・名盤を愉しむVol.4 Nitin Sawhney / Vol.5 Steely Dan

2013年04月26日 22:09

・やっと暖かくなってきましたね、夜空を見上げるたびに思い出せ「ナイトライダァ~」と言ったのはマッドマックスでの悪の親玉ですが(KAWASAKI-Z1000が最高にかっこ良かった)特に夜のドライブでお気に入りなのがこの2枚なのです。

・Nitin Sawhneyの「Beyond Skin」むかし初めてシャーデーを聞いた時のような感覚になりました。大変な名盤だと思いますが特に曲の並びがこれしかないという風なストーリを持っています。5曲目のTidesからジェフベックも取り上げたNadia~秀逸の女性ヴォーカルが素晴らしい7曲目Immigrantとこの3曲の流れはzepⅣのA-sideに匹敵する流れでしてそこに大胆で現代的なアレンジが夜のドライブに最高にマッチします。インド系イギリス人だそうで中東の旋律なんかも織り交ぜてこのセンスは大変なものです。スーパーウーファーを効かせたサウンドシステムで聞くと最高だと思いますよ。しかしなんですね、ジェフベックもこのNADIAに目を付けて演じてしまうとはエライですねやっぱり。
ntsw11.jpg


・Steely Danの「Gaucho」これもお気に入りなんですが、77年の「Aja]が空前の大ヒットとなって手ぐすね引いてたところにこれですから期待に違わずさすがとしか言いようがありません。ドナルドフェイゲンの声って良いですね。取り立てて美声でもなく音域が広いわけでもなくでも聞くと一発で彼とわかるのは凄い。スティーリーダンはアレンジが洗練されていていつの時代にも色褪せを感じさせないのも流石ですね。やっぱり「Aja」~「Gaucho」と続けて聞くのがいいんですがなぜかこちらは夜を感じさせるのはどうしてでしょうか?
gauchohgf.jpg

・暑いときは直射日光で堪りませんが少し肌寒い季節にヒーターを効かせ”頭寒足熱”で屋根を開けてドライブすると最高に爽快です。近所のマリーナシティーという海沿いのリゾート施設に続く道を夜の潮風を受けて走るのが気持ちいいです。
pj206cc-rolan-galos.jpg

屋根の電動収納機構とかウインドウレギュレーターを定期的に自分でグリスアップしていますがこれをしないとプジョーはウインドウレギュレーターのプーリーが良く割れるんです。
pjwreg11.jpg


コメント

  1. | URL | 1.b4PuJs

    Re:・名盤を愉しむVol.4 Nitin Sawhney / Vol.5 Steely Dan

    おはようございます、castmanさん。 (=^ェ^=)ノ

    さすがはcastmanさん、音楽の幅が広いですニャン。(≧∇≦)b
    Nitin Sawhneyはニャロメもオリエンタル・サウンドに惹かれました。
    何故か、中央アジアから中近東辺りまで、
    旅をした様な気分にさせてくれる一枚ですよネ~。v(=^0^=)v
    不思議な魅力を持ったミュージシャンですよね~。(≧∇≦)b

    スティーリーダンも大好きですヨ~ン ♫
    名盤 ( エイジャ )の後のアルバムは、かなり厳しいんじゃないかと思っていましたら、
    そこは、さすがのスティーリーダン、ガウチョを聴いて最敬礼でしたニャン。 ヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ

    castmanさん、ジミヘン御大の偉業の数々は凄すぎますよね~。
    ある意味、現代のギタリストにとっては、良い意味で誠に厄介な存在ですニャン。
    ギターで表現出来る事は全て彼がやってしまった様な感じさえ致します。(=⌒▽⌒=)
    本当は右利きなのに、左利きであそこまでブッ飛んだギターを弾いちゃうなんて驚異ですよね。

    ジミヘン御大の音源や映像はジミヘン御大のお姉さんが管理なさっているんでしたっけ??。
    何か、まだまだ凄い音源が有りそうな感じがしますね~。o(=^▽^=)o
    あくまでも妄想の話ですが、マイルス・デイビス御大との秘密のセッション音源が、
    どこかに有りそうな感じがしますネ~。(笑)

    castmanさんの愛車はカッチョイ~ですね~ !! (≧∇≦)b

  2. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:・名盤を愉しむVol.4 Nitin Sawhney / Vol.5 Steely Dan

    ニャロメさん
    Nitin Sawhneyは私のような普段ギター中心の西洋音楽にどっぷりと浸かっている身には何もかもが新鮮でセンセーショナルでした。とにかく切り口とミックスなどのサウンドセンスが素晴らしいと思います。

    Steely Danも同様にたとえばサビに行く前のブリッジ部分のコード進行とかにさりげない経過音的なコードを挟むあたりがウーンと唸ってしまうくらい憎いセンスです。

    ジミヘンもコードの使い方が独特といいますか、もう、次はこう来るなとか予想できてしまうくらい(笑)。sus2,sus11,#9,9th等々、ただジミヘン先生は手が異常にでかいのでコードを押さえたまま親指だけ6弦を4フレット分も移動させるのだけは勘弁してもらいたいです(笑)エクスペリエンスヘンドリックス社はジミの義理の妹さんが中々やり手で運営しているそうです。新しい音源を期待したいですね。

    最近、音楽を聴く環境に夜のオープンカブリオレというのにハマってます(笑)、プジョーは自社生産のサスペンションのお蔭で路面に張り付くような乗り味からプジョーの猫足と言われてましてこのカブリオレは嫁の車なんですがオープンエアが気持ちいいので夜は音楽を流しながら僕ばっかり乗っています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/269-62c8f699
この記事へのトラックバック


最新記事