・アッテネータはどれが良いか?by VHT Special6 Ultra

2014年04月07日 22:28

・先日の土曜日、尼崎アルカイックホールでジェフベック御大の公演を観てきました。キーボードレスの総勢4名でのアンサンブルはとてもシンプルでしたがギターのトーンの変幻自在さに改めて毎年進化していることに驚かされました。嫁と一緒に行ったコンサートは89年のサンケイホールで観たZAPP(ロジャートラウトマン)以来実に25年振りでした。
VUL00.jpg

・このアンプは基本的にワンヴォリュームタイプのために極小音量で弾くためにはどのアッテネータやケーブルが良いか色々と手持ちの機械をつないでみました。それにしてもこのアンプ本当にいいですね!素晴らしいトーンです。
VUL01.jpg

・結論から言いますと、マーシャルに最高だったriveraやhotplateは100wのアンプには良いのですがvhtの6wではドライブしきれないというか元気のない音になってしまいます。そこでできるだけ高域の減衰を押さえようとベルデン9497ケーブルを使ってトランス式のEx-Pro DM-05を50%の位置で使うと枯れた中高域がそのまんまで音量がベッドサイドレディオレベルまで下げることができました。素晴らしいハーモニクスもそのままです!ちなみに最近はMarshall 1959とampeg 1002にはベルデン8470を使っています。
VUL02.jpg



コメント

  1. DG林田 | URL | kyh8346E

    VHT Special6 Ultraについて

    Special 6 Ultra Comboについて調べていたところ、こちらのブログに行き着きました。
    おそらくの日本のネット上でここまでSpecial 6 Ultra Comboに詳しい方はいないと感じました。
    もしよろしければ、ご質問にお答えしていただけと思います。

    自分はこれまでアンプシミュレーターとモデリングアンプしか使ったことがない「本物のアンプやエフェクター」を触ったことがないギタリストです。
    前々からコンパクトエフェクターやチューブアンプを触ってみたいと思っており、このたびチューブアンプ購入に踏み切ろうと決意した次第です。

    探しているアンプの条件は下記の通りです
    ・自宅での使用専門なので、低ワットであること
    ・小さい音でもプレイできるよう、ワット数の切り替え機能がついていること
    ・様々なエフェクターや、PODHDをつないでみたいため、エフェクトループがついていること
    ・可能であれば自宅でマイク取りに挑戦できるようなアンプが良い
    ・予算5万円以内
     この条件で検索して、ぴったり当てはまったのがspecial 6 Ultra Comboとblack starのHT-5Rでした。
     ただ、black starは歪みの音は好みなのですが、クリーンがどうしても好きになれず、対してspeciall6はクリーンが非常に好みの音だったのでspecial6のほうを購入しようと思った次第です。
     
     前述の通り、自分はアンプでの音作りとコンパクトエフェクターの扱いは初心者です。自分のようなアンプ初心者でも、special6はお勧めできるようなものでしょうか?
     それと、調べていたら「低域割れ」というキワードが少し出てきたので、それが少し気になりました。普通に使用していても低域割れが起こるようなものなのでしょうか?

     もしよろしければ、ご教授お願いいたします。

  2. Castman | URL | 4A9T8td.

    ありがとうございます

    DG林田様、ご丁寧なコメントありがとうございます。ご質問の件で私なりにわかる範囲ですがお答えしたいと思いますので数日お待ち下さい。只今、スポーツキャスティングの遠征で愛知まで出張しておりますので帰り次第お返事します。

  3. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:・アッテネータはどれが良いか?by VHT Special6 Ultra

    DG林田さんこんばんは、早速ですが私がこのアンプを買おうと思ったいきさつは自宅の2階、1階の部屋を手軽に移動でき、海岸や野外での使用も考えて軽くて本格的なアンプが無いか?と考えました。条件としては記事にも書きましたが信号経路にオペアンプや歪回路にダイオードクリッパーが入らないピュア真空管回路構成というのがまず前提にありました。

    むかし、80年代のことですがまだまだマーシャルなどのホンモノは価格も高くてなかなか手が出せず、グヤトーンの真空管モデル等に手を入れて使っていました。しかし、使われているパーツのクオリティーなのか回路なのか?中々枯れたドライな音が出ずにそうこうしているうちに80年代の末ごろにグヤからFC-300なる2チャンネル構成でプリ部のみ真空管というのが発売されました。なかなか田舎の楽器屋には在庫を試すこともできずとりあえず発注購入してみたのですがこれがまた歪チャンネルがオペアンプにクリッパーだったと思いますがいかにも歪ませますみたいなすぐに飽きてしまうような代物でした。black starのHT-5R浜松のザザシティーにある楽器屋さんにズラッと並んでいて弾いたことがありましたが歪チャンネルはこれもダイオードクリッパーとオペアンプ方式の物でした。このブラックスターのオーナーはマーシャル社出身とか?で、80年代のジュプリーシリーズやJCM2000もハードクリップのダイオードクリッパーが入っていたのでなるほどと思いました。

    VHTはシンプルな3段増幅+カソードフォロア1段でプリ部のゲインは2つのボリュームで制御する方式です。ワットつまみはマスターボリュームではなく出力管の動作させる電圧を多少下げて音量を小さくする方式です。

    まず、このアンプですが音が最高です。クリーンチャンネルもそれをブーストした音も、ゲインチャンネルもさらにそれをブーストした音も,,,多少は色々とアンプを弄って弾いてきたシニアにとりましてもドライでギターの良さをそのまま増幅してくれる良いアンプだと思います。出力管のパスコンを切り替えてトーンキャラを変える工夫やシンプルなワントーンであることも気に入っています。これを弾いてみると30万も40万もするブティックアンプにも勝るとも劣らないのではと思えてきたりもします。

    気になる点として、マスターボリューム式ではないので自宅で夜弾くには環境を選ぶ点が一つ。エフェクトループにレベル調整がないのでそれが接続する機器にどう影響するのかという点、私は安いベーリンガーのリバーブをここにつないでいますが問題なく使えています。

    港湾施設の野外で発電機とこのアンプを持ち込んでウルトラチャンネルをブーストして鳴らしてみました。ゲインも音量もこの場合最高の音量となります。結果、周囲の港湾倉庫の壁に反響した音の効果もありますが爆音!物凄い音量でラジコンレースをしていた隣の埋め立て地の方々が驚いて見に来たくらいのとてつもない爆音が出ます。丁度この時に少しスピーカーから出る音の低域がビリビリ、バリバリいう感じの低域が割れたようなサウンドが出ましたがスピーカーエンクロージャーの限界なのか?スピーカーが新品でエージング不足なのか?はたまたスピーカー自体の力量不足なのか?それはまだよくわかりません。しかし、自宅での使用には全く不足なく良い音で鳴っているので問題はなさそうです。ご承知のようにアンプはスピーカー換装でキャラがガラッと変わるのでこのアンプにセレッションのグリーンバック、G12-30H,VINTAGE-30なんかを入れ替えてみるのも楽しいのではないかと思います。

    文中でも触れましたが夜中に練習するにはアッテネータが必要です。リベラやホットプレートなどのハイパワー系では力負けしてまともに鳴らないのですが、トランス式でより低ワッテージタップがあるDM-05だと高域劣化がほとんど感じられずに最高のサウンドです。アッテネータはそれ自体が楽器であると考えて今までに色々と所有してきました。コッホやDr-z,トランス式Dm-Xは大きな音量では良いのですが家庭領域では良い音がしませんでした。

    VOXの4Wやマーシャルの5Wなども弾いたことがありますがVHTの方がはるかに上、BADCATのクーガーも弾きまして結構なお値段ですがVHTの方が好みでした。問題はこの会社は設計者のオーナーが会社自体を中国の企業に売却して自身はまた自社ブランドを別会社で立ち上げていることなどがありVHTという名前では前設計者がデザインした新製品は出ませんし今現在品切れ状態なので今後入ってくるのか?ちょっと気になるところです。とりとめなく長々とまとまりのない説明で申し訳ないのですが多少なりともご参考になればうれしいです。

  4. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:・アッテネータはどれが良いか?by VHT Special6 Ultra

    最近のペダルブースターなんかにはオペアンプを使った物でも素晴らしいサウンドの物が沢山ありますね!それに、プリセットサウンドモノのアンプにも素晴らしいサウンドのがありました!ギタリストが何を隠そう私はこのギタリストこそ関西一、いえ、日本で一番素晴らしいロックギタリストなのではないでしょうか!ROLLY御大、大先生!ナンテ上手いんでしょう!ホントに素晴らしいギターを弾きますねローリーさんは!http://www.digimart.net/feature/2014032001/03.html

  5. DG林田 | URL | kyh8346E

    Re:・アッテネータはどれが良いか?by VHT Special6 Ultra

     大変参考になるご解説、ありがとうございます!
     解説を読んで、自分に合ったアンプはこれだと再認識いたしました。一番気になっていた音量と低域割れの詳細がわかって、安心です!
     最初のうちは勝手もわからないと思うので、ワットつまみでボリューム調整していこうと思います。ものたりなくなったらアッテネーターの購入も検討してみようかと思います!
     解説していただき本当にありがとうございました! さっそく買ってきます! 

  6. AY | URL | -

    自分も安いベーリンガーのリバーブを
    このアンプに合わせて買ってたので驚いた。

    VHT Special6 Ultraはバイアス調整のいらないclass Aアンプ
    って事でいいんですよね?
    (基本的な回路はfenderのCHAMPに近い?)

    このアンプをfender系の改造と
    Marshall系の改造をするために
    どんなパーツを組合せようか
    考えてますわ。

  7. イトーさん | URL | -

    Castman様に報告します

    長い間、作りたくて作りたくて回路図とにらめっこしておりました、オプトカプラ式のトレモロですが、この度、久しぶりに休みが取れまして、やっと作る事ができました。
    私が長い間こだわったのが、MXRサイズでの制作と、DCジャックが頭(爪先?)にある事です。
    レイアウトを何枚も書き直し、やっと辿り着きました。
    実は構想(妄想)は2年程でしたが、制作そのもの(エッチング~完成)は、1日程度と意外にすんなり。

    さて、問題のサウンドですが・・・。

    サイコー!
    この一言につきます。
    四角いトレモロから、まぁ~るいトレモロまで、生活に役立つトレモロです。
    また、有音部と無音部の長さのバランスをコントロールできるSPACING(これで機種が・・・笑)があることで、本当に自在に音作りが出来ます。

    しかし、ここで大きな問題がひとつ・・・。

    私は使いこなせるのでしょうか?

  8. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:・アッテネータはどれが良いか?by VHT Special6 Ultra

    AYさん、WATTつまみが最大時の時はリニア領域のA級シングルで
    カソードに入る抵抗で決まる自己バイアス方式です。
    ギターアンプは殆どの機種がフェンダーの回路のコピーからスタートしています。パーツが変わればサウンドも変化するでしょうから色々と楽しんでみてください。

  9. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:・アッテネータはどれが良いか?by VHT Special6 Ultra

    イトーさん

    生活に役立つトレモロ!完成おめでとうございます!分かる気がします~苦労して作って完成したモノが思った以上に素晴らしい出来だとうれしくて飛び上がりますよね! 私も30年位前に自作の立体配線で12AX7を2本使ってプリアンプを作りました。数ミリのクリアランスしかない立体配線は素晴らしいものでしたが出てくる音はモコモコしていて最悪↷苦い体験でした(>_<)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/316-c328c424
この記事へのトラックバック


最新記事