KMTベアリングはキャスティング競技には使えるか?

2013年01月12日 21:15

先だって取り上げた中国製ベアリングのKMTベアリング(生産は中国、選別と販売は日本商社)。購入した30個のうち4個をランダムに抜き出してグリス抜き洗浄し数回の練習で使用していますがやはり69円という値段を差し引いても非常に良い感じです。

それで、残りの26個も本格的にグリス抜きして選別してみました。
・面倒だったので最初シールドをはめたまま洗浄
・溶剤はペイント薄め液を60度まで湯煎して2回換え最後にブレーキパーツクリーナで洗浄した。

溶液の中で1個1個回しながら洗浄すると茶色いグリスの油脂分が溶剤に流れ出してきてほぼ2回の液交換で完了したかに思えた。選別すると3割ほど回りの悪いのがありもしやと思いすべてのシールドを外してみた。やはり予想通り液温を60度に上げても油脂が抜けた後のグリスの石鹸基が残っていてこれが抵抗に。このまま知らずにオイルを挿して投げてしまうと熱とオイルと石鹸カスが微妙にコラボして取れない硬いカスに固まるのでもう一度洗浄してみた。

そうすると30個のうち2個だけが低い音の振動が手に伝わる個体がありましたが残りは全て素晴らしい回転でした。という具合でしたので整理してみます。

・最初のグリス抜きは揮発性の低い溶剤を湯煎してつかわないとグリスの基剤が残ってしまう(灯油がベストでそのあとシンナーで洗うのがベストであると某ベアリング商社の人に教わりました)
・お知らせしたようにシールドを片方外して脱脂しないと良い状態にはならない。
・すでに仲間のキャスター数人が数百個を発注済みですので今後耐久性などもわかってくると思います。
・ダメもとで、買う場合に先方の商社にキャスティング競技リール用途である旨を説明しグリスではなくオイル封入品が可能か聞いてみる→潤滑剤無しは酸化、サビの元に。
・ABUの純正7個玉、ミネベアその他の8個玉に比較してもひけはないと思う、9個玉なのでかどうか?回転も軽い感じ。
・1個69円はとても魅力なうえに使えるということもわかった。皆さんも一度使ってみてください。
mktbaring122.jpg


コメント

  1. は~もにかI川 | URL | -

    Re:MKTベアリングはキャスティング競技には使えるか?

    Castmanさん毎度です。
    今日KMTのベアリングのB品を1時間程洗浄しなおしたら、ほとんどがA品に化けました。
    T橋さんも注文するそうです。

  2. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:KMTベアリングはキャスティング競技には使えるか?

    は~もにかI川さん、これやっぱり良いですよね~回転が上がった時のサウンドがフォ~ンってマイルドな音質なのが中々イケています。今度買うときはグリス抜きでお願いしてみようと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/262-f0c6689a
この記事へのトラックバック


最新記事