・Ampeg VL-1002 リージャクソン改造マーシャル#1

2014年01月18日 00:58

・90年代に改造マーシャルで有名なリージャクソンが設計しリリースされたampeg VL-1002 100Wヘッドを購入してみました。格安でしたのでスプラウンの前にちょっと90年代のを弾いてみたくなりまして,,,
vl01.jpg

改造マーシャル=増幅段を2段分追加=ミッドハイの帯域をどのように表現するか?
リージャクソンさんのお手並み拝見。
vl02.jpg



コメント

  1. たけ | URL | -

    Re:・Ampeg VL-1002 リージャクソン改造マーシャル#1

    これはまたレアな物を入手されましたね。
    ハイゲインアンプの肝はやはりCastmanさんの仰る通りのようで、スプラウン、ボグナーなど回路図をみて実際にアンプを弄って「何処で、どの帯域を、どの程度弄るか」が重要だとようやく解ってきました。。

    ハイゲインサウンドは皆さん好みが明確な様で、自分のイメージした音と少しでも違うと満足できない!という方が多いみたいですね

  2. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:・Ampeg VL-1002 リージャクソン改造マーシャル#1

    たけさん、こんばんは。色々と調べてみましたら93年に発売されたらしくて我が家の資料から当時の広告が出てきました。このアンプ、実はハイゲインだけでなくクランチがとても気に入って購入を決めました。それと、非常にお安くてお買い得でした。時間ができましたら以後記事にしていきたいと思います!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/299-c0e354e0
この記事へのトラックバック


最新記事