・Soldano YAMAHA T50C Mod #3

2015年01月07日 23:12

・Support EL84, 6V6GT, EL84, KT66, 6L6GC, KT77, 6550, KT88 Bias Mod
大きな真空管を取り付けた際にもソケットにがっちり固定するためのスプリングタイプのリテーナーを取り付けます。リテーナーもサイズがいろいろあり、大型のKT66用、小型の6V6GT用と後々付け替えが容易なようにシャーシにM3のタップでねじを切っておきます。タップハンドルがトランスに当たって回せませんのでドリルに咥えさせて手で回して切っていきます。
ystc013.jpg

・YAMAHA T50Cは元々が6L6GCが採用されているアンプです。新たに新品の6L6GCに差し替える際も厳密にはバイアス調整が必要です。そこで他の真空管に差し替える際に私が行った変更を整理してみると。(対6Ł6との比較)

○6L6グループ ソケットの配線変更なしで差し替え可能(真空管内部でサープレッサーグリッドとカソードが接続されている)こちらも電流検出用の1Ω/2Wの抵抗を8番ピンから1番ピンに接続して1番ピンをアースに落とす。
・6V6GT バイアス調整で使用可能(浅い方向にかなり可変)
・KT66 バイアス調整で使用可能(ほぼ同じレンジ帯)
・EL84/6BQ5 ソケットアダプター使用 ※アンプのバイアス回路の大幅な変更(浅い方向へ)が必要
・6550/KT88 ※アンプのバイアス回路の大幅な変更(深い方向へ)が必要

○EL34 グループ ソケットの1番ピンと8番ピンを接続して同電位に変更が必要(サープレッサーグリッドが1番ピンに割り当てされている。実際の配線は8番ピン カソードから電流検出用の1Ω/2Wの抵抗を1番ピンにブリッジ配線して、1番ピンをアースに落とす)
・EL34 バイアス調整で使用可能(深い方向に少し可変)
・KT77 バイアス調整で使用可能(深い方向に少し可変)
・6CA7 バイアス調整で使用可能(ほぼ同じレンジ)

このアンプのパワー管ソケットの1番ピンにはリバーブトランスからの出力とリバープタンクへの入力との接続端子として使われてしまっているためにこれを外して、増設したラグ板の端子に移動させます。これだけでリバーブ信号のおかしな飛込み残響が無くなりました。
次に8番ピンからチップジャックのホットに配線してプレート電流検出に使います。同様にアース用の端子も配線します。
今回の変更ではEL84のバイアスであるマイナス13V付近から6550などのマイナス60V周辺までをカバーする必要があります。後に詳しく書きますが、この時点でヤマハのバイアス回路を変更してフェンダーの回路を参考に変更してあります。
ystc014.jpg

・マッチドペア以外の真空管も使いたいがために今回も左右別々のバランス型調整にしてみます。220KΩ共通の給電点のパターンをルーターで2分割してそれぞれにバイアス電圧を印加します。
ystc015.jpg

・このアンプの電源トランスはC電源巻線が独立しておらず、FENDER DELUXE REVERBⅡに施したように並列に調整用ボリュームが入るとバイアスの電位そのものが下がるのと可変範囲も大きく取れません。そこでメイン調整ボリュームとサブのバランスドボリュームに分けることとします。可変ボリュームはノーマルの25K→50Kに ブリーダー抵抗もマイナス13Vまでカバーするように56K→22Kに変更。実はこれでも6550の深いバイアスまではカバーしきれていません。調整ボリュームはこれ以上大きくすると微調整がやりずらいのでAMPEG VL1002でやっているようなブリーダー抵抗をスイッチで切り替える方法を試してみることにします。ということなのでこのバイアス回路はまだ少し変わる予定です。
ystc016.jpg

いつものことですがシャーシやケースの穴開けやパーツのレイアウトが一番大変ですね、それが終われば8割終わったのと同じです。次の巻で詳しく書きますが、このパワー管の差し替えシステムは結果大成功の素晴らしい成果が出ております。廃棄しようとしていたアンバランスドのそれも種類も違う管どうしの組み合わせで素晴らしいサウンドが出ております。ところで、我が家のオシロスコープは現在3代目ですがやっぱりあると便利ですね、今一番欲しい測定器はPanasonic VP-8175Aという発信機なんですが高くてなかなか手が出ません。
sim.jpg



コメント

  1. AY | URL | -

    チャンネル切り替え時のリバーブの残響を
    除去できましたか。
    素晴らしいですね。

    ネットで改造した人のアンプを見てたら、
    このアンプに低域が足りないから
    DEPTH回路を取り付けた人もいましたね。

  2. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:・Soldano YAMAHA T50C Mod #3

    エレクトロヴォイスは中低域がガツーン!と来ますよ!
    それと、このアンプにはTHE TONKERも合うと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/364-c2694b6b
この記事へのトラックバック


最新記事