"Peavey ValveKing II"

2014年09月09日 20:36

・30年以上前に発売されていた古いフェンダーのギターアンプをサーチしているのですが中々良いコンディションのモノが見つかりません。それ以外では、今年のnammショーで発表されていた"Peavey ValveKing II"が素晴らしい出来栄えとサウンドです!おそらくコンボで600ドル~700ドルと破格値で出ると思われます。特許となるClass A~Class AB連続可変とダンピングファクター連続可変スイッチ、20W,5W,1W切り替え!と凄い内容。出力はEL84を2本です。もうお高いブティック系アンプを買わずともチャーミーなドライブサンドが手に入りますね!これは売れると思いますね!20Wという出力はキャビを相当選びますので僕はコンボを買ってみようかな!
peavey-valveking-combo-630-80.jpg

・こういうサイズのアンプは先ずコンボを買ってみるのがお勧めです。そのあとで手持ちのキャビで鳴らすと2度おいしい。それにしても良い音です!


・Class Aでのイナタくスワンプでサザンな歪みとClass ABのモダンなハイゲインの違いが効けます。連続可変とは至れり尽くせりですね。


・クリーンのバイト感が素晴らしい!これは売れるでしょう!


コメント

  1. にーまるごー | URL | EI3k0Gd2

    こちらの情報のお陰で、素敵なアンプを手に入れる事が出来ました。
    (1曲としてまともに弾けませんが…。)
    ありがとうございました。

    今後のブログ更新も楽しみにしています。

  2. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:

    Peavey ValveKing II 購入おめでとうございます!この機種は中々街中の楽器店で見かけないのですが正式に輸入されているのでしょうか?私も機会があれば試奏して気に入れば買おうと思っています。

    class A と class ABの連続可変どんな感じですか?画期的ですよね!

  3. にーまるごー | URL | Qi8cNrCA

    Re:

    こちらの記事を読んで、Webを色々あたりましたが、日本で、その時に販売していたのは、私が購入した1台だけでした(Webに掲載していないだけかもしれませんが。)

    YouTubeの音で気に入ったのと、手に入れられるのは1台ってしかないって事で(笑)、購入に踏み切りました。
    (なので、試奏は難しいと思います。)

    A、A/B切り替えは、自分のブログに書いた通りの素人の私でも分かる変化があって、Castmanさんの様な方なら、もっと有効に利用できると思います。

  4. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:

    どうやらこの機種、キョーリツもサウンドハウスも正式にまだ輸入していないようですね、ということは120v仕様に変更なしで輸入業者が100vシールを貼っている可能性がありますね。ヤマハ輸入のマーシャルなんてトランスタップは120vそのままなのに100vと謳ってましたから,,,

    EL84の4番ピンと5番ピンにテスターを当ててAC6.3Vあれば100V仕様でしょう、それより低ければ電源トランスの1次側のタップを100Vに変更するか昇圧トランスで電源自体を120Vに上げる必要があります。

    アメリカのサイトでは新品が70000円前後らしいですね。

  5. にーまるごー | URL | Qi8cNrCA

    Re:

    テスターは持っていますが、真空管は取り扱ったことがないので不安です…。
    時間をみつけて、グーグル先生に聞きながらやってみます。


    アメリカのサイトの65%ぐらいで購入しました(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/334-117f9c5b
この記事へのトラックバック


最新記事