・Tycobrahe Octavia Clone

2009年09月28日 23:16

・Tycobrahe Octavia Clone
昔々、僕たちがエレキ少年だった70年代末には幻のエフェクターでした。
今は部品も安くて良いものが簡単に手に入りますのでありがたいですね。

○サウンド造りのコツ
・ジャノメに直結方式だと良くありませんでした。基盤方式の方が太くてジャストフィットします。
・逓倍部Q2&Q3のトランジスタはゲインがある程度大きいほうがオクターブ音が安定、銘柄による音質の違いは分かりにくいです。私は2N5088を使いました。
・プリアンプ部Q1のキャラクターでエフェクトの音色とかかり方の印象がかなり変わる。
 2N5087(低域が出すぎ、もたつく)、2N3906(ローポジでのアッパーオクターブも追従性良い)
 2N4249(低域がスッキリ、ローポジ、ハイポジ共にアッパーの追従性良し、上品)
 NKT275(hfe160,ゲルマ独特の暴れ感、図太い。ローポジ、ハイポジの追従性も良い)
・2つのゲルマニウムダイオードのキャラでエフェクト音の深さが変わる。違う銘柄を組み合わせても面白く、その場合基板に向かって左側に配置する銘柄のキャラが強く出る。

GGGの基板を少し変えました。パターンを太くし、アースランドを大きく、トランスのリードと取り付けピン穴をジャストフィットで作りました。基板で作る方は宜しければココにおいてありますので
どうぞ。http://castman.hp.infoseek.co.jp/PCBE.zip

動画のマシーンの内容は、Q1にNKT275/Q2,3が2N5088、ダイオードは1N34Aと1N60Bです。
コンデンサや抵抗はハイファイ志向だとハデに出ますがすぐに飽きてしまいます。通常品で
ナローレンジ気味のほうが凄みがでてハマります。オリジナルにはプリゲインはありませんが
あったほうが感度の調整幅が広く楽です。ただの飛び道具で終わるか手放せないマシーンに
できるか!運命の分かれ道、皆さんも是非チャレンジしてみてください。

octavia_clone.jpg

これは2号機です。1号機は金皮にセラ、ジャノメの直結で作ったのですが、シンセサイザーか
リングモジュレーターか?というほどエフェクト効果が大きすぎてちょっとすぐに飽きてしまいました。
全編かけておくエフェクターじゃないけれどやはりもう少しオールドのオクタヴィアサウンドに近づけたいと思い作り直しました。結果、1969年12月31日の2回目のショーでのあの間奏サウンドが出せました。

who knowsの間奏と全く同じサウンドを出す場合はギター側のボリュームを少し下げて6くらいにすると同じになりますが、この動画ではマシーンの最大効果を出す為にギターボリュームは10で撮りました。(オクターブをoffのサウンドが中々スッキリしていて使えます、切替はやっぱりケチらずにフットswにしたほうが便利です)




コメント

  1. JAKE(じゃけ) | URL | z8Ev11P6

    Re: ・Tycobrahe Octavia Clone

    怒涛の三連続動画UPお疲れ様です!

    オクタビア、飛び道具的なエフェクターですが面白いので是非作ってみたいです!

    おお~いいのでしょうか、こんなにも親切丁寧に、
    いい音のオクタビアを作る為の秘密の数々を教えていただいて・・といいながらも、DLさせていただきましたv-10

    有難うございました!

  2. さとぅ | URL | zqPWYEbY

    JAKE先輩に先を越されましたが・・・

    怒涛の3連続更新、お疲れ様です!
    無茶苦茶ためになる記事、ありがとうございます。
    僕もオクターヴFuzzは作りたいと思ってますので、
    参考に、というかマネさせて頂きますね(^^;

  3. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: ・Tycobrahe Octavia Clone

    JAKEさんこのマシーンも色々やってみますとサウンドがコロコロ変わりますのでチューニングはやりやすくて自分の好みは短時間で作れると思います。金属皮膜やオーディオ用のケミコンを使うと低域が抜けたペラペラの音になってしまいます。Q2とQ3はC級動作でゲインをガッパガッパ取れれば良いのでBC109や2SC2240等の様なサウンドのディテイルを作る為のトランジスタを持ってきますと失敗します。もう一方のQ1ですが69シリコンではGOODだった2SA970が全くおとなしくて駄目でした。他にもいろんな手持ちのトランジスタを試しましたが結局fuzzでの選別ハズレのNKT275が暴れて、伸びて、ジューシーでした。Q1はハズレの場合、全く伸びませんので分かりやすいですよ。あと、ダイオードもとても重要です。ゲルマだと一応何でも使えますがエフェクトの掛かり方の深さと伸び方がコロッと変わります。

    手持ちのパーツで是非素晴らしいのを作ってください。

  4. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: ・Tycobrahe Octavia Clone

    さとぅさん、昔々、80年代でしたでしょうか、エフェクター業界で新手のBBD遅延素子旋風とCMOS-FET旋風が吹き荒れました。BBDは松下の特許でアナログディレイやコーラス、フランジャーに使われていました。余談が長くて申し訳ありませんが、BOSSのCE-1はこのBBDを使ったエフェクターでして私も後期型を買いましたが、音ヤセがひどくフランジャー臭くてBBDコーラスの欠点がもろでした。BOSSのCE-1とDS-1は大音量のバンドアンサンブル上ではプレーン弦のハイポジチョーキングの音が聞こえなくなったりしました。その後、DS-1のMOD品を各チューナーから発売された時、試奏しましたがこの音やせ傾向が見事に解消されていて驚きました。この時代のコーラスで唯一音やせしなかったのがマクソンの水色で電池が2個も必要なコーラスだけでした。CE-1はプリアンプ部のナロー感を含めた傾向を音が太いと誤認識されていたのですが、このマクソン水色は本当に音が太くてどのようなオケのなかでも定位がバシッとして音色自体はアナログ特有のマイルドな音質なのに前にヌケて来たのを覚えています。今思えば9v電池を2個でプラスマイナス両電源を作っていたんでしょうね。電池の減りが恐ろしく早いマシーンでした。

    エ~何の話でしたっけ、あっ、C-MOSとオペアンプでコンパレーターという信号があるか?ないか?2つに一つみたいな半分デジタルの回路でオクターブ下、原音、オクターブ上のサウンドがそれぞれ独立してミキシングできるという凄いオクターバーの記事を見て作ったのですが、子供のおもちゃのラッパのような味気ないサウンドで大失敗でした。

    エーストーンやハニーのファズにも確かアッパーオクターブの切替スイッチがついていまして記事を参考に作ったのですが、これも低域がスカスカで即解体の運命をたどりました。

    YOUTUBEでも色々比較しましたが、フルトーンの2機種は少し上品に思いましてやっぱりこれかなァ~、VOODOOVIBEとかけますと本当に頭の中がカオス状態みたいになれますよ!

  5. JAKE(じゃけ) | URL | z8Ev11P6

    CE-1

    CE-1、師範の仰る通り音が太いようでいて‥抜けきらない、、そんな感じでした、高く売れたので非常に助かりましたが(笑

    解説していただいて、なんだか納得です。
    CS505修理してみます!

  6. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: ・Tycobrahe Octavia Clone

    Oh~そうでした、JAKEさんはCS505をお持ちでした。私のは2代目の傾斜ケースにキャラメルSWでした。

    CE-1は発売当時は売れなくて、しばらくして日本のスタジオギタリストさんたちが一斉に使い始めたと記憶しています。芳野さんや椎名さんのノックダウン式パッチシステムのエフェクトボードの写真も見たことがあります。CE-1で音やせさせない一番の方法は、前段にMXRダイナコンプ(確かCANタイプのオペアンプ)を繫ぐことでした。これが無いとクランチさせたときの音やせと原音よりもリジェレレイトノイズの方が大きくて困ったのを覚えています。私も箱付、保証書付、傷なしでオークションへだしました。もう随分前の話で、未だCE-1が名機と信じられていた時代でしたので定価の2.5倍で買って頂きました。

    BBD遅延素子のアナログディレイやコーラスはやっぱり圧倒的にマクソンの方が良かったですね。

  7. hiro999 | URL | YjTMmlic

    Re: ・Tycobrahe Octavia Clone

    こんばんはです、Castman師匠。

    現在Octaviaの製作に取り掛かろうとしています。
    Castman師匠のOctaviaを参考にしようかな、と思っているのですが
    ジミの膨大な曲のなかで
    Octaviaのサウンドの参考になりそうな曲は
    どのようなものがあるのでしょうか?

    いまだ未熟なもので、曲をあまり知らないので・・・・
    教えていただきたいです!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/123-bd20868b
この記事へのトラックバック


最新記事