キャスティング競技用パーツについて・補足

2011年11月19日 18:45

①KONNYブレーキの5ミリマグネット用と6ミリマグネット用では耐強度の関係で6ミリ用のパーツの方が引き巾が2ミリ短くなります。画像は4000番の1.5ミリオーバーサイズスプールに5φ*3ミリ厚のマグネットを実動セッティングして動かしました。5ミリ用の引き巾が12.5ミリ、6ミリ用は10.5ミリです。実際の使用には全く問題ない範囲を確保できていますが一応同じものではないという事でお知らせしておきます。

マグネットブレーキの仕組みは磁石の前をアルミスプール(非磁性体だが電導体)が高速で横切る事でアルミの表面に渦電流が発生して磁場が出来るために5ミリのマグネットと干渉してブレーキがかかります。マグネットブレーキを遠ざけていったときの渦電流の減衰量は遠ざける移動距離にマイナス2乗の割合で減衰していきますので、引き巾の終端付近でのこの2ミリの差というのはあまり影響が出ないという事になります。(仮に投げ始めにスプールから1ミリの距離にマグネットがあるとして、投げた後に2ミリまで引くと電流の値は4分の一、3ミリまで引けば9分の一、10ミリまで引くと100分の一、12ミリだと144分の一に。)さらにスプールの表面仕上げの違い(抵抗値の変化?)でもブレーキのかかり具合が変化します。無電解ニッケルメッキ、白アルマイト、赤アルマイト、黒アルマイト等経験しました。

実際の投擲に当てはめますと、投げた直後のスプールの過回転を制御する為に大きなブレーキ力が要りますが、2種の場合は特にあっという間に糸が出て行きスプールの芯が小さくなる事による回転抵抗が大きくなりますので解放量も中盤以降は速い方が有利であることが分かります。

全く同じ条件のリール(糸巻き量、マグネットクリアランス等)が2台あって230m飛ぶ人と200m飛ぶ人とでは違う箇所はシンカーがロッドから放たれた瞬間の初速だけです。230m飛ぶ人の方がスプールが高速で回転するので同じ磁力ならば200mの人よりもスプール表面に出来る電流と磁力は大きくなります。それなら230mの人は磁石は小さくて良いじゃないのとなる筈なんですが実際には飛ぶ人の方が大きな磁石が必要になりますがこれはスプールに巻かれた糸の重量が投げた直後ではまだ大きいためにスプールを勢いよく回し続けようとする慣性力も200mの人よりも大きくなるためです。

作戦として糸巻き量はうんと多くして最初の制御はドンとかけて素早く開放、後半のスプール直径の縮小率を小さくして後半の伸びを期待する追い風イケイケセッティング。反対に糸巻き量は必要最小限で最小のブレーキで制御して初速を殺しすぎず糸ふけも極力抑える向かい風辛抱セッティング。そんな名人に私は成りたい。
cange1.jpg

②マグネットを乗せる皿ネジは磁石がくっつく磁性体のネジを使っています。6ミリ用は寸法の関係で左のツバ無しのみ、5ミリ用は右側のツバ有りが標準です。両方とも実際の使用時には軽く接着剤を側面に乗せて使用するのがベストなんですがツバのあるタイプだと磁石本体との隙間に接着剤が回りこんで磁石の取り外しが困難になるので何種類か付け替えて試す場合はツバ無しの方が便利です。両方ともネジの芯とマグネットの芯を合わせる微調整は必要です。
change0.jpg

・接着剤はマグネットの底面に着けると取り外し時にマグネット本体のメッキも剥がれてしまい後で使えなくなるのでこのように接合部分の側面に高粘度アロンを3箇所ほどチョンチョンと乗せます。これだとカッターを入れるだけで綺麗に剥がせます。
change2.jpg

・マグネットを乗せる皿ネジは磁石にくっつく磁性体の為、ステンレスの皿ネジのように非磁性体にマグネットを乗せた場合に比べて磁力がアップします。以前、私も5000番サイズのスプールにラインを255mも巻いたとても重いスプール(慣性力が高くてバックラッシュしやすい)でも5mm×1.5mm圧のマグネットで充分に投げれていました。ただ、このときも画像のようにステンレスのネジの次にマグエリートに付いている鉄板を丸く切り取って接着しさらにその上に1.5mm.圧のマグネットを付けていました。試しにこの鉄板を取って投げるとかなりの追い風でもバックラッシュしました。これは磁石の後ろに鉄板を置くと磁力がアップする(ヨーク板)という働きによるものだそうです。画像の5000番に1.5mm.厚というバックしやすい条件でもかなりの高初速にも耐えれていたという事です。ですから、今までステンレスネジにマグネットを直乗せしていた方は今回のコニーブレーキ導入後に今一度ご自分の初速に対する磁力と設定の見直しをお勧めいたします。
sp_mag08.jpg

※というわけでして、現在の日本のレギュレーションでは5ミリで充分だと思いますが、海外での試合を予定されている方は5000番、6000番サイズのスプールに太いラインを沢山巻く関係上6ミリパーツが要るかも知れませんね。
以上の事柄を考慮いただいて、①の6ミリ用を注文頂いた方で5ミリ用に変更したい,,, ②の5ミリ用を注文した方で皿ネジの”ツバなし”を希望する方はご連絡下さい。

現在かなりの数量の申し込みがあります。青山さんと打ち合わせましたが結構複雑な工程になるのでまとめて作ってみますが随時の製作はできないとの事でしたのでこの機会にできるだけお申し込み下さいとのことでした。


コメント

  1. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re: キャスティング競技用パーツについて・補足

    お申し込みいただきました皆様ありがとうございました。
    ブレーキは103個、スプール38個、ブッシュ23個、他という数量です。
    納期がわかりましたら又ご連絡させていただきます。

  2. Kyasa★彡 | URL | RBzssC7g

    はぢめまして☆

    こちらの品は、再販の予定とか ありますか?e-267

    最近、天秤仕掛けを遠投する釣りに挑戦しています。ですが、なかなか思うような飛距離を出せず、みなさんのWebを参考に、勉強させていただいてますv-354

    教えて欲しいのですが・・・

    競技用のブレーキセッティングって、どんな感じでなさっているのですか?
    もちろん、組合わせるタックルや投げるスタイルによっても違いますが・・・わたしは 「初発」(キャストするスタート時点)でのセッティングに、悩んでいますv-356

    スプールを指ではぢいて空転させたとき、どのくらいのブレーキが効く感じなのか・・・大変あばうとですが、どうかお教えくださぃ。

    メカニカルブレーキ(キャスコン)も、使用されるんですか?
    差し支えない範囲で・・・あどばいす頂けると助かりますv-238

  3. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re: キャスティング競技用パーツについて・補足

    Kyasa★彡さん

    初めまして、和歌山港まで来られますか?もしお越しになられるのでしたらそこでセッティングやら改造リールやらをお見せすることができます。

    メカニカルブレーキは一切使いませんし遠心プレーキのブロックは特注幅広スプールと干渉するのでツライチまで削って無くしてしまいます。投げ始めのセッティングは使用するオモリの重さ、使用する糸、スプールの重量、その人の初速など複雑に絡みますので一度実地に御覧に入れます。

    土曜日の夕方もしくは日曜日ならご希望の時間にお相手できると思いますので遠慮なく連絡ください。このブログのメールフォームでお願いいたします。

  4. Kyasa★彡 | URL | mQop/nM.

    ありがとうございます♥

    e-420「百聞は一見にしかず」ですよねぇe-266ありがとうございますv-354
    おうかがいしたいものの、なかなかそちらに出向く機会がなくって。なので、今後もこちらのブログを拝見して お勉強させていただきますv-378スポーツキャスティングの記事、楽しみにしていますe-349

    「まぐ」でコントロールされているんですね・・・ありがとうございました。わたしも現在、遠投用のりーるを作っていますが、ぢぶんで作った ぢしゃくを設置するユニットで挑戦することにしますe-315
    本当は外部可変にしたいのですが、まずはメカニカルブレーキ併用で・・・

    遠くに飛ばすって、たいへんですよねe-351
    また質問させていただくことも・・・どうかお許しくださぃe-466ではではe-414

  5. Kyasa★彡 | URL | mQop/nM.

    もしご存知でしたら・・・

    質問ばかりで ごめんなさぃv-356
    遠投競技で りーるを固定する「バンド」みたいなのって、ありますよね・・・ヨーロッパのスポーツキャストの様子を映した動画を見ていると、ホースバンドみたいなやつで ロッドにりーるを固定しています。

    あれって・・・国内でも売っていますか?

    投げ竿のりーるシート(ぷれーとシート)は あまりベイトリールには合わないので、シートをはずして あのバンドみたいなのを使って固定できればと思っていますv-357

    もし国内で入手できるようでしたら、販売元を教えていただけると助かります。
    どうかよろしくおねがいしますv-278

  6. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re: キャスティング競技用パーツについて・補足

    リールシートは私はフジの前進機構付き ステンのNS-6を前後逆にして付けています。ヨーロッパの固定バンドは日本には売ってませんがコーナンの水道用品売り場のホースバンドを流用している人もいます。これを使う場合はロッド側に当てゴムを挟まないと良くロッドが折れたりするそうです。

    海外の通販ではBLACK DOG http://www.blakdogtackle.com/?cPath=22_56
    に競技用パーツがいろいろ売っていますので買ってみてください。PAYPALが使えるので便利ですよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/213-88ddc790
この記事へのトラックバック


最新記事