FC2ブログ

・YAMAHA SOLDANO T50Cのゲインアップ改造

2020年01月23日 23:15

・マイク・ソルダーノがYAMAHAとコラボしたこのアンプ。中身もパーツ類はすべてアメリカ製、基盤レイアウトの仕方や格段の定数なども含めてYAHAMAのアーキテクチュアは微塵も感じられません。ソルダーノの歪の特色はきめの細かい歪、それだけにストラトキャスターのシングルコイルではもう一押しの粘りとゲインが欲しいと常々考えていました。
T50C-gainup01.jpg

・まずはシャーシを引っ張り出してひっくり返します。特パワー管を割ったりしないようトランスの頭に板をかませて工作台に乗せます。
最高でDC470Vの箇所もあるので感電に注意!直前まで通電していた場合はケミコンに高圧がチャージされ残っていますのでまずはそれを下げますがやり方は簡単スイッチを切るときにスタンバイスイッチはオンのままにして先にメインのパワースイッチを切ります。スタンバイをオンのままにしておくと10数秒で数ボルトまで下がってくれます。
T50C-gainup02.jpg

ソルダーノの回路を見ていきましょう、ヘッドアンプ(赤1)はプレート負荷抵抗が220kとゲインが高めに取られています。カソードのバイパスコンデンサ1μはフェンダーの25μに比べずいぶん小さくて低域がカットされています。ちなみにここを25μにしてみたところブーミーになってしまいました。送り出しの出力インピーダンスやカップリングコンデンサの値との関係もあってそう簡単にはいかないところですね。大きくするとピュアなピッキングニュアンスが失われるのでここはこのままでいきます。2段目(赤2)も同様にこのままです。

3段目が(赤3)他のハイゲインアンプと定数が大きく違うところです。ドライブチャンネルのゲインの深さは2段目×3段目で決めており、結論から言うと今回はここのカソードバイパス回路に流れる電流を変えるとゲインとピッキングニュアンスが大きく変わりました。
T50C-gainup03.jpg

・我が家にある主なハイゲインアンプ3台のプリアンプ部カソードバイパス回路の定数を比べてみたのが下の値、、、試しに3段目のバイパス回路にパスコンを入れてみたところゲインが上がりすぎて発信気味の音になってしまいました。色々とやってみてバイパスRの39KΩに並列にRを抱かせ合成抵抗値を下げることでゲインを上げていきました。
○FENDER 75
①25μ 1.5k  ②25μ 1.5k  ③25μ 1.5k

○FENDER THE TWIN
①22μ 1.5k  ②0.68μ 2.7k ③0.68μ 1.5k

○YAMAHA SOLDANO T50-C
①1μ 1.8k  ②1μ 1.8k ③無し 39k
T50C-gainup04.jpg

・カソードのバイパスRの両端をプローピングしてパーツをとっかえひっかえしてギターを弾いていきます。主に歪の深さとピッキングの反応を聞いていきますが値を試すのに便利な方法ですね。
T50C-gainup06.jpg

・やはり3段目はどんな値のパスコンを付けてもゲインが上がりすぎて可聴域以上では発信している感じの音です。
T50C-gainup05.jpg

・いろいろやってみてシングルコイルでももう一伸びのゲインアップとピッキングニュアンス、ノイズとの兼ね合いで丁度良いゲインが決まりました。
T50C-gainup007.jpg

・後々の変更も考え基盤に新たに0.8ミリの穴をあけて並列に配線することにします。元々ある39Kに47Kを追加して合成抵抗=21Kで行くことにしました。ソルダーノの基盤はハンダ面が部品の実装面にあって実質PtoPと変わらない整備性で便利にできています。その点、赤ノブツインやAMPEG1002は基盤やボリューム類を外す必要があって大変ですぞ~。
T50C-gainup08.jpg

・実装が完了、簡単ですが効果は絶大。ハンダは70年代のケスター44を使いました。以前交換したフィリップスのマスタード0.022μも映っています。
T50C-gainup09.jpg

・このアンプは以前バイアス回路も並列2系統に作り替えました。バイアスのレンジも切り替え可能にしていますのでKT88,KT66,EL34,6L6GC,6V6GT,EL84(変換ソケット併用)とほとんどのパワー管を左右DCバランスを完全一致させることができます。

こうしておくと、ペア管のうち片方だけ切れた場合も別のペア外れの真空管を持ってきてもDC的には左右揃えることができます。
T50C-gainup10.jpg

・確か80年代に買っておいたシルバニア製の6L6GCでバイアスをとっておきます。20代の前半にまだ当時は安かったUSA製のN.O.Sをかなりの数買い集めました。  ストラトのシングルコイルでのゲインがどれだけ上がったかというと大体今までのフル10の位置が7.5ぐらいの位置で出ます。ピッキングにも粘りが出ていい感じでコモルことなく抜けてくれます。もっと紆余曲折、大変な作業になるのか?と思っていましたが2時間くらいで完了!お手軽ですが狙い通りの結果となりました。
T50C-gainup11.jpg

・山口(豊浦~豊北)、北九州~別府への船旅

2020年01月17日 23:29

・久しぶりに九州へ観光と釣りに行ってきました。30代の頃は長崎や沖縄、熊本、宮崎と飛行機で良く行きましたが今回は久しぶりにフェリーです!前はいつだったかと記憶をたどると子供の頃の第一次フェリーブーム遙か彼方の1972年、南港~宮崎航路でした。少し竿も振ってみたいとフェリーターミナル近くの釣具屋でルアーを購入~
fery-ooita-yamaguchi_01.jpg

・このサイトに時々書き込んでくれて以前貴重なFMチューナーをくださったコウジさんから、お得で素晴らしいツアーですからと言って紹介していただいていていつか時間を作って行きたいな~と思っていましたがようやく実現できました。
阪九フェリーのいずみという船に16:30に乗船、3泊4日の旅ですが行と帰りでフェリーに2泊、現地のホテルに1泊します。部屋も豪華で驚きました!寝ている間に着くなんてとっても合理的です。残念ながら行きは爆弾低気圧で風が強くデッキに出れませんでした。
fery-ooita-yamaguchi_02.jpg

船内を散策するのも楽しいひと時です。とりあえずレストランで夕食を~
fery-ooita-yamaguchi_04.jpg

・今気がつきましたがご飯は御代わり自由とメニューにあります!(^^)! 若い人は嬉しいですよね。
fery-ooita-yamaguchi_05.jpg

・窓から景色を眺めながら食べるのは最高に楽しいですね、美味しかったなぁ~ 正月休み明けの平日でしたので旅客数も少なめでゆったりと過ごせました。
fery-ooita-yamaguchi_06.jpg

・次がお風呂、、、露天風呂もあって最高でした。最近また仕事がオフシーズンでバリバリトレーニングしていましてゴリムキマッチョな為よそのオッチャン達から二度見、三度見されました(^_-)
fery-ooita-yamaguchi_03.jpg

・翌日6時に新門司に到着。家内に聞くと夜中にかなり揺れたそうですが全く知りませんでした。朝食を食べた唐戸市場の裏でルアーマンが居ましたが暴風でとても竿が出せる状況ではありませんでした。
fery-ooita-yamaguchi_07.jpg

・今日は別府に泊まることになっています。後でシマッタ!と思ったのがこの日は別府のある南に下る方が幾分天気も風もましだったのに、逆の豊北の方に行ってしまい散々な防風で海の色も鉛色でした。
下関市内から豊浦~豊北と海沿いの道を走りますが物凄い波が上がってきて車が海水まみれです。
fery-ooita-yamaguchi_08.jpg

・波乗りジョニーもこのありさま。しかし、この天気でしたが豊浦~豊北間にいくつもあるナチュラルなサーフと海岸線に魅了されてしまいました。そうそう、JAKEさんのお勤め先の前も通りましたよ!
fery-ooita-yamaguchi_11.jpg

・角島もエメラルドグリーンの海は見れませんでした。橋を走るのも怖かったなぁ。
fery-ooita-yamaguchi_09.jpg

・でも良い所ですね。このあたりから益田にかけてをターゲットにしている釣り仲間も居ますので色々聞いてみたいです。
fery-ooita-yamaguchi_10.jpg

・道の駅 北浦街道というところで昼食にしました。ここにライオンズの池永投手の大きなポートレートがありました。近くの漁村出身だったんですね、この人が現役を全うしていたならおそらく東尾修251勝、山田久志284勝クラスの成績を残せたのではないかと思います。
fery-ooita-yamaguchi_12.jpg

・来た道を波をかぶりながら北九州まで戻り高速道路で別府に移動。やっぱり晴れてました(ー_ー)!!
fery-ooita-yamaguchi_13.jpg

・家内が子供の頃に回ったという地獄めぐりをしてからこの日泊まる温泉ホテルに。正月休み明けの平日ということもありお客さんは私たち夫婦1組だけでした。貸切りなんて初めてでしたがかえって気を使いました(笑) 写真を忘れましたがオプションなしでどんな料理が来るのか楽しみでしたが和牛のすき焼きに海の幸、煮物とおいしくて量も充分でした。ようやく風も収まって、、、恰好だけでも竿が出せました。
fery-ooita-yamaguchi_14.jpg

・フェリーの時間まで充分ありますので一瞬昨日荒れた豊北まで行こうか迷いましたが浅い所は昨日の今日では濁りも収まらず駄目だろうと思い関門周辺でジギングしてみることにしました。
fery-ooita-yamaguchi_15.jpg

・景色と雰囲気だけで何にも反応がありません。海峡大橋の下や太刀浦の埠頭に移動。
fery-ooita-yamaguchi_16.jpg

・太刀浦では活きアジのノマセで竿を4本出している地元のおじさんと20センチくらいあるでかいミノーをキャストしていたルアーマンが二人。タイムアップまでいろんな場所でやりましたが結局ノーバイトに終わりました。今回は竿だしできませんでしたがやはり次回はぜひ山口県側のサーフでロッドを振りたいと思います。
fery-ooita-yamaguchi_17.jpg

・帰りのフェリーに16時半に乗り込み直ぐにお風呂に行きました。早い時間にお風呂に行くとトラックドライバーの方々で一杯です。早く風呂から上がって一杯やるためなんですね~お疲れ様です。この日は天気が収まったのでデッキに出て海を眺めながらラジオを聞いていました。日も暮れたのでレストランへ、今日もおいしく頂きました。前半のお天気は残念でしたが次回は下関に泊まって山口県側1本で行ってみたいのとまた別のプランで昔釣りに行った平戸や生月島にも行ってみようと思います。

最近、ボウズの神さんに取りつかれているので今週末は本州最南端、串本のサーフへ高校時代の友人と行ってきます。ヒラメよ何処に~
fery-ooita-yamaguchi_18.jpg

・Providence VLC-1 VELVET COMP

2020年01月14日 22:28

・久しぶりにエフェクターを買いました。今まで一番縁遠かったコンプレッサーです。
ピックアップを交換してタップのサウンドが素晴らしくなったハイドラでのクリーンサウンドでのカッティングやソロにはまってしまいどうしても最近の売れ筋を一つ使ってみたくなりました。
provi-comp2.jpg


・僕たちの世代はコンプトいえば筆記体ロゴのMXRダイナコンプです。機種選定は深く考えず今剛さん、松原正樹さんがほぼ掛けっぱなしで使っているということでベルベットコンプに決めました。掛けっぱなしというと、30年以上前に目の前で見た小川銀次さんもグレコオーダーメイドギター→ダイナコンプ→JENワウ→BOSS CE-1→ショーバットボリュームペダル→ROLAND DC-30にアンプはミュージックマンHDとFENDER75の接続でダイナコンプは掛けっぱなしで使っていました。コンプはゲインブースター的な使い方だったと思います。
provi-comp1.jpg

・昔自作したダイナコンプフルコピーモデルやBOSSのCS-2以来30年ぶりに使うコンプの音は昔とは隔世の感ありでまずローノイズ、そして高域がクッキリ。このモデルは各ツマミの位置を変えるとサウンドもガラッと変えられてとっても使いやすい!どういう仕組みなんだろう?分解してみたくなりました。
provi-comp3.jpg

・ざっと見た感じでは昔と仕組みは変わっていないしオペアンプはやっぱりCA3080なんですね。基盤は2階建てで下の階はロジックセクション、2階がコンプ部です。トランジスタは2N5088*4 2SA1015*1 型番不明Tr*1
provi-comp4.jpg

・型番不明のトランジスタは入力のバッファーに使われていて表面を削って型番が消されています。ここはふつうNPN型のエミッタフォロアで電流増幅を行うセクションですが何か素子固有のこだわりのパーツなんでしょうね!サウンドはぼやけないのでとってもいい感じです。良い買い物をしました。
provi-comp5.jpg



最新記事