FULLTONE'69コピー機の製作6

2008年10月04日 23:57

ワウペダルなんかはゲルマニウムトランジスタだとシェイプの輪郭がボケるのでシリコントランジスタで正解だと思いますが、fuzzはやっぱりゲルマニウムトランジスが最高です!むかし、入手可能なシリコンTrでかなりの数を試作しましたがどれもこれもモーモーいうばかりで、、、唯一2SC945又はコンプリメンタリーの2SA733のR選別からさらに低hfeのものを抜き出した奴が他にはない色艶で良かったです。ちなみにこれはNEC製、今回のゲルマニウム製作機でもNECのゲルマはサウンドも特性も別格で気温差のhfe変化もほとんどなくて、Q1,Q2にどれを挿そうとも全て正常に動作しました。
NEC製の良い点は素晴らしいヌケですが反面”シャー”というノイズも多いので少しハイゲイン目に作りFUZZコントロールを下げ気味で使うとGOOD。

サンヨーの2SB303はミッドとミッドハイが艶があり、枯れた感じもしてNKT275の国産版の感じ。hfeがかなり高い個体が多いので小さいのを探すか、あるいは同じサンヨーのもっと初期の100番台前後でチョイスしてみる手もあります。なぜか、品番が変わってもサウンドのニュアンスはメーカー固有のものがあるので不思議です。まぁー動きさえすれば何でも良いのでご自分の好きなサウンドに仕上げてみてください。実際には各人それぞれのピッキングアタック力が違うので、Trをいくつも差し替えてサチュレーション感、飽和感?なんかを比べていきます。サスティーンも機種によりどの帯域が延びて行きやすいかなど、カップリングコンデンサとの関係もありそれこそ組み合わせ方は無限大。市販品ではこういう楽しみは味わえませんが自作ではそれこそどんなサウンドにも自由自在です。

主観です、まだまだ、使える品種は沢山あると思いますよ!

  Q1       Q2            サウンド                          ゲイン

2SB117(NEC) 2SB303(三洋) 艶、ハリ、伸び良し。フロントでワウがややぼける      ハイゲイン
2SB113(NEC) 2SB176(松下) 倍音が綺麗でフロント実音ワウ共に良し。押し出し感良し ハイゲイン
2SB113(NEC) 2SB303(三洋) 松下と比べこちらのアンビエンスがややミッドハイ寄り   ハイゲイン
2SB113(NEC) 2SB116(NEC) ピッキング時の倍音伸び、ワウとの相性良し絞り時も綺麗 ハイゲイン
2SB173(松下) 2SB175(松下) すこし引っ込んだような音、ゲイン少。艶が少なめ。   ミドルゲイン
2SB303(三洋) 2SB117(NEC) ミッドレンジが前に出てアタックの潰れ感。         ハイゲイン
2SB116(NEC) 2SB303(三洋) 伸び、艶共極上、ワウの相性も最高、Vo絞り時極上    ハイゲイン
現状
2SB116(NEC) NKT275(舶来)倍音が気持ちよく豊か、ドスの効いた低域も。マーシャル◎ハイゲイン

20年位前のギターマガジンでの製作記事では2SD186(サンヨーNPNゲルマ)や2SB187(サンヨーPNPゲルマ)が紹介されていましたが、試した範囲では全く使えなかった記憶があります。他に2SB348(松下)、2SB440(東芝)も今回試しましたが良くありませんでした。

ちなみにこのマシーンでNPNトランジスタに差し替える場合は、電池のプラスマイナスを逆に、2つある電解コンデンサをソケットで差し替え可能にしてこれもプラスマイナス逆にすればOKです。電解は無極性(バイポーラ)でもいけると思います。

もう一つ追記ですが、LEDの電流制限用1Kオームも2KでOKです。高輝度では3.5V20mAなんてなっていますが2.0V3mAで充分です。この場合消費電流はLED分とFUZZ本体分合計で3.66mAです。


長男の試験が終わりましたら少し大き目の音量で新たな音源ビデオを撮りYouTubeにアップします

これはKENWOODのCS-6020という150Mhzまで測れて完全4チャンネルのオシロスコープです。各パラメータの差による波形観測の様子をご覧に入れる予定ですが、、、、いま、入力用に低周波発信機を製作していますのでしばらくお待ちを、、、↓写真の入力は人体の静電ノイズをファズで増幅してみました。
2osiro.jpg

プローブが2つありますので、Q1とQ2の出力を同一画面に映すことにします。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/11-82b087b7
    この記事へのトラックバック


    最新記事