FUZZ FACEの改造

2009年09月18日 19:07

月曜日のワンハンドダンベルローイング65キロで足首をグリッとやってしまいました。年なので気をつけないといけませんね。
ffm000.jpg

先日、93年製(ポットデイト)のFUZZFACE赤を入手、早速チューンナップしてみました。
最初、無改造でのサウンドでほんの少しギターボリュームを絞るだけで良いサウンドでしたのでトランジスタは当りなのかなと感じていました。

・入力のスイッチ部分にラジオ電波の混信対策のセラミックコンデンサ6800pが入っています。幾らなんでも少し大きすぎます。そこで、セラミックやシルバーマイカ、ポリエステルフィルムコンデンサのあらゆる容量を試してみましたが、枯れ具合と倍音感が良かったセラミックの220pで決定。(前回ご紹介した後段のノイズ対策もセラミックがやっぱり良いようです。)

・アナログマンsunfaceでのsundialの定数と、fulltoneの定数を両方試しました。結果、やっぱりサスティーンが気持ちよくフィードバックしたfulltoneの定数(1k+10kトリマ)を採用。
あと、プリゲインにも50kbを装着。

・ファイナルのコンデンサが純正では0.1μがついていました。やっぱり、芯がボケる傾向にありフロントピックアップがボリュームダウン時に枯れてくれません。→MKT1813の0.01μにしました。

・2本のNKT275トランジスタを外してhfeの測定。→ビックリ大当たりQ1が100/Q2が105!
ソケット装着はやめにしてハンダしました。また、入力の2.2μもアナログマンでは1μですが銘柄も定数もオリジナルどおりのコンデンサにとどめることにし、オリジナルFUZZFACEらしさとMODサウンドのバランスを上手く調整してみました。

・サウンドは、、、マーシャルにストラトをインプット。痺れました、Excellent!
FFM002.jpg





コメント

  1. JAKE(じゃけ) | URL | z8Ev11P6

    Re: FUZZ FACEの改造

    うう~ん、FUZZ FACEは、やっぱりかっこいいですね~v-10

    赤色が、ウッドス・トックみたいでかっこいいですね~!

    ストライクゾーンど真ん中のすばらしいトランジスタ付き!ラッキーですね~おめでとうございます!

    FUZZ FACEくんも、価値の分かる方に買ってもらって、幸せだと思いますv-218

  2. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: FUZZ FACEの改造

    JAKEさん、今回のマシンについてきたトランジスタは本当にラッキーでした、順番もきちんと測定して前後を決めているみたいですね。大体セカンドソースのNKT275は10本買って100前後のは1本有る無しで、私の場合は今回の2本以外では夏冬変動微動の108前後という物が1本で、160台が3本、200前後のもありましたね。

    部品点数がさらに少ないのでパスコンのセラミックでさえ大きな変化がありました。

    あと、今回のマシンでhfeによるサンダイアルの効き方の関係が良く分かりました。何台もmod品を作ったおかげでこのサウンドならこう作るみたいなのが大体つかめてきた感じです。fuzzは奥が深いです。

    もっと良いサウンドがあるのでは?と限りがありませんね。

  3. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: FUZZ FACEの改造

    先日、また新たにNKT275を仕入れてきました。ver4やoctaviaに挿してみたり、、、部品一つでサウンドが大きく変化します。週末にちょっと色々ファズを並べてサウンド比べをしてみようと思います。

  4. poc | URL | -

    Re:FUZZ FACEの改造

    初めまして PoCといいますm
    いつも参考にさせていただいております。
    よろしければお教えして頂きたいのですが
    『前回ご紹介した後段のノイズ対策』
    とはダンロップのfuzzfaceのことなのでしょうか?
    少しfuzzfaceのノイズが多くてライブで使いにくくてこまっています。
    音はきにいっているのですが、何かノイズを減らすmodを教えていただけないでしょうか??
    fulltoneの69fuzzの方のblogも読ませていただいているのですが、初心者でしてDunlopの方にどのように流用すればいいのかわかりません。
    もしお時間ありましたら、よろしくお願いします。
    PoC

  5. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:FUZZ FACEの改造

    pocさん、2009年9/6の記事で実際に紹介した内容は、69fuzzコピーでの内容です。しかし、このQ1/Q2という関係はFUZZFACEでも全く同じですので試してみてください。

    私の69FUZZはフルトーンオリジナルよりもさらにトランジスタの動作範囲を変えられるように内部トリマを増設しています。(ブログ内参照)

    さらに、この最終バージョン69FUZZではノイズ対策として、基盤のパターンをアース部分を大きく取り製作し直し、配線用ケーブルも一番倍音が綺麗に出るようにメッキ線、非メッキ線の中からヒアリングで選別した非メッキ導線を使っています。FUZZは部品点数が少ないので好みのサウンドに仕上げるのが中々やりがいがあります。ノーマルのFUZZFACEなら私が施した内部トリマ増設は必須だと思います。ノイズ対策も含めて頑張ってみてください。

  6. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:FUZZ FACEの改造

    回路図と実際のマシーンを入力ジャックの部分から見比べながら信号の流れを見ていくとわかりやすいと思います。トランジスタの足の出方はNKT275のようなゲルマとBC108のようなシリコンとでは足の並びが違いますのでWEBで調べてみてください。後は回路図を参考にコンデンサを足したりプリゲイントリマを取り付けたり試してみてください。

    ノーマルのFUZZFACEでは余程トランジスタの選別が良い場合を除いてほとんどが増幅過多の状態でノイズも多いです。ブログで紹介しているプリゲインとしてのトリマを基板上に設置して少し絞ってやると(60%~70%くらいに)ノイズも減り倍音が綺麗に出るようになります。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/118-6f6b82e8
この記事へのトラックバック


最新記事