24bitデジタルリマスタリング Limited Edition

2011年07月26日 23:36

前々回取り上げたマリーナショウの「Who Is This Bitch Anyway?は一般的にCD化され出回っているバージョンでTOCJ-5877(94年2月発売)という物でした。そしで今日買って来たのがブルーノートレーベル70周年記念で出されていた”限定盤24ビットデジタルマスタリング”のCDでした。TOCJ-6731
msho1.jpg

さっそく聞き比べてみましたが、94年盤での音質的な不満点が一掃されていて特にヴォーカルの定位が少し前に来てリバーブの余韻がクリアになり他の楽器のサウンド共々とても洗練されてこの作品にお似合いのサウンドになっていました。「限定」とか言うラベルには特に弱い体質なんですよ、LED ZEPPELINのThe song ~2枚組みはドイツ盤が一番好きでしたが近年完全版がリマスタリングされ驚きました。Jimiの昨年のリマスタリングはelectric radylandとAre You Experiencedを聞きましたがエフェクト過多、特にパンニングとかの処理が派手すぎて大失敗の一例です。その点今日買ってきたリマスター物はナチュラル&クリアで大成功でした。
msho2.jpg


コメント

  1. JAKE | URL | z8Ev11P6

    Re: 24bitデジタルリマスタリング Limited Edition

    リマスタリングされたCDがたくさん発売されるのは、大歓迎ですね!

    センスの悪いマスタリングもあるかもしれませんが、貴重な音源がノイズ無しで聴けるだけでもありがたいです。

    70年代のロックのアルバム、じゃんじゃん再発売して欲しいですね!

  2. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re: 24bitデジタルリマスタリング Limited Edition

    JAKEさん、ホントそうですねー昔の音源が良い音質でさらにお値段は1500円以内で再発してくれると嬉しいです。jimiの場合は大体10年周期でリマスターされますが昨年のリマスターはエクスペリエンス・ヘンドリックス財団にマスターが帰属して初の試みでしたので期待しましたがちょっと過剰でした。

    最近はJohn Mclaughlin ジョン・マクラフリンのCD集めに精を出しておりまして市民図書館にCD2枚を発見したり、今日もツタヤで72年の名盤”火の鳥”を借りてまいりました。マイルスデイビスやチックコリアとのライヴなんかないかなと方々で探索中です。市民図書館は結構穴場でお気に入りの発掘場所です。

  3. ニャロメ | URL | 1.b4PuJs

    Re: 24bitデジタルリマスタリング Limited Edition

    v-283 オコンバンワ !! 、Castmanさん。

    オッ !! 、このアルバムの24bit・デジタル・リマスター盤をご購入されたんですね~。v-410

    リマスター盤でニャロメが驚いたのは、(愛しのレイラ)でした。
    アナログ盤では音が籠りがちだったのですが、
    リマスター盤では、クラプトン御大の愛器のフランケン・ブラウニーの音が、
    とってもクリアーな音に変わっていたのにはビックリでしたニャン。v-405v-426
    ストラトのヴィンテージトーンの良さがハッキリと判りました。v-425v-410

  4. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re: 24bitデジタルリマスタリング Limited Edition

    ニャロメさん、やっぱりそういうご経験をされましたか。スクラッチノイズやヒスノイズがなくておまけに再発廉価だと言う事なしですね!
    zztopの3rdアルバム=Tres Hombresなんかリマスター未体験なので分離が良くなっていると良いなー再発価格1000円でお釣りが来るんでまた探してみますね。

  5. VIC | URL | 0aU95Snw

    Re: 24bitデジタルリマスタリング Limited Edition

    先日は'69 CS STRATの件でご丁寧なメールをいただきありがとうございました。ブログをさらに拝見していてCastman様がマリーナショウを御ひいきだということを知り驚いています。私はパープルを発端とするHR好きなのですが、なぜかこのアルバムは大好きで他を差し置いて全ての曲をスキップなしで聞ける唯一のアルバムです。
    ちなみに年代としてもスピンターンキャスティングなどの言葉がさらっと出る年代でして好みとは他分野でも似るものなのかな、と感じています。ちなみにSTRATの件ですが、'69ではないのですがラージヘッドで目に留まったものがあり楽器店とやり取り中です。

  6. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re: 24bitデジタルリマスタリング Limited Edition

    VIC さん、こんばんは、メッセージありがとうございます。

    Who Is This Bitch Anyway?をお好きとの事、まさに奇遇でございますなぁー
    私はJHは別としてZEP派でございました、といいますのもプログレが本来大好きなものでLZ中期の長尺ドロ~ンの世界が堪らなく、同じくFZ(フランクザッパ)70年代中期のバカテクプログレッシブ時代?、JHは再結成EXP以降の長尺インプロビゼーション期が好みなんです。しかし、このマリーナショウのWho Is This Bitch Anyway?だけは全くの別でして、A1の会話の頭から全て、曲順、プレイ内容、もう誰にも邪魔されず一気に聴いていたい!派でございます。これはあの74年にニューヨークのスタジオの一角で起きた”奇跡”なのかもしれませんね。

    ラージヘッドのストラトを見つけられたとの事、楽しみですね。私も仕事が忙しい為以前ほどギターを弾く時間が取れないのですが、それでも4本あるギターをかわるがわるマーシャルと赤ノブにインプットする瞬間がやっぱり至極の時間です。じっくりと良いギターを選んでください!入手されたらまた色々とご紹介くださいね、ありがとうございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/199-d8ecc805
この記事へのトラックバック


最新記事