・Soldano YAMAHA T50C 弾いてみました

2014年12月16日 18:53

・Lindy Fralin Woodstock '69 pickupというのはウッドストックでのジミヘンのサウンドを目指したピックアップですが確かにjimiのサウンドと聞き比べてみると、塊となってガツンとくるタイトな低域とジョリジョリしたハイの倍音の出具合がそっくりに再現されていて特にオールドのマーシャルにプラグインした時のエゲツナさは超一級です。
jhws0001.jpg

・このピックアップの一番好きなところは良いアンプにプラグインして巻弦をヒットした時のゴーン!と頭を殴られたようなタイトな低域!これがこのSoldano YAMAHA T50Cでも物凄くリアルに再現されています。
liw0o4.jpg

・ドライブチャンネルでゲインを6、リンディーストラトのフロントとミドルのハーフトーンでのサウンドはクリーンとクランチが同時に鳴っているような素晴らしいハーモニクスです。それはおそらく古いエレクトロボイスのスピーカーに寄るところが大であり、試しにセレッションのVintage30だとミッドの下の方が出過ぎとハイの痛いところが出てきたり、オックスフォードのアルニコは低域がスカスカで全く合いません。しかしエレクトロボイスは数が少なく値段もは高いのでもしそれの代わりに私がこのアンプに搭載するとしたら、、、EMINENCEの「THE TONKER」が一番合うと思います。
EVEV05136M.jpg


しばらくはこのままですが部品の調達が済み次第チューンする予定です。

往年の名機を集め整備して弾く!良い時代になりました。次は久々に100Wヘッドを行ってみようと思います。何をサーチしているかは来てからのお楽しみ。
tst021.jpg



コメント

  1. AY | URL | -

    Lindy Fralin Woodstock '69 pickupは
    昔、JAMES TYLERのclassicに載ってたのを
    弾いた事がありますが
    何時間でも弾いていられるぐらい飽きない
    良い音だったのをよく覚えています。
    食い付きの良いシングルコイルサウンドで
    Burning Water時代のマイケルランドウの音ですね

    SOLDANOのアンプの方はシングルコイルだと
    歪みのプリアンプゲインを少し落とした方が
    相性が良さそうですかね?

  2. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:・Soldano YAMAHA T50C 弾いてみました

    お好みでいいんじゃないですか~シングルコイルはパワーのないものほど美しいサウンド(ダンカンのアンティーク)だと思いますが現実には扱いにくくなりますね。私は握力が80キロ以上ありまして180キロのデッドリフトのバーベルも握力補助なしで持ち上げますのでローパワーのアンプやギターでも腕力で歪ませてしまいます。(^'^)ゲイリームーアもエゲツナイほどパワフルなピッキングとフィンガリングで、やっぱり西洋の楽器は外人規格なのでフィジカルとパワーは必要ですよね。

  3. AY | URL | -

    SOLDANOのアンプはどんなプリ管を
    どのポジションに入れているか
    知りたいですね

    アンプ作ってる人のインタビュー記事を
    読んでたら
    フェイズインバーターには
    スパイラルフィラメント仕様の真空管を
    入れるのが良いとか書いてました。

  4. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:・Soldano YAMAHA T50C 弾いてみました

    メーカーでプリ管の選別を弾いて聞いて行うことはないと思うので自分の耳で判断して適材適所に配置するのがベストだと思います。時間はかかりますが一番簡単で確実ですね。ただ、ブティック系のアンプビルダーの場合はどのようなメーカーの真空管を採用しているのか、などは非常に興味があります。

    プリ管でロングプレート、ショートプレート、スパイラルフィラメント云々、よく言われていますが、そもそもそれを入れないと改善されないようなアンプは電源や信号の引き回しに問題があると思います。スパイラルフィラメントの12AX7を前段やフェイズ段に使ったこともありますが、選別した際にスパイラルフィラメントではない真空管の方がハムが少なく音色も感度上々だったことがありました。たまたまの個体差かもしれませんね。ご自分の耳で判断することをお勧めしますよ!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/357-505f9cb0
この記事へのトラックバック


最新記事