ノイズ対策2

2009年09月06日 23:22

ゲルマニウムトランジスタの高hfeと動作不良対策ですが、
先ず、QIコレクタトリマを絞っていくと動作領域に入ってファズサウンドになっていきます。
しかし、Q1負荷を絞るので増幅率がノーマルより下がりバックノイズが目立ちます。
そこでエミッタ側の5Kトリマをほんの少しだけ加えるとノイズが消えてファズサウンドが
浮き上がってきます。これがQ1側の調整方法。

GGGサイトのフルトーン’70コピー回路にはQIとQ2のコレクタ同士の間に発振止めの
セラミック20pFが入っています。シリコンのトランジスタですので裸利得が大きいからなんでしょう。

今回4号機の基板にはノイズ対策というテーマもあったのであらかじめこの位置に後でパスコンを追加できるようにしました。
’69回路では’70とは目的違いですが、この位置にパスコンを入れると見事にノイズが減少することが分かりました。
FLUU69_4_1.jpg

ゲルマニウムトランジスタ自体が持つシャーッという音をできるだけ小さく、だけど大切な倍音域はそのままに、、、色々やってみてズバリの定数を見つけました。ここに、750ピコ~1000ピコのコンデンサをかませばノイズだけがマスクされて可聴域には影響が極小です。手持ちのシルバーマイカの500P、750P.、1000P ポリプロピレンフィルムのPanasonic ECQB 1000pF/50VDC 他にはセラミックもたくさん試しました。

小さい150pや100pでは全く効果なし、反対に0.047とかならモロに減衰します、まあこの辺は定数をみれば予測できます。おもしろいのは、パナソニックのフィルム1000pは効果絶大でサウンドも申し分ないのに対しシルバーマイカ1000p/600vはノイズの減りが少なく可聴域は反対に削られます。
他にセラミックなどでも試す必要があるかもしれませんが、私の手持ちではPanasonic ECQB 1000pF/50VDCが最高でした。1個20円でできるノイズ対策です。

画像は色々試している様子です。ピンリードの先端をq2ヴォリュームの2番端子と、12kオームのところに接続して種類と定数を試しました。
noiz.jpg

仕事が落ち着きましたらアナログマンのSUNLIONのコピーをしてみようと思います。marshall modは実験は随分進みましたが本格的な改修はじっくりと腰を落ち着けてできる1月2月に完成させようと思います。


コメント

  1. JAKE(じゃけ) | URL | z8Ev11P6

    Re: ノイズ対策2

    素晴らしい!(@_@)

    目からウロコのノイズ対策です!

    銀マイカのコンデンサーのほうが3倍以上高いので、音はよさそうな気がしますが・・高い部品を使えばいいというわけでは無いのですねv-21

    パナソニックの102のコンデンサーなら手に入りやすいので、連休にでも試してみますv-82

  2. さとぅ | URL | zqPWYEbY

    Re: ノイズ対策2

    これはありがたい…!
    僕も試させていただきます。ありがとうございます♪

    Sun Lionも超絶楽しみです(憧れの銘器)!

  3. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: ノイズ対策2

    JAKEさん、こんばんは。先日来大変お世話になっております。v-278

    マーシャルの実験で70年以降のブライトチャンネルヴォリュームポットの2番端子と3番端子の間にはゲインアップの為のバイパスコンデンサが純正では装着されております。これも年代によって500ピコだったり5000ピコだったりいろいろなので、いろんな種類と値を試しましたが結局純正と同じセラミックが一番良い音がしました。

    今回のは試されるのでしたら実装前に簡単に試せますので、弦をミュートしてギターのボリュームを0にしてノイズの減り具合をご確認下さい。同じ値でも種類が違うとノイズだけでなく出音も影響があります。私は小容量しか手持ちがなかったのでセラミックの0.001マイクロ、0.00068なんかもお試し下さい。

  4. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: ノイズ対策2

    さとぅさん、こんばんは。

    もし試されるのでしたら、トリマも基板上に振る装備したパターンレイアウトを作りましたのでお使い下さい。PCBEというフリーソフトごとフォルダに入れてアップしてあります。http://castman.hp.infoseek.co.jp/PCBE.zip

  5. ken | URL | -

    Re: ノイズ対策2

    良い情報ありがとうございます。
    これを読んですっと疑問に思っていた事が解りました。
    所有しているジムダンのファズフェイスの入力部に6800pのセラコンが付いてて
    「これは何の為に付いてるんだろう」と思っていたのですが
    ノイズ対策だったんですね。付いてるパスコンが6800pのためか少し大人しい印象です。パスコンを弄るともう少し良くなるということですね。

  6. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: ノイズ対策2

    Kenさんはじめまして、ようこそいらっしゃいませ。
    ファズフェイスも色々なバージョンがあるそうでそれぞれに
    触りガイがあって楽しいですよね。本来パスコンは対アースに入りますが
    私の記事の場合ですと単なるフィルターみたいな位置ですね。容量と種類はカンでカットアンドトライですが大体外れることがないので数種類で試しました。

    あと、FUZZ FACE系の場合は最後のカップリングコンデンサの種類が大きくサウンドに影響しまして、私も随分試しました。前にも記事にしましたが、一般的に自作では高評価の物が全く立体感のないサウンドで駄目だったり、安いマイラーが良かったりと意外な発見が多々ありました。

    これだけパーツが少ないと少しの変更でも大きな変化があるので勉強になります。私も昨日、NKT275が2個使用された赤いFUZZ FACEを見つけて購入しましたのでANALOGMANとFULLTONEの機能を少し取り入れた改造を施すつもりです。

  7. SRV-fan | URL | -

    Re: ノイズ対策2

    castman様こんにちは!

    この記事をみて自分のFuzzFaceもやってみようと思ったんですが...専門的なことが良く判らなかったのでちょっと躊躇してみました^^;

    問題の媒体は80年代後期(恐らく)のリイシューもので、Dallas Arbiter製でBC109Cシリコンが使われているものです。

    Fuzzを全開にするとピィーーー!っと言う感じのものすごい耳障りなノイズを発振します。
    全く同じ種類のノイズがJIMIのアルバムで聞けます。
    「Live At Winterland」の「Spanish Castle Magic」を聞いてもらうとすぐにわかると思います。

    僕は、基本的に(使用するアンプによりますが)Volumeが9~10、Fuzzが10で使い、ギターのVolumeで調整しています。
    Fuzzを7~8に絞るとこのノイズは消えますが、ギターのvolumeを絞った時の音色や音圧が物足りなくなってしまい、一番いい所が使えない。と言う理由で今は、この媒体は宝物箱の奥底に新聞紙に包まって眠っています。

    何とか復活させてやりたくて、基板の資料をネットで拾いcastmanさんが前にやっていたポジ基板に転写してみよう!と思い材料を買ってやってみました...現像液に浸してみたところ「おおお~すげ~出来た~」と感激しました。
    が、つかの間...「ん???」なんと全て反転していたのです(T T)
    Try&Errorですね、まだまだあきらめません!

  8. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re: ノイズ対策2

    ワウでもゲイン増幅効果がありますのでFUZZと併用でトランジスタの増幅率が高すぎるとピィーと発振してしまいます。BC107とかの低hfe品の中から選別するかトリマを取り付けるかの改造が必要です。

    あらら、フィルムシートを反対にして露光させてしまったんですね。ポジ用のフィルムは透明シートの印刷した側が基盤に密着させる方になります。これは反対だとわずかでもシートの厚み分の隙間から光が漏れるためなんです。

    でも、bc108fuzz基盤の入力ジャックからのパターン切断して50kトリマを挿入させるやり方のほうが簡単ですので一度試してみてくださいね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/115-52f713c7
この記事へのトラックバック


最新記事