色々とやりたいことが、、、

2009年07月20日 23:20

先日もげてしまったABU4500Cのフレームに3ミリのネジを切って修理しました。そこへ先輩キャスターから譲っていただいた素晴らしい精度のフレームが2個も到着です。また、先日の大会で友人から特注スプールも頂いていて皆さんに本当に感謝しています。ありがとうございます。
4500CS2.jpg

きょう、初めてのメガネを買いに行きました。生まれてこの方ズーッと2.0でしたのですがついに薄暗いと近くがまったく見えないという事態に、、、安物で充分だと思うのですがなにせメガネを5分もかけると頭が痛くなるのでフレームの丁度良いやつを選んでレンズもきっちりと測って作ってもらいました。出来上がりは来週なんですが仮のレンズで小さい文字を見ましたら何という見易さ!ちょっとビックリでしたね~ 裸眼の視力も片目1.2ということで1.5はもうまったく見えず、パソコンの影響でしょうか?悪くなっていました。面白いな~と思いましたのが、効き目の検査ですと言ってやった検査で私は左目が効き目だそうです。ちなみに聞き耳は絶対に左耳なんですよコッチだとかなり繊細に聞き分けできますが右耳は駄目なんですね。

おっさんネタをもう一つ、かれこれ20年前は私も独身でまだスリム、イタカジ全盛で世はバブルの絶頂期。このとき作ったけっこう安月給には堪えたスーツ。情けないことに腕が通りませんでした、、、ちょっとした会合なんかの折、夜の街でも映えるスーツをノーネクタイでと嫁と二人でお店へ。店員さんは私を見るなり2階のビッグサイズコーナーへ、、ちょっと待ってと、下の通常物で試してすぐに納得しました。どんなのをお探しですか?と聞かれますが最近は礼服以外着たことが無いのでとりあえずストライプのスーツにちょっと上質そうなシャツを合わせてみます、と、鏡に映った姿は”ナニワ金融~”の怖いおっちゃんそのものでした。もちろん買うのはやめましたよ。おっさん体系からの脱却、明日からのトレーニングテーマが決まりました。

夏前に買って届いているどっさりの電子パーツ類を何とかしないといけませんが先日アッテネーターを入手しました。他にも国産ではクルーズという素晴らしいメーカーからも出ていますが私がTHDを買いましたのはアメリカ人の発想を先ず見てみたかった!からでした。後日、中身の写真も含めて、赤ノブでのサウンドや本家マーシャル70年代、80年代での使用感。フルアッテネート時とハーフ時の違いなども詳しくレポートします。

それにもまして、手前味噌で恐縮ですが自身で施したポストフェイズインバータへのマスター挿入。アッテネータなしでマスター制御の時のサウンドが小音量でも低域ブリブリ、高域ジャッキンでこれが一番良かった!このマスター挿入も部品の選択やバイアス変更用VOの容量自体の変更(マスターヴォリュームの500KA挿入によるバイアスのシフト変化がおこる)とかこれから施す予定のマスターのバイパスSWとかについてもご紹介しようと思います。
今度は評判の良いトランス式アッテネータを仕入れてみることにします。
HOTHOT.jpg

このマーシャル、電源を入れて30分くらい弾いていますとギタリストなら誰もが蕩けてしまうようなmojoトーンが出てきます。真夜中に極々小さく絞って弾くjimiのブルーズが良いんです。


コメント

  1. よすけ | URL | -

    Re: 色々とやりたいことが、、、

    アッテネータ導入されたのですね。すばらしい!レポ期待しております。
    私も自分のBluesJuniorのスタジオでの音の良さと大音量時にFuzzのセッティングが結構難しかったことからアッテネータ必要かもと思い始めてます。
    ポストフェイズインバータのマスターもよさげですね~。

  2. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: 色々とやりたいことが、、、

    よすけさんこんばんは、
    BluesJuniorですがつい先日私も友人宅の防音ブースで大きな音で弾く機会がありました。3段増幅でしかもカソードのパスコンとバイアス抵抗が3つとも22μに、1.5kという値なのでクリーンやクランチですと丁度いい値ですがリードには少しゲイン不足です。

    FAZZサウンドとの相性UPを目指したすぐ戻せる方法として、2つ目と3つ目のカソードに10k以上のRと1マイクロまでのパスコンでGAINUPし歪ませた時のブーミーさが取れると思います。

    よすけさんも苦労されたFUZZですが大音量時にプリ部のトータルゲインが少し低いのでFUZZをかけると音量だけがバーンと前に出て私もかなり苦労しました。昔昔、12AX7Aを2本使ってプリアンプを自作した(ロクエフ記事)時の定数がまさにこれでして音色や歪の増減に苦労しました(^.^)

    BluesJuniorはプリインバーター部にマスターが挿入されているのですが、よく言われますパワー部の歪といいますのは殆どがフェイズインバータ部の過入力でのサウンドなんです。BluesJuniorのフェイズ部はプレート負荷が100Kでココでもゲインがかなりありますのでマスターはフェイズ部の後ろに持ってきますとトータルで見かけ上4段増幅になってマスター小でもFULLなサウンドになると思います。

    マーシャルのポストフェイズインバーターマスターも次の(1M+カップリングC
    追加方式/500K+ブリーダ抵抗挿入方式/250K+バイアス抵抗削除+マスターバイパススイッチ増設方式/)3つの方法がありましてそれぞれまったくサウンドが変わるんです。難しいですね~

    アッテネーターは高音域と低音域が抜け落ちますのでそれらの補正が必要になってくると思いますが、これはこれでパワー部の咆哮みたいなのは無いと出ませんので私のような自宅派ですとあればバリエーションが一気に広がります!

    仕事が落ち着きましたらアッテネーターの爆音?をアップしますね。

  3. よすけ | URL | -

    Re: 色々とやりたいことが、、、

    おー、勉強になります。大音量でFuzzつかうと低音がですぎで困ってしまってましたがプリのゲインupで改善するのですね。
    フェイズインバータのゲインってあまり意識してませんでしたがマスター3以上でないと張りが出ないのがポストにすると解消されることになりますね~。なんかやってみたいかも。
    アッテネータの音源楽しみにしてますよ~。

  4. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: 色々とやりたいことが、、、

    そうなんですよ~位相反転段(フェイズ段)はブルースジュニアやオールドマーシャルは1ユニットの2つの3極管のプレートから逆相の信号を取り出しますのでプレートの負荷抵抗とカソードに繋がった抵抗の数値の兼ね合いもありますがゲインはかなりあるんです。

    プリ部のゲインをあげる時は1箇所どこかで極端なローカット、ハイパスを入れてあげないとモーモーです。ここらはカットANDトライが凄く要る箇所ですね。いずれにしましても純正ストックそのままで自分にピッタンコのアンプは無いと思いますので理想に向けて作り上げていくのも時間は掛かりますがこれぞキングオブホビーだな~と思います。

    EL84(6BQ5)を使ったアンプでPEAVEY CLASSIC 30&50というアンプがあるのですがプリ部4段で、フェイズ段は1ユニットのプレートとカソードから逆相を取り出すPK分割という方法でしてこれはゲインは1以下なんですがプリ部のゲインが少し高めなので使いやすいみたいですね。実は何時かはコレ買おうと思うんです。

    今出ているマーシャルはポストフェイズですね~。JCM900&2000で不評だった信号ラインにトランジスタやダイオードを入れることは全廃してピュアな回路みたいです。これも試奏してみたいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/103-2df44d65
この記事へのトラックバック


最新記事