで50センチのマゴチが釣れてくれました。
surfru02.jpg


・このロッドはショアジギングロッドなので40グラムのメタルジグを遠投するには向きますがサーフゲームで20グラム~30グラムのシンキングペンシルやワームヘッドを飛ばすには竿先が硬すぎる感じがしますし、当たりがあっても穂先が弾いてしまい魚が乗らないことが度々ありました。

そこで、同じキャスティング選手仲間で静岡県内の大手釣り具店の店長をしている友人にお願いして本場静岡で人気のサーフゲーム用ロッドを仕入れて送ってもらうことにしました。この店長さんは駿河湾のサーフでブリにヒラメにマゴチにと釣りまくっているんです。
surfru01.jpg

・マゴチは頭の方はブツ切りにして赤だしを炊いてもらい下の方は造りにして頂きましたが舌触りがもっちりとして絶品でしたよ。

30代の頃によく九州に釣りに行きましたがその頃は効率最優先で飛行機で飛んで空港のレンタカーに飛び乗って釣り場に直行!泊まるのは健康ランドというパターンでした。そこで、久しぶりに正月に九州へ温泉を兼ねて釣りに行ってきます。このWEBページが縁でご紹介頂いた阪九フェリーで行ってみることにしました。往復のフェリーもデラックスな客室に泊まれて現地でも温泉旅館に泊まれるプランで今からとても楽しみです。
surfru03.jpg

・ギター売却に伴うピックアップ再換装

2019年12月22日 21:46

・フェンダーカスタムショップ製'69ストラトキャスター1本とLiteAsh Telecasterを売却しました。ストラトにはリンディーのwoodstock69を付けていたため売却にあたり、オリジナルのイバラピックアップと換えました。これで手元に残ったストラトキャスターは家宝の・カスタムショップ製'69 ・セイモアダンカンストラト ・'79年製ストラトの3本になりました。そのため、めったに出してこなかった家宝を常時弾くことにしました。12本ほどストラトを所有しましたが残った3本はネックの鳴りが段違いに感じます。

それにしましても山野楽器が代理店を辞めてからのフェンダーの値段は異常ですね!jimi~と名前が付くだけでストラトが70万~80万です!ストラトがですよ~!ちょっとおかしいのではと思いました。
sttl2019-01.jpg

・さてさて、もう40年近く弾き込んだこの'79ストラト、トップコートはとっくに溶けています。ひじや左手が当たるカッタウェイ部分なんて着色層の下の部分や木の部分まで取れてしまっています。ネックのポリウレタン塗装もポロポロ取れてきました。ちょっとあまりにもひどい状態だったのでコンパウンドをかけて磨いてみました。
sttl2019-02.jpg

・ネックポケットの精度なんて悲惨な程アバウトです。フェンダー史上最高にいい加減だった時代ですね(笑)
sttl2019-03.jpg

・肝心のピックアップ取り付け。以前に近年製造のリンディーwoodstock'69を取り付けたときは高音がきつすぎて合わないと思ったのですが、今回の'93年製リンディー'69は何故かバッチリ合って非常に良い感じです。ピックガードの静電気ノイズが大きかったのでシールドを張りなおしたところノイズが減りました。
sttl2019-04.jpg

・トレモロブリッジは年代物のMoonのブラスブリッジです。セッティングはギリギリのベタセッティングでアーミングしても全く狂いません。このギター、精度はガタガタですが音は非常に良いのです。まず、この時代の特徴なのかネックやヘッドの角度の関係でレギュラーチューニングで比較しても弦のテンションが柔らかく弾きやすくサスティーンがとても長いです。当時の定価は250000円、買ったのは3割も引いてくれて175000円、相場は2割引きが限度だったはずなのでひょっとしたら検品外れのB級品だったのかも!?
sttl2019-05.jpg


最新記事