アッテネータ対決

2010年05月31日 23:34

・きょうは早仕舞いして背中のトレーニングをみっちりとやりました。デッドリフトを150キロでやってから
バーベルローイングを120キロと110キロでやりました。普段ローイングは105キロくらいでやるのですが
デッド150キロを引いてからだとローイング120キロがラクショーに感じられたのでちょっと驚きでした。握力が強いのは補助具を使わずに素手で高重量のバーベルを掴むからなんですがエレキギターを弾くにも凄く有利なんです。
lowing120.jpg

今日、トレーニングしながら聞いていたのがこの2枚です。とくに左のメインストリートのならず者は
jimiのワイト島完全版(blue wild angel)やZEPのBBC編集と並んで長距離ドライブやじっくり何かをやるときの必需盤なんです。

デニスホッパーさんが亡くなりました。何のストーリーか良く分かりませんでしたがあのハーレーチョッパーと後ろで流れるサウンドの視覚聴覚効果は「仰圧からの解放」みたいな感じで「腕時計なんていらねぇぜ」そのものでしたね。
stones1.jpg

marshall 100wユーザー必携!のEx-pro DM-05アッテネータ トランス式です!
到着しました!弾いてみました!良かったです!
THD HOT PLATEとのキャラクターの違いも良く分かり楽しめました。また詳しくは
時間のあるときにレポートしますが、トランス方式は低域の躍動感が削がれず、倍音感タップリのまま
小音量化できます。(と言ってもやっぱり高域低域共に削られますが)これは良い買い物をしました、座右の銘「Marshallは100Wで無いとならない」「4畳半でも4発のキャビで鳴らさないとならない」の実践にまた一つ嬉しいバリエーションが増えました。名機'71 Marshallの特徴の一つである深く歪ませてもブーミーにならないということがアッテネーターを通しても実感できました。ジョリンジョリン感、ギャリンギャリン感タップリです。タップも家庭用としては充分なバリエーションでした。ちょっと最新版のDM-Xも自宅で試したくなりましたので機会があればまた。
hpprovs.jpg

追記;なんですがどうもこのDM-05という機種は16オームのキャビ2発を想定しているようでアンプ側16オーム送りでこの機械に入れると少し負荷が大きいのか高域低域の削がれ方が大きく感じます、アンプ側を8オーム送り出しにすると低ワッテージタップでも躍動感のあるサウンドになります。(キャビは16オームのを1台で)ちなみに、マスター7で5%タップで私の環境では音量もOK,10%タップではさらに低域のハリ、倍音OKですがマスターは5位でないと音量的に辛い感じです。
自宅でアッテネータを使って気持ちの良い音を出すコツは、できるだけ減衰量の少ないワッテージを選択してマスターボリュームを上げ下げして妥協点を見つけるというのがお勧めです。
一方一番駄目な使い方は、ゲインもマスターも目一杯上げて、アンプ側が発振状態なのに極端に減衰させて使うという方法です。パワー管のプレートは赤熱し、出力トランスにも良くありませんし、出てくる音も頭が潰れた音になってしまいます。

今日も弾き比べてみましたが、HOT PLATEは抵抗式特有の上と下が極端に削られるというクセが少ない機種でDEEPスイッチがとても良い感じです。ノイズフィルターを切ると若干高域の倍音が出てきますのでトレブルブーストスイッチを入れないでノイズフィルタースイッチを切るほうが自然な音色です。自宅での音量を考えるとこの機種とDM-05の2つあれば充分だと思います。

Ex-pro DM-05はミッドレンジとミッドハイの倍音が凄く良い感じに響きます。4~16オームという内容でHOT PLATEみたいにドンピシャではない分少々ロスを感じますが音色とタップの設定は自宅用途にはバッチリです。両機種ともマスター位置の変化でイコライジングの効きかたも変わりますしFUZZエフェクトとの相性(発振させないで気持ちよく使うためのポイント)などは2、3日いじればご自分の環境でのベストなパラメータというのが見えてくるはずです。Dr-Zのエアブレーキも試しましたがKOCH同様LIVE領域での使用が前提の機種で自宅用途には音量自体が不適合。私のようにLIVEはやらないけれど4畳半では命をかけているようなギター弾きにはHOT PLATE DM-05どちらの機種ともお勧めできます。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/157-97252319
    この記事へのトラックバック


    最新記事