・Soldano YAMAHA T50C到着

2014年12月11日 16:59

・90年代にSoldano氏が設計しYAMAHAから出ておりましたT50Cを仕入れました。
現状で音出ししてみましたが恐ろしくドライで素晴らしい歪みでYAMAHA色は皆無、Soldanoサウンド
気に入りました。これからリフェインとチューンナップ作業に入ります。
tst002.jpg

・真空管はTung-solのKT66 スピーカーはエレクトロヴォイスの物がついています。
tst003.jpg


コメント

  1. AY | URL | -

    YAMAHA T50持ってますけど
    このアンプ エフェクトループの位置が
    微妙な所にあるんですよね

    OD chの低域のEQレンジも少し狭かったです
    プリ管換えて補整しましたけど

    シャーシに真空管の役割を書いたシールが
    ついていたと思いますが
    V1 入力バッファー
    プリアンプ初段
    V2 OD GAIN段

    V3 最終プリアンプ段
    エフェクトsend用 出力バッファー
    V4 エフェクトreturn
    リバーブミックス
    V5 トーンドライバー
    V6 リバーブドライバー
    V7 フェイズインバーター

    自分はOD chの高域がきつかったので
    V2にエレハモのプリ管入れたら
    低域もよく出るオーバードライブサウンドに
    なりました

    参考にどうぞ

  2. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:・Soldano YAMAHA T50C到着

    詳しい情報ありがとうございます。私もサービスマニュアル回路図等入手できました。これからの調整がヒジョウニ楽しみです。

  3. AY | URL | -

    回路が
    歪み→エフェクトループ→EQ
    の順になってるみたいなんで
    空間系をかますとよろしくないみたいです

    このエフェクトループにはvolume pedalを
    使うのがベストみたいですね

  4. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:・Soldano YAMAHA T50C到着

    センドリターンについてはSoldanoの他のアンプでも盛んにささやかれている部分だと思いますが、ご心配なく、私にはゲイリームーアの血が流れていますので空間系もインプット以前に配置です(^'^)ディレイはもう20年近く持ってないんで良さそうなのがあれば買おうと思っています。

  5. AY | URL | -

    チャンネル切り替え時に、
    リバーブの残響が入ったり
    シャーシが小さいのでノイズの問題が
    あったりしますが、なかなか良いアンプです

    このアンプのオリジナルのスピーカーは
    CELESTION G12-100みたいですが
    USA製SOLDANOのアンプはeminence legendが
    標準仕様だそうですよ
    ちなみにeminence legendは
    CELESTION vintage30の
    eminence版だそうです

    改造する人はSLO-100仕様に
    改造するのがポピュラーみたいですね

  6. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:・Soldano YAMAHA T50C到着

    セレッションのG12-75はかつて所有したアンプやキャビネットにも付いていましたがちょっと耳に痛いところが苦手だった思い出があります。エミネンスはローレンジが広がり過ぎてタイトではないので逆にキンキンするアンプには合うと思います。

    配線を見ましたがハイゲイン特有の発振止めや配線引き回しなど中々考えてあって感心しました、リバーブの問題は配線の仕方で治ると思います。リバーブタンクの固定方法はもう一工夫必要、改善しようと思います。ソルダーノはプリ部の定数決めが絶妙です。このSOLDANO-YAMAHAは過去にも何回も100W、50Wモデルの入手機会がありましたがとにかく50Wが欲しかったのと、今回のこのエレクトロボイスとKT66という普段の自分にはない選択肢を体験したかったので仕入れてみました。極小音量でも倍音でまくりで非常に気に入りました。チューンナップが楽しみです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/352-a525f0f6
この記事へのトラックバック


最新記事