アンプ屋さん巡り

2009年10月14日 23:06

・今日、大阪の南船場で取引先メーカーさんのセミナーがあり勉強してきました
終わってからキタとミナミの楽器屋さん計6件をハシゴしました。←コッチがメイン?

今、楽器屋さん業界もちょっとしんどいのでしょうか?高額商品は何ヶ月も動いていませんでした。悲しいのはお気に入りだった楽器屋さんも移転で売り場面積が縮小しハイエンド商品も全て撤去されていました。

MA1960b.jpg
Oh!70年代中期後期の1960bキャビネットを発見しました。程度も良いですね、値段も妥当です。自宅のALBITマーシャルと1960Aの80年代セットを売却して、オールドのmarshall100Wユニットをもう一組導入して入れ替える予定です。今、78年の1960Aキャビネットがありますので、もしこのBキャビネットが年末まで残っていたら考えてみたいですね。実現できればvintageユニット3タワーが完成ですね。

マーシャルのキャビネットもミントほどブライト、使い込まれたアベレイジほどメロウというか良く鳴ります。'70年モノはミッドがジューシーで中高域が枯れていて高域の上のほうはあまり出ません。

スピーカーの種類が変わり耐入力も300Wに上がる黒いサランネットの79年位~80年代初期のJCM800期までは外見は変わりますが筐体の造りなんかは同じです。同じアンプをインプットしてみてもオールドのブラックバックに比べてかなりワイドレンジで特に低域が凄く出るようです。

キャビネットの内部配線を変えるとサウンドも激変します。marshallオリジナルでは良い意味で狭帯域、上と下がスパッと切れてミッド中心、突出した色付け(ピーク感)が無く弦にピックが当るカリン、コリンというニュアンスが良い感じです。

ベルデン9497にすると帯域は少し広がり中域の少し上辺りに特徴的なピークがあります。バンドアンサンブルで今一自分の音が抜けてこないときにはコレが一番の特効薬だと思います。倍音が増えるのでゲインが上がったようにも聞こえます。ピーク感を調整するにはツイストの具合を緩めるとフラットの方向に向かいます。

monster、denon、オーディオテクニカ等々、極太無酸素銅タイプは帯域が上と下に広がりワイドに、中域はフラットぎみなので多少ドンシャリします。ヌケも良くエフェクターの乗りも良好で若者バンドの元気一杯サウンドにはコレが一番です。メーカーによっていろんな味付けがあるのでそれを試すのも楽しいと思います。

画像のキャビネットは1975年~1978年くらいのモノだと思いますのでスピーカーはホワイトバックかブラックバック(全く同じです)。スピーカーディストーションとかキャビの振動がタマリマセン、それとこのエレファントグレイのルックス!60年代のキャビは滅茶苦茶高いうえにコンディションも難しいのでこのくらいの年代の物が一番サウンドと価格のバランスが取れている気がします。

あと、ダンエレクトロの12弦エレキを発見!お値段は4万円台、でもピックガードは5ミリのベニヤ板に白いスプレーです!これ、28000円くらいが妥当なお値段?のように思えます。

今日は時間が無くていつものバリバリのオールドフェンダーアンプやビンテージVOXも試奏できませんでした。




コメント

  1. ニャロメ | URL | 1.b4PuJs

    Re: アンプ屋さん巡り

    v-283 オコンニチワ !! 、Castmanさん。

    グッドコンディションのキャビネットを見つけられたんですね~。

    色んなアンプヘッドとキャビネットの組み合わせって結構楽しいですよね。

    ニャロメはブギーのマークⅢかマークⅡのヘッドを、
    ハイワットのキャビネットで鳴らした音が大好きなんです。v-410

    最近色んな楽器メーカーが値上げラッシュですものね~。v-404
    ハイエンドな楽器を購入する夢が遠退くばかりですニャン。v-406

  2. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: アンプ屋さん巡り

    ニャロメさん

    ブギーのマークⅢかマークⅡをハイワットのキャビネットで,,,凄いサウンドなんでしょうね!

    ブギーのこのアンプは昔、カタログだけを眺めていました、フェンダーのアンプも4発で鳴らすとまた違ってきますし、キャビを何種かあればあとはヘッドだけ着せ替えでお手軽ですね。

    そうなんですか、値上げしているんですねー
    私は中古しか買えないので新品のお値段は殆ど知りませんでした。たま~にジャンク屋さんや質屋さんにとんでもないお宝がタダみたいな値で出ていることがあるので要チェックなんです。

  3. 1987User | URL | 0c6T.C8o

    Re: アンプ屋さん巡り

    はじめまして。

    ブログ拝見させていただき、同じオールドマーシャル好きとしてちょっと気になりましたのでカキコミさせていただきます。

    発見されたキャビネット、サイトで確認するとまだ残っているようですが残念ながらオールドではなくモデルナンバーの末尾に「X」が付く現行商品になります。

    ショップサイトの中古情報で検索すれば出てきますが、オールドとは異なり大型のカップタイプのインプットジャックがバックパネル上部に取り付けられているのをご確認いただけると思います。

    実は半年ほど前にハードケースだけ販売してもらえないかと尋ねましたが断られてしまいました。

    オールドのキャビネットがショップ販売でしかもケース付きでこの価格なら迷わず即「買い!」なんですけどね...

  4. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: アンプ屋さん巡り

    1987Userさん、ようこそいらっしゃいませ。
    コメントを頂いておりましたのに返信が遅くなり
    大変失礼いたしました。

    そうだったんですね、外見が結構こなれておりましたので
    てっきり70後半かなと思っておりました。
    あの楽器屋さんは月一は行くのですがやっぱり裏を見たら「上ジャック」
    でした。そして自分で写した写真も良く見ると品番が写っているじゃありませんか!

    そうですよね、60年代とかは値段的に無理として、73年~78年くらいでも
    もう20万近くのお値段ですからね、今まで3つの時代のキャビネットを体験しましたがやっぱり耐入力の低いG12M25が一番好きですね。
    今はデジマートで事前サーチして試したいのがあれば出かけていって試すという
    パターンです。大体、大阪、中京、東海です、スポーツキャスティングの練習や試合の時に時間をとって寄っております。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/128-29bca12a
この記事へのトラックバック


最新記事