Lindy Fralin Woodstock'69

2013年01月16日 21:48

Lindy FralinのWoodstock'69ピックアップを乗せたFender CS '69ストラト(ややこしい)の弦の銘柄を最近色々と張り替えてサウンドの違いを楽しんでおります。ゲージは0.11からのセットが一番しっくりときます。マーシャルを30分ウォーミングアップさせておいて張りたての弦を鳴らす瞬間が堪りません。

ゲージもブランドもコロコロ変えるのでナットのところの滑りがうまくいかずチューニングが安定しません。どうもCSのストラトはゲージ0.10が基準みたいでこれだとプレーンがシャープせず安定。なかなか難しいな。
linfen69.jpg


コメント

  1. | URL | 1.b4PuJs

    Re:Lindy Fralin Woodstock'69

    v-283 オコンバンワ !! 、castmanさん。

    ニャロメも弦のゲージは011~052か050ですニャン。v(=^0^=)v
    遊びで010~046のゲージの弦を張ってみましたら、
    ギターが全然良い音でならなくなっていました。(笑)
    この子もニャロメに調教されて良い子になったのね~って、
    嬉しい瞬間でもありましたニャン。(爆) (=⌒▽⌒=)
    ナットの調整って難しいですよね~。(大汗)(=^_^=;
    ナットの調整はネック全体の調整に関わって来ますものね。

    ニャロメが最近試奏させて頂きました、
    イタリア製のDV Mark DV40 112と言うチューブアンプですが、
    これがまた凄く良いコンボアンプでした。(≧∇≦)b
    このアンプです。
        ↓
    http://www.youtube.com/watch?v=D0E5lXVTaI0

    デモ演奏のギタリストの方も、メチャメチャ巧い方ですニャン。(≧∇≦)b

  2. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:Lindy Fralin Woodstock'69

    ニャロメさん
    いつもありがとうございます~以前、スライド用に0.12のセットを張り弦高を上げてみたらこれがまた素晴らしいサウンドでした。でも1弦2音半チョーキングとかめげそうになるくらいしんどかった(ToT)/~~~79年ストラトはもうナットの溝もガバガバでなんでも同じなんですわ~

    むかしむかし、このストラトに水牛とか象牙とか付けましたが今は安い骨ボーンです。ナット切りとフレットのうち換えをいつか自分でやってみたいです。

    ニャロメさんお勧めのアンプのギタリストさんは素晴らしいですね!どんなスタイルでも弾けるとは!驚きです(^.^)/~~~

  3. イトーさん | URL | -

    Woodstock'69

    私も長年、愛用しております。

    あ、初めまして。
    と言っても、先日のチューナーのブログに、思わずコメントさせていただきましたので、違いますね。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    ストラトにおいて、ナットの調整は最も重要であると考えます。
    次にリテイナーの微調整、そしてトレモロユニットのマウント時の穴の微調整。
    それに、弦の巻き方・・・。

    あぁ、すみません、いきなり生意気でしたね(汗)。

    時々、興味深く読ませていただいておりました。
    これからも、楽しみにしておりますので、どうかよろしくお願いいたします。

    動画、覗いてみましたが、すごい上手いですよね!
    ヴィンス・ギルより上手いかも・・・。

  4. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:Lindy Fralin Woodstock'69

    イトーさん、こんばんは。ストラト歴40年とは恐れ入りました。それに左利きとはナントカッコいい!これからもよろしくお願いします。

    ナットの調整自体私はきちんとした道具すら持っておりません。弾き込んでいきますとナットはすぐに減ってきますので本当なら自分で溝を切れるくらいになりたいのですが中々ハードルが高いです。

    リテーナーのスペーサーはグラインダーで削って高さを変えた物を何種類か作りました。ブリッジの穴も研磨してアタリを出すとオールドタイプのブリッジでも驚くほどスムースになりますよね、あと、6本のねじの締め方も大事ですよね。ストラトのヘッドの角度ってオリジナルフェンダーでも年代でかなり違うようで79年などはテンションが緩い時期です。脱線しますが、79年のポリウレタン塗装ネックもついに剥がれてきました。製造後20年目くらいから塗装が崩れだしそれとともに音の方も大きく変わってきました。(乾いた音に)これは予想していなかっただけにうれしい誤算でした。

  5. イトーさん | URL | -

    レス、感謝します!

    やはり、深くやっておられますな~。

    私もナットの正式な道具は持ってないんですよ(汗)。
    出来るだけ細いダイヤモンドヤスリ(笑)だけです。
    これは、あくまでも私の経験ですが、これまで触ってきたギターで、そのまま使えるナットに出会った事がないんですよ(泣)。
    仕方なく調整するのですが、トレモロの有無にかかわらず、チューニングでピキピキ鳴くのは、リテイナーも含め、まぁダメですね。
    残念な事に、全滅でした。

    音が乾いたストラト・・・いいですね!
    78年頃のは確か、ヘッドが厚い気がしたんですが・・・だとすれば、ナットでの角度が浅いので、テンションも緩いですよね。
    あ、音が乾くと言えば・・・
    最近、Raw Vintageのトレモロスプリングに替えて、5本掛けにしてみたんです。
    いやぁ~、いきなりビックリでしたよ(主観)!
    特にマーシャルのような音の速いアンプ(キャビネット)で、少しギターのトーンを絞ると、私などは逝ってしまいます(主観)。

    それにしても、貴方のアンプやエフェクター、それにオーディオの知識の深さや感性には、敬意を払わずにはいられないのであります。

  6. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:Lindy Fralin Woodstock'69

    イトーさん
    ヘッドをあらためて眺めましたがおっしゃるように厚みが他のより厚かったです!おまけにボディーのコントゥアーも浅くて、、、重いんですよ!

    Raw Vintageは79年には合わなかったんですけど今度69年でやってみますねー後ろのスプリング室?にちゃんとカバーで蓋をすると倍音が増えるんです。やはりテレキャスと違ってストラトはスプリングの音!?ですね。

    お褒めのお言葉恐縮です(笑)でも私は電子工学の正式な教育は受けたことがございませんし殆どが図書館の本から得た知識と膨大な失敗を重ねた無線機、ラジオ、エフェクターの自作で実際は半知半解のレベルです。超体育会系でしたが不思議と図書館の静寂さと印刷物のインクが発する匂いが好きで小学校の頃から運動クラブの練習が無いときはずっと図書館に住んでいました。本もCDも無料ですし冷暖房完備、2階では映画も観れますしこんな快適なところはございません(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/263-15f1d18c
この記事へのトラックバック


最新記事