・YAMAHA DX100 トークボックス用名機を買ってみました

2014年07月12日 23:35

・88年のZAPP初来日の大阪公演で最高潮を迎えたステージからロジャートラウトマンが華麗に投げた帽子を見事キャッチしたのは私でした。(^'^) そういえば82年?だったかAC/DCの大阪公演でブライアンジョンソンが投げたボールを見事キャッチしたのは私の隣で踊っていた陸上部のk君でした。 ジェイムスブラウンから大変かわいがられたというBOOTSY COLIINSとロジャートラウトマンは同じ年どうし。ジミヘンは時たま自身のアイドルだったエルヴィスの物まねでMCを行っていましたが、例のブーツィーボイスはjimiのMCがヒントだとか?あの時代の玄人さんはジミヘンとスライの影響は強烈だったはず!ですが、ロジャートラウトマンはもっと後のオハイオプレイヤーズやジョージベンソンなんかのコンテンポラリーサイドからの影響もかなりあったのでは?と思えます。

確か私が見に行ったときはmini moogを使っていたと思いますが、保守管理が大変だったのかその後YAMAHA DX100に移行したそうです。丁度程度の良さそうなモノが出ていたため早速入手してみました。仕組み的には4オペレーター8アルゴリズムで同時発音数は8つです。トークボックスでは単音しか出せないモノフォニックモードで使用します。DX7に比べ簡素化されている分エディットしやすい、音はDX100の方が太い、等というのが今でも需要が高い理由なんだそうです。
CDX100-003.jpg

有名なDX7に比べてかなり音が太いということで中古市場でもチョイ高めです。が、ビンテージのギターやアンプに比べ桁が一つ少なくて助かります。最初普通鍵盤でデュアル発音ができるDX21を狙っていましたが実際に比べるとコンパクトで弾きやすいDX100にしました。ハードケースに保管されていたのでコンディションが非常に良好です。楽器は使いっぱなしやほったらかしにするとすぐに不具合が出ますしやっぱり鳴ってくれません。うちにあるギターやアンプは手前味噌ですが手入れや調整ができていますので新品よりもはるかにコンディションが良いんでは?
CDX100-001.jpg

先ずはホコリを取ろうと分解しますがホコリなんてほとんどありませんでした。
CDX100-004.jpg

シーケンシャルアクセスとかアルゴリズム関連はうちの長男の専門分野ですしもし回路図があったとしても私にはさっぱりわかりませんが基盤です。老眼にも優しい集積度(笑)メーカーのサービスマニュアル(測定ポイントとデータ付き)があればたぶん自分でも故障の特定や部品の交換はできるのでは?と。
CDX100-005.jpg

東芝製のRAMチップとYAMAHA自社開発のモジュールチップ。メモリー用の電池を交換しようと電圧を測るもちゃんと3V以上あるのでそのままとしました。
CDX100-008.jpg

トーンベンダーホイールがこの位置に付いています。電池駆動させてショルダーストラップで立って弾く時のことを考えてこの位置なんだそうです。
CDX-100-009.jpg

当時のハウツー本も付いていました。この1か月チョイで2件ある図書館にあるシンセサイザー関連の本は全て読破しました、が、ほとんど関係のない理論的な物ばかりでした。それに比べ、簡単なハウツー本はこれを押したらこうなるととても分かりやすくて助かります。まだ、ほとんど未知の世界ですが確かにプリセットのシンセベースなどは凄く太くて良い音です。
CDX-100-010.jpg




コメント

  1. イトーさん | URL | -

    FM音源

    な、なつかしい・・・(遠~い目)。

    ども!
    ご無沙汰してます。
    いや~、あれはたしか87年でしたか・・・私が三ノ宮の電気量販店でDX7Ⅱに出会ったのは。
    早速、音源モジュール2台、リズムマシーン(ドラムマシーン)のRX、シーケンサーのQX、ミキサーにマルチトラックレコーダー、モニタースピーカーとともに、DX7ⅡDを購入。
    いや、知識も何も無く、ただ直感で。
    んで、何をしたかと言うと、ビリー・ジョエルの曲のカラオケ作り、レインボウのDifficult to cureやStargazer、Eyes of the worldのオケ作り(全て耳コピ)に始まり、ガキの頃から謎だった「ノリ(特にベース)」や「細かい三連譜」の研究、チューニング(ピタゴリアンやバロッティ&ヤング等)による感情移入の研究等々、いろいろと勉強しました。
    おかげで、仕事場を首になりかけたり・・・(笑)。
    あ、それにアンサンブルの研究も。
    んでんで結局、私はオルガンとビアノ、エレピが大好きな、ギター弾きだと言う結論に達するわけです(爆)。
    ちなみに当時も今も、打ち込みonlyの音楽は、好きになれません(苦笑)。

    酒とブルースとアレが大好きな50才です・・・。



    あ、今はノードが欲しいです。
    全てがサイコーです。

  2. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:・YAMAHA DX100 トークボックス用名機を買ってみました

    イトーさん 凄いじゃないですか!そんな色々と研究をされていたなんて!
    しかも仕事をくびになりかけたなんて半端じゃないですね(笑)
    憧れますね~華麗なキーボーディストに。
    youtubeで古いローズピアノの音色を聴いてあまりの美しさにメロメロになってしまいました。

    いまはオークションのおかげで世界中の出品物をウオッチできるのでありがたいですよね。私がバンドをしていたころはpolysixやjunoが新製品として出てきたころでした。それと難しい音階?音律?の研究もされたとは只者ではないんじゃありませんか!

  3. イトーさん | URL | -

    いや~

    酔ってコメントすると、ダメですね~・・・(苦笑)。

    いやいや、ただのただ者ですよ~僕ぁ~・・・(苦笑)。

    しかし当時、FM音源は音作りの自由度は相当なもので、それこそシンセベースやヒューマンボイス等は大変なものでした。
    いや~、なつかしいです。
    あと、調律はですね、DX7Ⅱにその機能がありまして、これは5度音階が美しいとか、こっちは長3度の響きが良いとか・・・パート毎にそれを・・・そんな実験とか・・・。
    しかし行き着く先が、酒とブルースですから(笑)。
    んで、最近は自分のバンドはやってないのですが、友人のブルースバンドのプロデュース的な事をずっとやってます。
    みんな酒好きで困ったもんです(苦笑)。
    やっぱり、ただの酔っぱらいですよ~、僕ぁ~・・・(笑)。
    この週末も岩手県は盛岡市でライブです。
    東北ブルース・サミットと言って、毎年、各県の持回りでやってるんですが、やたらやかましい、ただの飲み会だと言う噂も・・・。
    ちなみに私は盛岡に、あくまでも呑みに行ってきます(爆)。

    あ!最近、真っ赤な「ケバい顔」を手に入れまして!
    DALLAS-ARBITER・ENGLAND標記のダンロップのヤツ。
    久しぶりにブレッドボードを引っ張り出したり・・・(笑)。

    只今、妄想ちう・・・。

  4. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:・YAMAHA DX100 トークボックス用名機を買ってみました

    イトーさん

    そろそろ、人様推奨の音作りから脱皮して自分で感じたことをエディットに反映したいのですがマダマダ消化できていない事柄が多くてfuzzやアンプでやっているようなレベルには程遠い感じです。でも。30年も前にやってみたいなと感じたことにチャレンジするのは中々楽しくてやめられませんねぇ!

    >DALLAS-ARBITER・ENGLAND標記のダンロップのヤツ!ご購入おめでとうございます。トランジスタが程よい熟成具合ならばジミヘンドリクスやウルリッヒロートの超絶ソロの世界に突入間違いなし~ 各種トリマの増設で変幻自在のマシーンが出来上がりますね!楽しみです!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/329-57009f5e
この記事へのトラックバック


最新記事