・VHT Pittbull 45 プリ管チューニングその2

2014年08月21日 22:38

・昨日よりもさらに気持ちの良い倍音とロングサスティーンが得られる設定を探ってみました。リファレンス機はCS'69年ストラトキャスターにLindy Fralin Woodstock'69ピックアップをマウントしたもので低域がガツン、高域がギャリーンタイプです。
pittpre0001.jpg

・結局のところ、分かりやすく言いますと昨日の設定よりもさらに歪んでなおかつフロントの音が倍音ギチギチの派手なアンプにしてみました。1stユーゴスラヴィア産ECC83 2nd 新品チャイナ12AX7 3rd Groove tube 12AX7(チャイナ選別)、このピックアップではアグレッシブで脳天がしびれます。
pittpre0002.jpg

・ついでに元々付いてきたGroove のEL84を保存して、VHT Special6 Ultra用に買ってあったGOLDEN DRAGON EL84に差し替えます。このセットアップでしばらく行こうと思いますが購入した当初のサウンドから比べると本当に同じアンプかな?と思うくらいハードな方向にベクトルが向かったのではないでしょうか。
pittpre0003.jpg


コメント

  1. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:・VHT Pittbull 45 プリ管チューニングその2

    このアンプ、Class Aのドライブチャンネルにシングルコイルストラトだと所謂ブティックブランド系のジューシーで倍音たっぷりのサウンド。Class ABだと帯域が広がってコンプレッションの効いた現代的なサウンド。このクラス切り替えは3極-5極切り替え以上に効果が大きいですね。ブルーズにはA,ハードなロックにはABという感じに。それとスピーカーとの相性が素晴らしいです。程よくエージングされていて何より倍音の含み具合とヌケ、耳に痛くないので相性がいいんでしょう。これで弾くとVHTスペシャル6ウルトラの方がちょっと抜けが悪く感じてしまい換装を検討しています。

  2. AY | URL | -

    オープンバックのキャビには、
    vintage 30は相性が良くないみたいですね。
    CELESTIONのALNICO BLUEやGOLDとか、
    高いけど一度は使ってみたいspeakerです。
    http://www.doctormusic.co.jp/speaker-linup.html

  3. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:・VHT Pittbull 45 プリ管チューニングその2

    私は10インチでは初体験でしたがこのvht pittbullの Vintage 10" 8Ω 2発が非常に気に入りました。vhtウルトラ6のスピーカーはvhtブランドですがおそらくエミネンスのモノだと思います。これを色々と替えてみようかと思案中~
    G12-ALNICO GOLD 12"なんてわくわくしますね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/333-ed77ff36
この記事へのトラックバック


最新記事