・凄いなNKT275

2014年09月09日 20:52

・最近はフェイスブックに色々と載せる方が多いのですがこちらにも。

先程までトレーニングしながらウッドストック・インプロヴィゼーションなんちゃってバージョンしていました。ファズフェイスの2号機のトランジスタをNKT275の中から選別して載せ替えました。良い組み合わせができたのでハンダします!今回のNKT275の組み合わせはギターボリュームの追従性もゲインの感度自体も今までで最高かもしれません。正しいファズフェイスの作り方とはオンオフで音色自体はほとんど変わらずゲインとサスティーンが増す!コレです!ピッキングニュアンスは最後のカップリングコンデンサの銘柄で大きく変わります。部品点数が少ないモノほど難しいですね!

mojomarshall.jpg


コメント

  1. marua | URL | AVNby.KY

    Re:・凄いなNKT275

    こんにちは。
    JAKEさんとこから飛んできました。
    最近になってエフェクターなど作ってみたりしてます。
    ファズフェイスっぽいものを作って音が出た時には感動してしまいましたが、怖がりなのでシリコンのトランジスタで作りました。
    ディストーションには無い荒々しい魅力のある歪みですねぇ。
    部品の数が少ないからなのか、抵抗ひとつ、キャパシタひとつ、ちょっと換えると音が激変したりするので面白いです。

    それと、これまた最近になってストラトを使い始めたのですが、ムスタングやテレキャスを使ってきた私にはブリッジに手を置いて弾く時にボリュームのノブがどうしても邪魔で、トーンを1個潰してボリュームを移動してしまいました。

  2. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:・凄いなNKT275

    marua さんはじめまして

    JAKEさんは有名なオーバードライブブースターのリメイクなんかもやっておられますよね!そういった、最近のオペアンプを使ったエフェクターのあまりにも素晴らしいパッションに富んだサウンドには驚きました。オペアンプの前後の回路に工夫があって
    僕が昔見聞きした良くも悪くもオペアンプ独特の狭帯域感というものはもう無いんですね!

    ゲルマファズはダイオードで潰しませんからある意味正統派のブースターです。私もエリックジョンソンやウリジョンロートが早い時代からFUZZFACEにこだわった意味をようやく知りました。

    ゲルマの組み合わせは季節の影響もあってまさに無限大です。アンプと違ってエフェクターだけはPtoPや蛇の目基盤で作るとサウンド的に失敗します。プリント基板の音でないとあの音にはならないんです!難しいところですね!ワウもそうで少し前にVOXのPtoP基盤配線モデルを試させて頂きましたが、全くダメだなぁ~と感じました。ワウも非常に難しいデバイスの一つですね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/335-e271f12a
この記事へのトラックバック


最新記事