・Ampeg VL-1002 メンテ

2014年04月16日 23:56

・少し前からスタンバイスイッチをオンにした時にバリバリッとかなり大きなノイズが時たま出る時がありメンテしました。出力管のソケットの端子が基盤に直接ハンダされるタイプになっていましたのでおそらくこの部分のハンダクラックだろうと思い全て再ハンダしたところノイズは皆無となり、気のせいかアンプの感度が上がったように感じました。

スタジオと自宅、ライブ会場と自宅などのようにアンプの運搬が多いときは基盤直付け部分のソケットやボリューム端子なんかが簡単にハンダクラックで割れたりしますので思い当たるときは再ハンダやってみてください。
t-56321.jpg


コメント

  1. イトーさん | URL | -

    あ!

    私のおんぼろ(決してポンコツではない・・・)BLUES DELUXEも、スタンバイをオンにすると、ガサガサ言います。
    ひょっとして、同じですかね?
    思えば、去年暮れのライブの後あたりからだったような・・・。
    調べてみなければ。

    良い情報をありがとうございます!

  2. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:・Ampeg VL-1002 メンテ

    イトーさん、スイッチオンでバリバリッ!とかなり大きな嫌なノイズならクラックの可能性大ですが、スイッチオン後数秒から数十秒、ガサゴソ、バサバサとピーク感のないノイズでしたら真空管の電極が熱で膨張しているときに出るノイズでこの場合は数分すれば治まることが多いです。

    私の場合は前に出力管を抜いたり差し替えたりを繰り返してから後出るようになったので大体目星はついていました。80年代以降のアンプはボリュームやトーンポットが端子は基盤に直にハンダされていてシャフトはパネルシャーシにボルトで固定ですからハンダされた部分に捻じれみたいな応力がかかりやすくて良くクラックや抵抗体の割れやガリが出たりしますこんな時も3つの端子に素早く再ハンダすれば応力が逃げてノイズがなくなったりします。

    あと、古いアンプはハンダ時のフラックスを溶剤で取っておかないと腐食で線が切れることも多いです。

    アンプの故障は運搬時のガタゴトが原因のことが多いのでトランクに積むときは布団や毛布なんかのクッションを挟むと良いと思いますよ。

  3. イトーさん | URL | -

    あ~!

    正にそれです!
    ガサガサ言うノイズで、暖まると消えます。
    私の不勉強が露呈しました・・・(泣)。
    本当に勉強になります!
    クラックの事も、私には本当に有り難い情報です。
    ありがとうございます!

    さて、そのアンプですが、今宵もトレモロで酔わせてやります。
    きっと私の方が先に酔っ払いますが・・・。

  4. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:・Ampeg VL-1002 メンテ

    イトーさん

    良かったですね故障ではなくて(*^_^*)ギターアンプってオーディオアンプに比べて真空管にも過酷な条件で働かせていますがタフですね!うちのマーシャルは43年間も働いているのに益々良い音を奏でてくれています。秘訣は、毎日電源を入れてたとえ少しでもいいから音を出すことなんです。長い間放置されて使っていなかったアンプは先ず、電解コンデンサーがダメになってしまったり、電源や出力トランスの巻線が切れたりショートしたりしてダメになりやすいので,,,うちでは小さい音ですが毎日2台、3台のアンプをユニゾンで鳴らしています。

    そうそう、私の愛器 ロジャーメイヤーのvoodoo-vibeにもヴィブラート、トレモロモードがありましてオプトデバイスです。効果がdeepでグワングワン目が回りそうです!

  5. イトーさん | URL | -

    本当に

    故障ではない事がわかって、心のプレゼンスが一目盛上がりました。
    貴重な情報をありがとうございました。
    私も毎日少しでも火を入れるようにしております。
    しかし、43年も働いて尚も美しい音色を放つのは、楽器たればこそと言ったところでしょうか。
    家電だと、こうはいかないでしょう。
    本当にスゴい事ですよね!

    ロジャー・メイヤーは、大人のエフェクターと言うイメージに、やはり憧れますね。

    ここ数年、私の足元は全て自作で何とか賄っておりますが、今回のトレモロは私の演奏スタイルに大きく影響しそうです。
    本当に作って良かったです。


    あ、ちなみにワウもかなり自慢です。

  6. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:・Ampeg VL-1002 メンテ

    イトーさん、エフェクターをすべて自作でって素晴らしいですね!凄いことですよ!キングオブホビー、ワウも素晴らしいんでしょうね!

    私は79年に地元のレコード店のプロモでjimiがスタジオでvoxのワウを踏むシーを見て背中が凍りつきました。直ぐに心斎橋の三木楽器に80年の正月だったかな~VOXのワウが¥20000、Jenのクライベイビーが¥18000えん。当時の2000円差は大きくてjenを購入しました。(実は中身は全く同じものだった)
    そのjenも昨年、近所の20歳の有望ギタリスト君にプレゼントしました。

    現在はVOXのワウを持っていますが、これはギターザラスのオーナーがNAMM出展時に展示と実演用に昔のVOXの職人に10台作ってもらったうちの1台が私の愛器です。私はこれを自分好みのシェイプになるようにトランジスタとコンデンサを少し弄ってありますが音がゴツイまま泣いてくれて中々気に入っています。

    来年、二男の入試がうまく終われば48丁目のマニーズ ミュージックに行きたいと思っておりますので何か記念に1本買えればなぁ~っと資金を貯めています。

  7. イトーさん | URL | -

    お疲れ様です!

    良いですね、JENのお話し。
    何だかロマンを感じてしまいました。
    そうやって次に受け継がれていくソウルは、更に輝きを放つにちがいありませんね。

    しかし、スゴいのをお持ちですね!
    本当にうらやましい!

    私のは、筐体がJEN製のVOX250.049で、多分JENに移行した初期の物で、おそらく70~73年頃だと思われます。
    クライド・マッコイやV846のオマージュ的な物を作ってみようとパーツを集め、今の仕様になるのに3~4年程かかりました。
    最終的にこだわったのは、ポットよりもむしろトランジスタです。
    幸い、60年代のBC113と出会う事ができて10個ほど仕入れ、いろいろとゲインを組み合わせて、今の仕様です。
    爪先のストロークは19㎜ですが「くおぉあぃ」と、イヤらしく泣いてくれるようになりました。
    なかなか良い女ですよ(笑)。
    70年代のアメリカン・ワウも大好きで、そちらの筐体とパーツも集め、良いのが出来ました。


    しかし自作エフェクターと言っても、回路図とかケータイでも手に入りますから、あとは自分なりに定数をアレンジしたり、楽しんでますよ。


    マニーズ・ミュージックって、NYの48th?
    スゴい!
    うらやましい!

  8. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:・Ampeg VL-1002 メンテ

    イトーさん、流石ですね、トランジスタのゲインを前後ろ、高い低いでシェイプが変わりますから本当に難しいですね。私のはマダマダjimiのクライドマッコイのまるでオバちゃんが喋っているような音には達していません。

    今、色々と欲しいと思うものがありまして、ボグナーのキャビネットとか来月korgから出るvibeとかいろいろなんですが、グッと我慢して来年ニューヨークのマニーズやカフェワァなんかに嫁さんと行ってみたいと思っています。もしグッとくるものが現地にあれば連れて帰りたいなと(@^^)/~~~

  9. イトーさん | URL | -

    コルグ

    こんばんは。
    コルグのVIBEとは、やはりUNI VIBE的なって言うことでしょうかね?
    もしそうならば、本家ですからね。ものすごく興味があります。

    良いですね、ニューヨーク!
    いや、本当にうらやましい!
    良い出会いがあると良いですね・・・。

    あ、ワウはですね、誉められたもんじゃないんですよ。
    実は私のワウ歴は、ほんの5年ですから(笑)。
    それまでは頑なにワウを否定しておりました(苦笑)。
    それが今では、すっかりワウ好きです。
    わからないものですね(笑)。



    さて、私はこれから入浴です・・・。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/317-c9da0159
この記事へのトラックバック


最新記事