OCTAVIA CLONE PARTS LIST

2012年01月09日 23:57

・宵恵比寿のお参りも済ませていよいよ明日から仕事始めです。本場大阪の今宮戎の模様がテレビで流れていましたが流石は本家本元だけあって桁が違いますね!同じニュースで阪神の金本アニキが自主トレでスクワット170キロに挑む姿も、、肩が良くなったんですね、そのくらいの重量になると肩甲骨が充分寄せられて肘が背中側にきっちり入らないと担げませんからね。私も今日ちょうどスクワットでしたので負けじと、、、100キロでアップして150キロ、160キロ、170キロ各10回で終えました。170だとフルレンジ楽勝ですが190きろだとつぶれるのが怖くてクォーター気味です、ラックほしいなぁ~

・YOUTUBEの音源を見た方からちょくちょく寄せられる質問が多いので2年前に作ったタイコブラ オクタヴィア クローンのあの音源での実際の使用パーツを載せて置きます。私はGGGのサイトを参考に作りました。先ずは回路図です。
octa-schema.jpg

Q1 NKT275
Q2 2N5088
Q3 2N5088
D1 1N34A
D2 1N60A
抵抗はXICONのカーボンコンポジション、コンデンサ類はXICONの安いタイプ、トランスは回路図指定の品番。

Q1はヘッドアンプでCE分割になっていてエミッタからのバッファー出力がそのまま原音MIXに、一方のコレクタからの反転出力はQ2で電流増幅(バッファー)のあとQ3でガバッとゲインをとり、トランス、ダイオード整流の逞倍回路へ。C5の値を動かすとアッパー側のニュアンスが変わりますが私はそのままの定数です。抵抗を金属皮膜にしたりケミコンをオーディオ用の高級品にすると出てくるサウンドが細くなります。ダイオードは同じ品番を二つよりも違うのを組み合わせる方が好みのサウンドがでました。前後の順番や品番を変えると大きく変化するのでお好みで。
octavia09.jpg

ユニバーサル基盤でポイントトゥポイント直付け配線にするとこれまたエフェクト音が細くなります。面倒ですが基盤をエッチングしたプリント基板のほうがエグイ掛かり方になります。

私はユニバーサル基盤とプリント基板の2タイプ作りましたがユニバーサルの方は10分試奏して即分解の運命に、具体的にいうとユニバーサル基盤直結は余分な倍音が煩く感じアッパーオクターブ音のリニアな追従性がマスクされてしまいます。

ファズとは違ってタイトなオクターブのみMIXの方が絶対にリアルな臨場感が上です。プリントパターンはGGGのパターンで充分ですが私はノイズのこともありPCBEという回路図エディタで信号ラインを太く、アースランドを若干大きくして描きなおしました。部品の実寸で描いたOCTAVIA用のプリントパターンを差し上げることができるので必要な方はメールをください。

スクリーンショットはこんな感じで、パーツ穴は0.8ミリで作っています。
octaprintp.jpg


コメント

  1. JAKE | URL | qbIq4rIg

    Re: OCTAVIA CLONE PARTS LIST

    うわ!マニアックな記事をありがとうございます!(^^v

    基板のパターン作成、さすがですね!

    私も1台作りたいです。

  2. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re: OCTAVIA CLONE PARTS LIST

    JAKEさんに教えていただいた基盤や配線材による音の違い
    が私にはとてもセンセーショナルな発見でした。

    FUZZもそうでしたがこのオクタヴィアは特にジャノメ基盤だと
    リングモジュレーターのようなウルサイ倍音が出すぎてjimiの
    "who knows"とはまったく違う感じになりました。

    海外からの問い合わせが多いので本当はノウハウも英文で書ければ
    良いのですが、、、

    オクタヴィアはfuzz face clone自作の次に作りますと選別モレのhfeの
    大きなトランジスタが使えるので都合が良いと思います!

  3. ニャロメ | URL | 1.b4PuJs

    Re: OCTAVIA CLONE PARTS LIST

    v-283 オコンバンワ !! 、castmanさん。

    大変遅れ馳せながらでは御座いますが、
    新年明けましておめでとう御座います。
    今年もよろしくお願いします。(=~ェ~=)ノ ♫

    実は2週間ほどカナダの姉上様の所に、
    お袋様を連れて旅行に行っておりました。
    それから姉上様の家から車で2時間ほどの所にあります、
    ジミヘン御大が眠っている、グリーンウッド・メモリアル・パークへ、
    御大のお墓参りもして来ましたニャン。v-410


    ニャンと !! 、今度はオクタヴィアの製作をされるんですね~。v-411
    castmanさんの記事は各パーツの知識とかが、
    学ぶ事が出来ますので大変勉強になります。
    ニャロメはまだまだ知識が及ばない領域ですので、
    今年中には何とかオーバードライブ系の回路の知識を会得したく思っております。

    追伸

    年賀状送って頂きまして本当に有難う御座いました。
    去年の師走は認知症の母の介護や、
    それに伴う手続き等で忙殺される毎日でして、
    年賀状を書く時間が取れないままでした。
    年賀状を差し上げる事が出来なく本当に申し訳なく思っております。
    今年はこの様な事にならない様に十分に気をつけますので、
    どうかご容赦のほどお願い申し上げ致します。m(__)m

  4. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re: OCTAVIA CLONE PARTS LIST

    ニャロメさん、今年もよろしくお願いいたします。

    オクタヴィアは2009年にすでに製作完成してYOUTUBEに音源を載せているのですがそれをご覧になった方からメールでパーツリストの問い合わせが良くあるためもう一度載せてみたというわけなんです。トランジスタの選別とマッチングでオクターブの追従性、ダイオードのマッチングでもニュアンスが変わるのでバリエーションがかなり広くて面白いと思います。

    親孝行とジミヘンへのお参り旅行大変お疲れ様でした!お姉さまもお母様も大変喜ばれたことでしょうね!カナダには行ったことがありませんが素晴らしい所なんでしょうね!2週間か~行ってみたいナ~

  5. Takkun | URL | dlW1JHE6

    Re:OCTAVIA CLONE PARTS LIST

    Castmanさん、はじめまして。たっくんと申します。
    FuzzFaceのmod.をはじめ、数々のマニアックなというよりか極めて詳細な記事を読み、
    感動を以って大変参考にさせて頂いております。

    この度Octaviaのmod.を自作する計画を持ち、こちらの記事共々、
    多方面のサイト等を参考にさせて頂き調査してる所なのですが、
    アッパーオクターブをOFF出来ればと思いまして改めてこちらの記事を参考にさせて頂いております。

    動画も併せて拝見させて頂きましたが、OFFにした感じもとても良さそうで、
    是非mod.の一つとして取り入れたいと思っていますが、なにぶん電気的な知識に薄く、
    具体的にどこの回路をキャンセルしてらっしゃるのか分かりません。

    もし宜しければ御教授して頂ければ幸いです。
    何卒宜しくお願い致します。

  6. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:OCTAVIA CLONE PARTS LIST

    Takkunさん、はじめまして。メッセージありがとうございます。オクタヴィア製作されるんですね!fuzzもoctaviaもヴィンテージモノでアタリの機種に出会うには時間とかなりのお金が必要なのでここは自分の耳を信じて作ってしまうのが早いと思います。私が作った奴も効きもエグさも最高で、ご指摘のようにスイッチを切り替えるとモダンなディストーションに変わってどちらも素晴らしい出来栄えです。

    アッパーと普通のディストーションの切り替えスイッチは最終のインピーダンストランス2次側につないだ2本のダイオードのうち片方だけをオンオフするスイッチです。オフで普通のディストーションです。頑張って作ってみてください。プリントパターン(octaviaと69modfuzz)とそれを扱うソフト、他、をここに置いておきましたので1週間以内にダウンロードして下さい。http://2.gigafile.nu/?cf31d45639b3020a4b305c21dd05fab21-0112
    飛んで行った中ほどにダウンロード開始というボタンがあります。

  7. Takkun | URL | dlW1JHE6

    Re:OCTAVIA CLONE PARTS LIST

    色々と本当にありがとうございます!有効的に使わさせて頂きます!
    しかしそこをオンオフするとキャンセル出来るんですねぇ。
    何でそうなるのか薄識なので不思議です(笑
    アッパー側が無いサウンドも凄く楽しみで、音源聴いた限り普通に使えそうなサウンドなので、
    記事内で仰ってる様にフットスイッチで対応したいと思います。

    ちなみにFuzzFaceはcastmanさんの回路図を大いに参考にさせてもらいP2Pで作りました。
    一段目のエミッタのVRは無いと困るくらいですので本当に助かりました。
    現状ではちょっとhfeが低めですがほぼマッチドのNKT275を使っていて、
    ブツブツバリバリから普通のディストーションまで幅広く出せて、
    サウンドそのものも充分に使えるものが作れたのでボードに入れて愛用しています。
    引き続きBlogの方、参考にさせて頂きます。本当にありがとうございます!

  8. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:OCTAVIA CLONE PARTS LIST

    Octaviaは逓倍と整流という理屈でできておりまして,,,目いっぱい増幅すると原音の何倍もの倍音が作られますのでその中からオクターブ上の物だけ抜き取ってミックスという原理なんだそうです。

    octaviaもfuzzも蛇の目基盤やラグ板で作るよりもプリント基板で作る方が圧倒的にゲインが枯れた良い音になりますのでお勧めします。配線材も非メッキ線でやるとおいしい倍音だけ残した狭帯域で絶品です。同様にオーディオ用のケミコンや抵抗も金被などを使うと音が薄くなるので安いカーボンかカーボンコンポジションの方が良いと思います。ファズやオクタヴィアはアナログマンが採用している安いケミコンが最高です! 

    直結蛇の目やラグ板で作りますとオーディオ機器のようになってしまい帯域が広くなりすぎてギターには向かない気がします。私がアレンジした基盤ですとアースランドも大きいのでノイズに有利ですし枯れた良い音がしますので是非お試しください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/218-d7619c41
この記事へのトラックバック


最新記事