リンディーフレイリン Woodstock'69 換装 2

2010年08月22日 21:36

・前記事のコメントでよすけさんがご指摘されていたピックアップのホールピース
と弦とのセッティングやjimi hendrixのウッドストックでのピックアップセッティングについて
色々とわかった事柄を書いてみることにします。

その前に、すこし脱線しますが私がスポーツキャスティングの競技に使っていますabuアンバサダー
というスウェーデン製のリールについて少し。スプールが回転する両軸リールなのですが、
スプールが過回転してでラインがバックラッシュしないように自分たちでリール本体にマグネットブレーキを
増設しています。これをスプールの回転を見ながら徐々にマグネットをアルミ製のスプールから遠ざけるわけですが磁性体ではないアルミスプールにどうしてブレーキがかかるのかといいますと、磁性体ではないが電気を通す導体であるために激しく回転するアルミスプールの前に磁石を持っていくとアルミの表面に
うず電流が流れて磁場ができるため磁石側との関係でブレーキが掛かるんだそうです。

それで、最初目一杯近づけていたマグネットをスプールがバックラッシュしないか注意深く観察しながら
徐々に遠ざけていくわけですが、遠ざけていったその距離の2乗に反比例してうず電流が減少してブレーキが弱くなって行くんだそうでリールの場合もギターのピックアップの場合も磁石の磁力とその距離によって発生する電流の大きさが変わるため、どれだけ遠ざけたか、あるいは近づけたかによって変わる
影響は思った以上にかなり大きい(距離の2乗又はマイナス2乗)ということになるようです。
なんかそういえばフレミングさんが右手と左手で指相撲したとか、クーロンさんはウーロンハイを飲む前に胃薬を2錠飲むとかいう法則がありましたね~

・先ず最初に、交換前のオリジナルのFener custumshop '69ピックアップです、ジミヘンドリックスのギターと同じアビゲイルイバラおばさんが巻いてくれています。コンデンサは純正のマイラーフィルム250V0.1μF→ KCK 50V 0.047μF →サークルD 0.05μFと付け替えました。
qliwo3.jpg

・リンディーに換装後、サークルDを最初につけてみましたがもう少し暴れてもいいんじゃないかと今度は
KCKを装着しましたがジョリジョリした荒さは良いのですが低音弦のゴキンゴキンしたエグさが足りません。
qliwo4.jpg

・そこでリンディーのセットに付属してきたオレンジドロップ0.022を付けて見る事にしましたが
これがまたボォーッとした感じのさしたる特徴に欠ける音でしてやっぱり私が普段アンプやエフェクトで
持っていた良くない印象そのものでした。低域が全く締まってくれません。ひとつだけ良い点は0.022という
容量のせいでトーンを絞っていった時の残り具合がすごく良い感じでした。
qliwo6.jpg

・スプラグのオイルコンは中低域の質感が無くなってこれも全く駄目でした。結局同じオイルペーパーコンデンサで東一電気の630V 0.047μFにしてみたところこれがドンピシャで低域ガキンゴキン、高域ジャキンジャキンで素晴らしい暴れぶり、私の自作ファズとの相性は美味しいところの倍音が全てフィードバックするという具合でマーシャルからのサウンドに本当に痺れてしまいました。トーンを絞っていった時の残り方が
気に入らないため試しに同じ東一の0.022新品と交換してみましたが今度はサウンド自体が立たなくてダメ、やっぱり3年ほど使ったコンデンサとの差でしょうか難しいところです。結局0.047の東一オイルで決定。低音弦を弾いた時に倍音がヒィィ~ン ヒィィ~ンと語尾に付くのですがこれはマーシャル特有のサウンドです
qliwo7.jpg

・マグネットを買ってきて色々リールに細工することはありますがギターのピックアップを作ったことはありません。ですが、色々と使ってきて解ったことがあります。
先ず磁力ですが、ネオジム>コバルトⅤ>サマリウムコバルトの順で弱くなりコバルトはⅤが一番強くⅢやⅡは少しマイルド。

フェンダーアメリカンデラックスなどに装着されているサマリウムコバルトノイズレスピックアップは磁力が弱い事もあって弦をかなりピックアップに近づけないと良いサウンドになりません。

面白かったのは、同じコバルトⅤが使われているのフェンダー'69とリンディー’69ですが磁力は明らかにフェンダーの方が強く、フェンダーではセッティングを近づけすぎると直ぐに弦の異常振動で音程と伸びがおかしくなるのですが、反対に磁力が弱めのリンディーは異常振動と伸びが正常の範囲ギリギリのドローザラインにピックアップをセッティングしますとこのピックアップの性格である高域の倍音、低域のエゲツなさを最大限に発揮できることがわかりました。ごく普通のアルニコⅤセッティングに慣れている身としては感覚的にかなり近い位置に感じました。

このピックアップは通常とは逆の左利き用スタッガードになっていますのでいつもの1弦2弦がひっこんで聞こえる短所はなくなりますが通常1弦側が高くなるピックアップセッティングでは、ひっこんでいるはずのホールピースが逆スタッガードのために出っ張っていて弦にとても近い位置になり異常振動で音になりません。反対にいつもは出っ張っている6弦側の磁石が凄くひっこんでいるためにバランスをとろうとすると6弦側の高さをかなり高く上げないといけないという事が解りました。ジミヘンドリックスのギターでもこれとおんなじ現象が起こっていたんですね。

さてさて、このリンディーフレーリンのWoodstock'69のサウンドですがフェンダー69同様の中抜けドンシャリ倍音ギャリギャリです。コイルの巻き数がタイトで出力が少なめなので弾き手をかなり選びます。キッチリ弾かないと鳴らないのですが反対にパワーのある人や私のようなマーシャルのクランチ命、クリーンは要らないイケイケが好きなタイプにうってつけです。個人的には巻き数を増やしたブルースモデルやテキサスモデルは非常に苦手です。50年代の枯れや60年代の艶っぽさを求める方はやめておくほうが良いと思います。このピックアップはドーンと出るごつい低域を如何にタイトなままガキーンと出すかそういうアンプセッティングができれば最高です。

良くこのピックアップ評について暴れすぎて手におえない云々、、と見かけますがそんなことはありません。この程度でビビッていては渡世でイケイケジミヘン派は務まりません。チョーキングは常に2,3本まとめてギャーンとワウを踏みつつのけぞった時に出るキィーィンというハーモニクスがジミヘン派の醍醐味だと思います。一方のフェンダーの69ピックアップや69ストラトそのものにも凄く個体差があって、所有するもう1本の2007年製の'69ストラトはノーマルで高域ギャオ~ン低域ドカーンと物凄い暴れようでkckだと倍音出すぎてわけが解らなくなる始末でコンデンサは純正の0.1マイラーに戻してあります。またいつかムービーの高音質で撮ってみたいですね。

以上はすべて1971年のmarshall 100wにセレッションブラックバック4発キャビ、トレブルチャンネルvo8,アッテネータはEx-pro DM-5 10%出力でのサウンド考察でした。




コメント

  1. よすけ | URL | -

    Re: リンディーフレイリン Woodstock'69 換装 2

    なるほど~、ジミヘンウッドストックストラトにもそーいうわけがあったのですね。参考になりました。
    PUいじり楽しいですね~。

  2. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re: リンディーフレイリン Woodstock'69 換装 2

    ピックアップのサウンドデザインってどういう風にやるのか不思議ですし
    凄く興味深いですね、リンディーのこれはフロントピックアップでも終始
    ギャリギャリの倍音が出っぱなしなんですがこれなんかもどういう仕組みなのか?と思ってしまいます。巻く時のテンションとか色々とあるのでしょうね。

  3. こうじ | URL | -

    Re: リンディーフレイリン Woodstock'69 換装 2

    はじめまして、いつも興味深く拝読させていただいています。
    ここまでヘンドリクスにこだわっている方はいないですよ。

    マーシャルサウンドの追求は凄いですね。これからも楽しみにしています。

    メトロアンプ潰れたみたいです。

  4. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re: リンディーフレイリン Woodstock'69 換装 2

    こうじさん

    はじめまして、ようこそいらっしゃいませ。
    お恥ずかしい限りですが、40年も前に亡くなったアーティストのビデオを
    30年も前に見て以来の病なんです。各年代ごとのリマスター、特にここ20年くらいのエディークレイマーの執念ともいうべき仕事振りには驚かされます。

    マーシャルは76年までの100wだけに興味が限定されてしまっています。
    マーシャルのファンの立場から見てJCM900と2000はもうあかんと思わされ
    ましたが、ニューモデルのヴィンテージモダーンは原点回帰で良い仕事を
    しているなと少し安心しました。

    せっかくの円高ですがやっぱりメトロ潰れましたか、少し前にクローズドの告知
    が出ていましたがあれが閉店の挨拶だったんですね、残念です。

  5. JAKE | URL | z8Ev11P6

    Re: リンディーフレイリン Woodstock'69 換装 2

    ピックアップ、、奥が深いですね・・・

    磁石の材質や磁力、スタッガード、弦高、そしてコンデンサーの交換、、

    こだわってない人にとっては、微妙な違いなのかもしれませんが、こだわりたい部分ですね!

    ピックアップのサウンドキャラクター、どのように決めるのか興味あります。銅線の太さや材質、巻き数はもちろんあるでしょうし。最初きつめに巻いて、あとは緩めだとか、、テンションの掛け方と、巻き方によってどう音が変わるのか分かったら楽しそうですネ

  6. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re: リンディーフレイリン Woodstock'69 換装 2

    JAKEさん

    今日も先ほどまで3本をとっかえひっかえ弾いていました。
    逆スタッガートの意味は1,2弦の倍音とパワー感でかなり新鮮に感じます。
    リバースヘッドになると6弦側がハリが強く、1弦側が緩くなるので
    これは本当に試してみたいと思ってきました。さらにブリッジピックアップ
    の角度ですか、、、ヘッドのリバースは慣れればチューニングできるかもしれ
    ませんがボディーだけは弾き難いので駄目ですね、そういえばピックアップの角度とヘットだけリバースのモデルが過去にありました、、、

    コンデンサの聞き分けですが全て半田付けしてピックガードを戻して、
    弦を張っての作業の繰り返しですのでめんどくさいことこの上無しなんです。
    椅子に座りますとキャビネットの上側2発のスピーカーが顔の真正面やや下
    にきますのでこの状態で選別します。高域や倍音はスピーカーに対面しないと
    差がわかりにくいのでコンボアンプの場合は顔の向きに調整が必要です。

    調子に乗って弾いていましたら嫁さんから「音大きすぎ!」と大目玉を食いま
    してしばらくほとぼりが冷めるまで1%アッテネート致します。

  7. 通りすがりのジミファン | URL | SFo5/nok

    Re: リンディーフレイリン Woodstock'69 換装 2

    リンディのウッドストックはトゥルーバイパスでないワウを入れたときや、ファズでギターのボリュームを絞った時に必要以上に巻弦などトレブリーな気がしませんか?
    暴れ具合もトレモロスプリングの調整にもよりますが、少し大げさなような。。。

    私はリンディの古いジミの命日が刻印されたモデルの方が好きですね。

  8. ニャロメ | URL | 1.b4PuJs

    Re: リンディーフレイリン Woodstock'69 換装 2

    v-283 オコンニチワ !! 、Castmanさん。

    わぁ~ !! 、リンディー・ブレイリンをご購入なさったんですね~。v-410

    もうジミヘンの魂が降臨するんじゃないでしょうか?。(笑)

    Castmanさんのストラトは、これでもう完璧ですね。v-426

    ニャロメは最近、偶然に出会って購入した、
    フェンダーカスタムショップ製のフェスタレッド(NOS)の、
    バリバリのバーズアイ・ネック(スラヴボード)に、
    ディマジオのエリア61を乗せようかと考え中なんですが、
    どんな感じになるのか、妄想中ですニャン。(笑)

  9. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re: リンディーフレイリン Woodstock'69 換装 2

    通りすがりのジミファンさん

    はじめまして、ようこそいらっしゃいませ。
    このリンディー69は今某有名ハンドメイド系ギターに載っていて
    大阪市内の大型楽器店で何本もの試奏をしました、v-341ただ、試奏時のアンプが自分の好みではないのでやはり家のアンプでと思い換装しましたが
    私はもっとめまいがするくらい暴れても良いのではないかと思ってしまいます。
    好みの問題でしょうが昔のモデルとそういうキャラクター差があるなら私には
    やっぱり今のモデルが合っているのかな~と思いましたよ!v-426

  10. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re: リンディーフレイリン Woodstock'69 換装 2

    ニャロメさん

    そうなんですよー、今すこし節約して資金を貯めていますので大きな物は買えないので物欲を満たすにちょうど良いお買い物でした。

    ところでCSのカスタムカラー、バーズアイネック!ですか!それは素晴らしいです!羨ましいです。おめでとうございます!もう、磨き倒して可愛がってあげてくださいね。丁度、このブログで知り合ったお方からもメールでCS'69のブラックローズ、バーズアイ!が到着したとご連絡がありました。重ね重ね羨ましいです!

    >偶然に出会って購入した。
    そうですか、持って帰ってウッフンとウィンクされたんですね。バシッと来る時ってありますよね。しばらくフェンダーピックアップで楽しんだ後、色々な
    ピックアップを乗せかえるのも楽しいですね。またレポート楽しみにしています。

  11. プロリペアン | URL | Wfj.rzq.

    Re: リンディーフレイリン Woodstock'69 換装 2

    始めまして。楽しく拝見させて頂いております^^
    コンデンサ交換は簡単ですが迷宮の道に迷い込んだ
    ある意味マニアックな改造でもあります。まして
    突きつめるのが あのジミヘンサウンドとくれば
    本物ですね^^
    私の知り合いの現在ハワイ在中のイギリス人ギター
    ビルダーが若かりし頃ジミヘンマウイ島ライブ時
    にバンドボーイをしてました関係でジミヘンギター
    の話を伺った事があります。
    私が一番疑問だったのは「なぜジミヘンはPUSの1弦6弦の
    高さを右用のままで使ったのか?」でした。
    普通、1弦を低く6弦を高くした逆セッテイングなんて
    音のバランスがとりづらいのなんの・・・ジミヘン凄いですね。

  12. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re: リンディーフレイリン Woodstock'69 換装 2

    プロリペアンさんこんばんは、確かにjimiはそういう機材のところも含めて本当に偉大ですね!プレイ的にはバディガイのライブパフォーマンスやzappaのワウなどマンマコピー的なところも判りやすくて好きです(^^)

    このリンディーの'69サウンドデザインはコンボのアンプではかなりハイがきつく感じますが、ちゃんとmarshallのスタックで鳴らしますとwoodstockでの太いサウンドが再現できて、中高域がスコッと無くて高域の上あたりから倍音がギャリギャリいうあたりは本当に弾いていて気持ちが良いピックアップです。

    実際に68年~69年のイバラpuはどんなんかな?と興味がありますが、cs69では巻きがタイト且つ少なくてという特徴があります。所謂'60sレプリカとは真逆の位置なのかと、、、jimiのホワイトメイプルやブラックメイプルは68年の後半あたりにマニーズで数本買われたうちの2本だと思いますが、68年以前のギターを取っかえひっかえしていた頃と比べると使用するギターが決まって来だしたのはギターテクとしてノエルが連れてきたエリックバレットの功績が大きいと思います。ファズフェイスやwahの選別、marshallの管理もよくされていてfuzz faceのサウンドも初期に比べると随分スムーズです。ギターの調整なんかもエリックバレットの担当だった筈ですので今のうちに彼が本なんかを出してくれたりするとうれしいですね。

    コンデンサの換装は本当に変化を楽しむのが楽しいと思います!パッシブのハイインピ領域ですので半田はもちろん配線材、引き回し等のウマイヘタが影響しますが写真で見る限り実際の60年代後半の線材や配線の雑さ加減は今のcsとは比べ物にならないくらいいい加減なものです、が、しかしold marshall配線もしかりで、いかにもパートのおばちゃんがやりました丸出しのいい加減さですが出てくるサウンドが良ければすべて納得の立派なヴィンテージと成りますのでいい加減も良い加減になるのかなと、、、
    コンデンサは特に一般に良い、高級とされるものよりもそれ以外のモノのほうが
    遥かに良いサウンドのものが存在します。このあたりはエンジニアの腕の見せどころかと思います。

    私なんかも専門知識は何ら持ち合わせていない単なる職人的工作マンなのでたいしたことは無いのですが長男が現在大学で電子工学の専門知識を学んでおりますので早く難しい箇所を教えてもらえる日が来ないかなと今から楽しみにしています。

    エレキギターをジミヘンやゲイリームーアと同じように弾くのに最も大切なことは強靭な握力だと思い日々鍛える毎日です!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/167-2b58e103
この記事へのトラックバック


最新記事