SOZOマスタードレプリカ 0.01μF

2010年02月25日 23:09

スダレヤさんのご提案を試してみました。高級ブティック系アンプビルダー御用達の
SOZOマスタードレプリカです。本家は70年代中期くらいまでのmarshallに使われている
マスタード色をしたフィリップスの有名なコンデンサです。オレンジドロップのように
全帯域を通してしまうようなタイプとは違いまして中域のちょっと上辺りに独特のピーク感があり
ます。日本ではギャレットさんで入手できますが、アメリカ本国のオフィシャルwebサイト上では
”手巻きのヴィンテージバージョン”が入手できてbognerやDr Zなんかもこの手巻きだそうです。
私もkitでこれを使うつもりですが今回のものは普通のsozoです。

手持ちがあるのか不明でしたがいつ買ったか分からない梱包に1個見つかりました。アウトプットのカップリング段の
0.01μのところに使いました。いつものMKT1813よりも若干重心が下がりますが、やっぱり
marshallらしさといいますか、bognerライクなミッドハイの強調され具合がとても気持ちよく
3弦4弦はほんの少しサスティンさせるだけで直ぐに気持ちの良いフィードバックが始まりました。
反面、低音弦でのリフ、foxy lady / spanish~ では少しボトムエンドがボワつくのでトリマと
コントゥアーでアタックがボケないようにすると凄くよくなりました。
しばらく使い続けようと思いましてこの部分だけソケットを装着しました。
試した設定は写真の通りです。
fzsozo1.jpg

fzsozo2.jpg

それから別のお方からの質問で、
Q:アンプキャビネットのスピーカ端子にテスターを当てて計測したんですがスペックの16オームにならず
低い値を示しましたが異常でしょうか?

A:スピーカーにテスターを繫ぐとテスターから測定用の直流電流が流れます。
ノイズがしてコーンが動くと思いますが、スピーカーは交流信号を印加して使うものですし直流的には
低抵抗なので例え微弱でも直流を流すと最悪の場合ボイスコイルが焼けきれる場合がありますので
やめておくほうが無難です。
交流は周波数が変化するとインピーダンス(交流から見た抵抗)も変わるそうで例えば自分が1キロヘルツの
ギター信号だと仮定して、スピーカーの入り口を覗き込んだときにその中は16オーム(公証値)に見えるということだと思います。私は素人ですので詳しくは参考書などをご覧下さい。


コメント

  1. スダレヤ | URL | -

    Re: SOZOマスタードレプリカ 0.01μF

    僕も試してみてます。
    が、まだデカイ音で聞けてないのでよくわかりません。
    ただエージングという事でしょうか、、
    ↓ここに
    http://www.sozoamplification.com/break_in.html

    なんかよく読んでませんが、最初はちょと違うよ、みたいな事が書いてる気がするので
    電気&信号を流し続けてます。
    castmanさんのレポート、引き続き楽しみにしてます!

  2. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: SOZOマスタードレプリカ 0.01μF

    スダレヤさん、いつも良い情報をありがとうございます、そうみたいですね、
    100時間は交流を流してとあるようですね。私のは付けたばっかりですので
    どうなるかな?

    でもこの回路は良いですね、どんなことにもツマミで対応できますしホントに
    重宝します。

  3. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: SOZOマスタードレプリカ 0.01μF

    以前の記事に対して 玲さんから大変興味深いコメントを投稿頂きましたのでこちらにペーストさせて頂きました。

    3.玲 | URL | sj93pB3o

    Re: JAPAN TOP CASTERS TOURNAMENT

    はじめまして。
    マーシャルでサーフ中にたどり着きました。
    Joseが73年に拘った理由は私も気になってるるんですよ。以前JoseMODのJMPを弾かせてもらいましたが素晴らしディスト-ションでした。
    ちなみに私はスプラウンの使ってます。

    改造マーシャル系が好きなんですよね。。。
    これからもチョクチョク拝見勉強させてもらいます。よろしく。
    ( 2010年02月02日 05:39 [編集] )

    4.Castman Hendrix | URL | iLhlKqZk

    Re: JAPAN TOP CASTERS TOURNAMENT

    玲さん、はじめまして、コメントありがとうございます。
    お返事が遅くなり大変失礼しました。
    joseを弾かれたとの事、大変羨ましいです。実は73年の1959を弾いてきたのですが71年に比べてかなりブーミーでした。私も内部写真はebay等でコツコツ集めておりますので、パーツの違いは認識していました。71年や72年前期との違いは
    サウンドに直接関係する部分では初段のスプリットカソード部分のパスコンのブランドが変わっています。他には整流のシリコンダイオード、サージプロテクター部分、それとシャーシ上のブロックコンデンサの銘柄です。

    ノーマルの1959にプリ管を1本追加して、ゲインステージを2段分追加する場合(jose,ボグナー、スプライン)はカソードに繋がる抵抗とパスコンが通常の値よりかなり小さくて要するにゲインステージを重ねれば重ねるほど、極端なローカットが必要であることが分かっています。でないとあのようなカリカリに乾いたハイゲインサウンドが出ないんです。最近joseのmod1959の回路図を入手しましたので今はそれのスイッチングや定数を眺めているところなんですが、、、

    私が思いますに、joseが活躍しだした70年代後半に持ち込まれたであろう70年代中期のプリント基板1959はちょっと頭が潰れすぎる傾向があるのでハンドワイヤリングの中でも最初から少しブーミーな73年を持っておいでということなのではないかと推測している次第です。
    ( 2010年02月14日 23:44 [編集] )

    5.玲 | URL | sj93pB3o

    Re: JAPAN TOP CASTERS TOURNAMENT

    詳しい解説ありがとうございました。

    私はリージャクソン、ボグナー、JOSEなど改造Marshall弾いてみましたがJOSEが一番好みでした。
    リージャク、ボグナーなどはビルダーの色が結構でてますがJOSEはMarsallを綺麗にプッシュUPしてる印象です(個人的にですが)

    あとV-AMPてメーカーご存知ですか?
    ここがやってるJOSEmodていうのもレプリカらしいので気になってるんですよね。

    今後も楽しみにしてます。
    ( 2010年02月23日 05:45 [編集] )

    6.Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: JAPAN TOP CASTERS TOURNAMENT

    玲さんコンバンハ

    リージャクソンはAMPEGでの設計モデルを体験しました。80年代の西海岸御用達ですね、ゲインステージが2段多くて自分にはちょっとゲインが深すぎました。
    ボグナーは上質なパーツのキャラが出て少しハイがこもりますがどんなに小さい音量でも素晴らしいクオリティーが維持されていてやっぱり天才だと思いました。

    JOSEのMODと思われる資料を入手しましたので少し解析してみますね。
    サウンドを聞く限り、marshallのmodビルダーでナントかブレインさん?
    の音源を以前webサイトで聴いたことがあるのですが近い気がします。

    V-AMPてメーカーご存知ですか?

    いいえはじめて聞きました!

    ここがやってるJOSEmodていうのもレプリカらしいので気になってるんですよね。

    是非色々と教えてください!お願い致します

    それとスプラインクイックロッドをお使いとか!羨ましいです!究極のmod marshallですねクランチチャンネルのゲインを少し絞ると素晴らしいヴィンテージマーシャルのクランチトーンが出るのではないでしょうか!

  4. 玲 | URL | sj93pB3o

    Re: SOZOマスタードレプリカ 0.01μF

    Castman Hendrixさん

    おぉ~私もここのを先日注文しようか悩んでいたところです。

    V-AMPじゃなくてVOODOOAMPでした。ごめんなさい。
    ↓実際JOSEを使用しているギターリストも納得して使用しているそうです。あとオリジナルのV-ROCKなどもYoutube見る限り良さげで個人的に注文しようか悩んでます。
    AFDってタイプはガンズ初期のスラッシュの音らしいです。こちらも気になりますね~
    http://www.voodooamps.com/home/Modifications/AMPMODIFICATIONS/MarshallMods/1959HWHandWired/HGJoseMod1959HW/tabid/193/Default.aspx

    ただ輸送費考えるとMODは頼みにくいですね((汗))

  5. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: SOZOマスタードレプリカ 0.01μF

    こんばんは、良い情報をありがとうございます。そういえばこのブランドのシールを貼ったプレキシmodの映像を見たことがありました。確か1959HWをMODしたものだったと思います。リイシューの1959SLPとか1959HWはパーツの影響なのかトランスの影響なのかオールド以上にキンキンするのですがMOD品は流石に美味しいところを押さえていたようです。

    JOSEが改造したと思われるハンドワイヤリング期の73年の前半までの物で海外のフォーラムやebayで掲載写真を見たことがあります。ハンドワイヤリングのモノは自分も持っていることもありまして、パーツのレイアウトを見れば大体どのアタリから信号を分岐させたり、戻したり、また、この部品は新たに追加されているなとか、オリジナルのパーツでもシリアルが写っている場合は72年の何千番アタリからはコンデンサの変更があったなとかがおおよそですが分かります。

  6. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: SOZOマスタードレプリカ 0.01μF

    以前現物からトレースされた手描きのjosemodの回路図を見ました。
    プリ管が1本追加されていて入力ジャックの次にいきなり2回路3接点の6pが
    ブライトch,ノーマルchそれぞれに入り先ずは追加した増幅段を通すか(modサウンド)通さないか(ノーマル)のスイッチングがあり、さらには内部で両チャンネルをリンクさせる為のスイッチ?のような物も見られました。
    この増設ステージのゲイン(プレートの負荷)とキャラクター(カソードのパスコンと抵抗値)はオーソドックスにmarshallのブライトチャンネルと同じ定数でした。

    ボグナーでは初段はマーシャルと同じ構成で、2段目以降で増設したステージを持ってきてカップリングコンデンサに並列に何段ものハイパスフィルターを入れてそれをトグルスイッチで選択してサウンドキャラを変える工夫がしてあります。12AX7のカソードの定数もいくつものパターンを切り替えられる工夫があります。

    JOSEで面白いなと思いましたのは、マスターボリュームを2系統用意してそれを切り替えて音量差を出す工夫があったり、プリアンプの途中から信号をセンドしてエディーが行っていたような複雑な接続マジック(信号レベルを一旦極端に落としてからもう一度増幅させるようなワザ?でしょうか?HOT PLATEのレベル変換を使うのか?)も使える工夫がしてありました。電流増幅を行わずにそのままセンドしているので普通のセンドリターンではないはず。

    玲さんがJOSEがmarshallライクな~と仰った理由もこれらのことから(帯域を極端に触ることはしていない)良く分かります。それと写真を見て思いますのは2連とかのヴォリュームはシャフトを自分で延長して作ったりそのシャフトから6pスイッチの切替レバーが出ていたりとエレクトロだけでなくメカトロにも強かったことが伺えました。

    fenderのbassmanのコピーからしゅつぱつし、回路もほぼ同じのはずの両者のキャラがこんなにも違いますのは先ず使ったパーツ、トランスの特性、それにコンボのフェンダーに対して4発のキャビという理由からでしょうか。
    12インチのフルレンジ4発とクローズドキャビネットはとてつもないタイトな低域が出るのでアンプ側ではかなりハイを強調した設定になっています。段数を上げれば低域が暴れだすのでmod品でその傾向はより顕著になるみたいです。

    ボグナーのエクスタシーやシーバのクランチチャンネルには本当にやられてしまいました、でも今は自分のmarshallの6~8のサウンドが一番気に入っております。

  7. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: SOZOマスタードレプリカ 0.01μF

    そういえば、joseのパターンに現行のランディローズモデル(marshall 1959RR 100W)のようにカスケード接続(ノーマルCH側の12AX7のステージが直列に繋がる)スイッチングのモノもあるそうです。アメリカでも80年代初めに20歳前後だったおじさんが誇らしげにJOSEMODを自慢している写真をいくつか見ましてその説明がされていました。ちょうど私と同じくらいの年代かな、、、。78年にそれまで”ピコピコ”テクノやイギリスもニューウエーブ一色だったのがいきなりエディーが"Runnin' With The Devil"で登場した時には、こんなに歪んで良いんだと衝撃でした!
    当時、player誌で北島健二さんがEruptionの耳コピー譜と解説みたいなのを2号にわたって行っていました、わら半紙みたいな色の薄い紙質のページをみて
    一生懸命譜割を覚えたのがなつかしいです。でも今聞くとそんなに歪んでいないですね。

  8. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: SOZOマスタードレプリカ 0.01μF

    SOZOマスタードレプリカを装着してからずっと3日程ウォークマンを繫げていました。最初ちょっとボワついていた低音弦がフロントでもタイトになりましてモンタレーバージョンのkilling floorのイントロをfuzz onでギター側を7くらいに絞ると凄い音がしました。そしてドラムとベースがフィルインする箇所でボリュームを上げるとそっくりのサウンドがでました。このコンデンサはmarshallのジョリ~ンとした部分が強調される感じがして良いですね。

  9. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/142-fe92a0e0
この記事へのトラックバック


最新記事