jimi hendrix people hell and angels

2013年04月23日 23:21

・jimi hendrix people hell and angels

聴きました~しかし、なんですねぇ没後43年も経って出された新譜がチャートインしてるんですから大したものです。エルヴィス、ジミ、レノン、みんな凄いですね。

90年頃からアランダグラスがらみでポツポツと良質なコンプリート集が出始めました。この頃からジミの親族(エクスペリエンス・ヘンドリックス社)が作品の版権を徐々に取戻し一昨年のインザウエストあたりで旧譜関係の版権は全て戻った模様。

旧ポリドールからの"ワイト島のヘンドリックス”のような酷かった音質の物がエディークレイマーが最新のテクノロジーを駆使して出しなおしたのが"Blue wild angel"ジミ自身の調子は悪かったようですがこの作品全体が醸し出す退廃的でダウナーな雰囲気がわたしはとっても好きなんです。

一方、これまた2010年にマスターソースをデジタルリマスタリングして出しなおされた”Live At Woodstock”これは音圧が上がり、各楽器の分離が素晴らしくクリアになっていました。こちらの方は打って変わって新しいバンドでのやる気がヒシヒシと感じられるアッパーライクな内容ですが両方とも何回聴いても飽きない素晴らしい内容でした。

jppih001.jpg

今回の新譜、先ずは2曲目のSomewhereでジミヘン丸出しのギターに思わずのけ反り”今になってこの音源かぁ!”こんなの残っていたとは、、、前半はマーシャルではないはず、2分経過あたりからマーシャルのギターサウンドが。次、3曲めのHear My Train A Comin'なんという素晴らしいギターの音、、マーシャルの倍音たっぷり強く弾けば歪み弱く弾けばクリーンにチャンネルスイッチングでは絶対に出ない色っぽい音。4曲目Bleeding Heartこんなアレンジでするとは!そしてギターの音!もう堪りません。良い音です。このアルバムこの3曲プラス、”Mojo Man"でキマリです。モジョーメーン!思わず笑いが込み上げ今マイブームです。

エディークレイマーのguitar player誌のインタビューでは今回のがおそらくスタジオ物では最後だろうとのこと。そうなんですか、それでは未発表のライブをクリアネス化して出してほしいですね。特に69年に入ってベースがビリーコックスになって以降の長尺インプロヴィゼーション期の物が好みです。

さっきのワイト島のdvdを観ると面白いですね、最初、場内警備のトランシーバー交信がやたらとマーシャルに飛び込んでくる。jimiはイライラしてエリックバレットになんとかしろ!としきりに催促。トランシーバーだけでなくbbcのラジオアナウンスやピアノの音、オペラの男性ヴォーカルまでかぶる始末で,,,(笑)特にオールドのマーシャルは回路全体にハイカットが入っていないのでラジオの高周波がバンバン入り、うちでも大体昼間は某公共放送局、夜は中国国際かロシアの声がかなりの音量で入ります。ワウを踏むか、ファズを踏むかすると電圧増幅段が入るためラジオは消えますが繋ぎっぱなしのvoodoo-vibeで入っているはずのバッファー(電流増幅)では消えないんです。でもこのラジオの飛び込みは中々味があって私は好きなんですけどね。で、話は戻り、エリックバレットがこれをつかってチョーダイとjimiに差し出したのハムバッカーのフライングVというオチでした。

この日は特に機材の調子が悪かったんでしょう。後ろで見守るのがエリックバレット。フライングVにチェンジした際にユニヴァイブのフットコントローラーも一緒に交換されていました。飛び込みノイズ対策でローディーたちがしきりにマーシャルのポラリティースイッチを切り替えていました。jimiがドロップチューニングをするようになったのはアルバートキングの影響?汽笛の響きのアコースティックではCまで下げています。
witv1.jpg


コメント

  1. JAKE | URL | qbIq4rIg

    Re:jimi hendrix people hell and angels

    先日はありがとうございました!
    毎日営業車で聴いております(^^

    jimi hendrix people hell and angels最高です!
    当分ヘビーローテーションです。

    聞いていると、新しいFUZZを作りたくなってきました(笑

  2. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:jimi hendrix people hell and angels

    JAKEさん、ありがとうございます。僕も営業用軽トラックサンバーで聞きまくっております。実は今ウッドストックを企画運営したマイケル・ラングの伝記を読んでいるのですが68年にフロリダでJIMIの素晴らしいセットが上演されて、そこにサウンドエンジニアとしてエディークレイマーも同行し録音されているそうで、この公演はブートの世界でも評判だったため是非ともオフィシャルで出ないかなと想像しています。

    最近リマスターされたCDはJIMIに限らず、80年代初頭の盤起こしとは比べ物にならないくらい高音質にリマスターされています。そこで僕も今まではメモリーメディアにMP3やAACというフォーマットで聞くことが多かったのですが近年の高音質再発物は全てCDで聞くようにしております。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/268-673489d3
この記事へのトラックバック


最新記事